FC2ブログ

法治国家の敗北

2010年02月05日 09:44

 こんにちは、今日は更新する気がなかったのですが、それをむしろ利用して臨時記事を書かせていただきます。今回も民主党関連のことについて書いていこうと思います。いつもの通り、続きから書いていきますので、民主党支持者や政治の興味のない方などはお控えください。
[ 続きを読む ]

web拍手

そういえばこんなこともかいてみます

2010年01月27日 00:24

 今回は少し違った趣向で記事を書いていきます。題して、勉強のコツとはというようなものです。私の経験上、成功した勉強とは何か自分の頭を整理するために自己満足に書いていきます。こういった突発的な記事は今後あると思いますが、カテゴリは実用としました。まあどうでもいいことですがね。(笑)
20100127003039.jpg

 センター試験が終わり、ついに国公立大学を目指す人は二次試験が一ヶ月ほど、私立大学はもうすぐそこまで来ています。実際、この時期は勉強法は難しいです。過去問をやるのも良いのですが、もうやってしまった人が多いと思いますし。(私、仙谷はやってませんのでよく分かりませんが・・・) ということで私はやはり勧めるのは一冊の本を完璧にするというやり方です。やはりテストに出る範囲を網羅している問題集なら全部できれば受かるはずです。もう、解き方自体を覚えてしまってもいいので、やりきってみてはいかがでしょうか?私は確か何かの問題集を20回くらいは一年でやり、この時期で3回やったと思います。いろいろとこの時期はごだごだしていましたが、それで十分な気がします。

 今まで勉強してきたと自負できる、または地力で確実に受かる自信がある方は最後は調整期間にしてきっちりと仕上げるのが賢明かもしれません。下手に終盤張り切りすぎて、仕上げらなければ最悪ですから・・・。調子の波というものを私は感覚的に感じているのですが、やはり結構重要な感じがします。緊張も気負いもしないのが理想なのですが、そんなことをするのはかなり厳しいので、自分の性格から作戦でも練ってみましょう。最初に出来るのをやってしまうという方法や時間を区切ってこの問題は何分でやるが、もし出来なかったら棄却するなど色々パターンはあるはずです。

 私は性格上集中力がないので、終盤バテます。だからとにかく解けるのは早急に解き、出来ないのは後回しにしていました。序盤はとにかく全力投球。終盤はふらふらになるので、少し余裕を持って一部の棄却もします。またもう一つ厄介な性格が、何回も同じ作戦を取ると飽きるので、自分の気持ちをだらけさせないために解くテンポや本気の入れ具合を変えたりもしましたねー。これは自分の性格がラガーレグルス・マルカラスカル(競馬の分からない方はすいません)タイプなので、取っただけです。

 普通の人なら前日にでも作戦を立てて、試験に臨めば気持ちに少しは余裕が出来ると思います。ということで今回は緊急突発企画をやりました。すいません、これは自分のやり方なので万人には通用しません。まあとにかく自分の確固たるプリンシパルを信じて頑張ってくださいね!

 それでは失礼します!!画像は適当です。(笑)

web拍手

政治経済短慮~『民主』の世界はどこへやら~

2010年01月07日 23:57

 こんばんは、今日は追加で政経短慮します。また続きに書いていきますので。興味のある方だけ見ていただければ幸いです。私は右派・無政府の考えなのでかなり偏った思想です。


警告

 民主党支持派の方は遠慮した方がいいと思います。しかもかなり文体が書きなぐりになってしまいました。すいません、ニュースで民主党のことをやっていたら急に感情が・・・。恥ずかしいです・・・。それでは書いていきましょうかね!!
[ 続きを読む ]

web拍手

政治経済短慮~『ブレない』民主党~

2009年12月08日 00:00

警告!?

 こんばんは、今日はかなり危険思想突入する予感がしている仙谷隆家です。一応、世の中の『真実』は少しばかりわかりますが、それはここでは言いません。では本題『ブレない』民主党です。政治のことに関心ない人や民主党になって社会がよくなったと思う方は続きからに入れるので、スルーした方がいいと思います。

 では続きからに書いていきます。

 ちなみに書くのが大変でした。しかもかなり気分害する人続出の予感が・・・。では失礼します。読んで気分悪くなった方はすいませんでした・・・。次回もこんな感じになると思います。もう少し言葉は選びますが。(笑)

 それでは失礼します。次の夜には「こばと。」の更新を致します。
[ 続きを読む ]

web拍手

一生懸命というもの

2009年12月01日 00:00

 独創詩が上手く書けなくて、調子が悪すぎるのではと自分の体調に疑問を感じる仙谷隆家です。今回は何かやることが無いので困っています。ただ、少しつぶやいてみる新スタイルをやってみようと思います。今回は「一生懸命」という言葉を私が自分自身に自問自答し、だらだらと書いていくことにします。かなり自分の思想とか経験とか理念だとか混ざり合って自分でも読んでられない感じになるかもしれないと危惧してますが、試しにやってみましょう。


 一生懸命という言葉を私はあまり知りません。努力をした覚えがあるのは確か小学1・2年だけ。特に苦しかったのは小学2年生の九九の時間だけです。そのときの私はクラスでワースト3には入っていた問題児。いわゆる出来損ない。もう今になってみると、逆にあの頃の方が色々問題はあったかもしれませんが、『輝き』はあったと思います。全ては自分の足りない力をどうにか必死で補って攻略する。そんな素晴らしい経験を今はしていないのです。


 今の私は全ての色がくすんでしまうつまらない人間。小さい頃は相対的にダメな子だったが、今はそれなりの道を歩いています。問題のある箇所は自覚しており多少の取り繕いは出来ます。それがどうなのか私に分かりません。客観性を得たことで主観性のあることはバッサリと欠落してしまった。


 他人のためには頑張れるが、自分のためには頑張れない。この状態はいいのだろうか?自分のために一生懸命なる機会が欲しい。それが叶うのなら、私の世界は色に満ち溢れたものになってくれるかもしれない。


 最近は人の『輝き』を見れる機会があった。その輝きは私にとって喪ってしまった黄金郷の宝物。私は探しても決して見つけられないトレジャーハント。私は人生に輝きが欲しい、一生懸命が齎す充実感を感じたい。そんな夢を見たいと思う今日です。


 かなり偏った難しい文章ですねー。読んでいただいた方はありがとうございました。明日長編小説更新します。やっと少し復活させられました!!
 それでは失礼します!

 それではこの辺で失礼します!!・・・かなり重いことになりました、すいません。
web拍手