--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

花咲くいろは 第11話 「夜に吼える」 簡易草子

2011年06月13日 01:32

「無駄なことをするもんじゃない。評価は自分たちでなく、他人様にしてもらうもんだ!たとえその評価に納得いかなかったとしても、きちんと受け入れて、それを糧にしなけりゃねー」by四十万スイ
「『ママは仕事だから』、仕事だからって、だから我慢してたんだよ!なのに、こんな誰かを傷つけるような仕事のために、あたしは今まで我慢してたの?ずっと、ずっと、我慢してたの?こんな仕事のために!?」by松前緒花
「そうよ、あたしはこんな仕事を続けてきた。こんな仕事であんたを育ててきた。綺麗な人に胸を張れるような立派な仕事だけが『仕事』だと思ってる?あんたから見たら、そうね。母さんから見ても、あたしの仕事はくだらないかもしれない。それでも、それなりに必死こいての、だから!」by松前皐月
「ちゃんと返事をしないと失礼、・・・それはあたしだ!」by松前緒花
「もう、これ以上、孝ちゃんの背中見たくない・・・」by松前緒花
「分かんないけど、これだけは言える。こんなに心が動いた1日は初めてだ!」by松前緒花
「1人にしないでくれっ!喋ってくれっ!」by能登麻美子さん
「155cmもあるじゃん!」by伊藤かな恵さん
「戸松家では、クセっ毛のことを『じんじんまい』と呼ぶんですけど―」by戸松遥さん


 こんばんは、今回の花いろも完全に緒花の繊細な気持ちの揺れ動きがメインでした。理想と現実、そして喜翆荘に行って変わった緒花という感じの感想を持ちます。しかし、本当に残りの1クール目は緒花の心の成長がメインになってきそうですねー。2クール目は喜翆荘の再建という感じかなー。

 今回もぼんぼりラジオ第10回を併せて簡易草子を書きました。パーソナリティは能登麻美子さんと伊藤かな恵さんで、週替わりパーソナリティは戸松遥さんでした。

 それでは続きから書いて行きます。(作品の内容や画像はアニメ花咲くいろは」に著作権は帰属します。)

 次週、第12話は「じゃあな」です。良かったら拍手くださいな!


花咲くいろは 1 [Blu-ray] 価格 8190円(税込) 発売日 2011/07/20

bn_half.jpg

にほんブログ村 トラコミュ アニメ「花咲くいろは」へ
アニメ花咲くいろは

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


概略

hanasakuiroha 11-1

 学校帰りに木村商店の前で、例の取材の記事を見る緒花,民子,菜子。気になる評価は10点満点中5点で・・・。喜翆荘の従業員たちはその評価に動揺しますが、それに対してこの話は御終いだと言うスイ。みんな仕事に戻るのですが、緒花は仕事の途中に出版社に電話を掛けます。結局切られてしまうのですが、そこに電六が来て、スイは「ふくや」に行ったと言われるのでした。

hanasakuiroha 11-2

 「ふくや」では湯乃鷺温泉が低い評価をされたことについて、旅館組合の面々が会議をしています。湯乃鷺シーラスなどの新しいホテルの台頭もあり、組合長は厳しい表情ですが、組合員はどうも楽観的な意見が多く見受けられます。それに対して反論するのが、シゲ子とスイ。新しいホテルができたら、この温泉街は大打撃だと言うシゲ子と質の問題なんだと語るスイ。2人も激論もあって、一気に会議が紛糾し出すのでした。それを見に来た緒花ですが、そこに結名が現れて・・・。ぼんぼり祭りの準備を手伝う緒花ですが、結名の新しいホテルに対しての楽観的な意見に猛抗議。そんな切実な姿に面白いという感想を持つ結名なのでした。

hanasakuiroha 11-3

 喜翆荘に戻り、緒花はスイに雑誌社に行って直談判してくると言いますが、評価は他人が決めるものだから、それを糧にして頑張れば良いのだと諭すスイ。しかし、それでも納得のいかない緒花は翌朝に殴り込みを掛けるのでした。それについて話をしている喜翆荘の従業員たちですが、そんなときに予約キャンセルの電話が続けて二件も・・・。菜子の電話も取らず、緒花は出版社に行き、「ぼんぼり」ます。その結果、この記事を書いたライターを突き留めますが、なんとそれは緒花の母親の皐月なのでした。

hanasakuiroha 11-4

 皐月との久々の対面になった緒花ですが、皐月の夜逃げは完結してしまったようです。レストランでも、いつも通りにあっけらかんとしている皐月に、どうして来てもいないのに酷い評価を付けるのかと尋ねます。それに対して、大人の事情だと語る皐月は、喜翆荘に悪い評価を付けたがる偉い人がいるのだとあっさりと話すのでした。皐月の仕事について不満を語る緒花ですが、それに皐月はそんな仕事でも自分は、必死で緒花を育てるためにしてきたのだと語ります。それについては理解する緒花ですが、それなら喜翆荘に来て、訂正記事ではなくでもいいからありのままを記事にして欲しいとお願いします。それに同意しない皐月に、諦めないと言う緒花はどこかに走って行ってしまうのでした。

hanasakuiroha 11-5

 緒花の打ち出した作戦は出版社の前での座り込み。それに対して、皐月は絶対自分を許さず、諦めないから放っておいてくれればいいと同僚に頼むのでした。そんな座り込みのときに孝一からメールが来ます。バイト中ということですが、こんなやり取りや街並みについてまだ半年も経っていないのに懐かしさを覚える緒花なのでした。そこで孝一のバイトが池袋の本屋と知り、会いに行きたくなってしまう緒花なのでした。そこで、孝一と五十嵐波子の仲睦まじい姿を見つけてしまう緒花。それに動揺してしまい、本屋を走って行ってしまうのでした。

hanasakuiroha 11-6

 孝一のせいで精神的に追い込まれる緒花ですが、座り込みに雨が降ってきて限界に陥って行きます。皐月に情けまで掛けられる始末で、そんなときに孝一が現れます。緒花と孝一は一緒ファミレスに入るのですが、2人とも会話がぎこちなくなってしまいます。それでも緒花の紅茶コーラの姿に緊張の解ける孝一。それを見て、緒花は波子のことを聞きますが、どうやら告白された相手のようです。そんな気がないと孝一は言ったようですが、待つと言われて・・・。それに対して返事をしないのは失礼と孝一に言う緒花ですが、自分がその原因を作っていることにはたと気付くのでした。少しひと悶着あるのですが、その間の孝一の姿にもう見たくないのだと思ってしまう緒花なのでした。

hanasakuiroha 11-7

 全てのことがめちゃくちゃになってしまい、錯乱状態になる緒花。そんなときに現れるのが民子と徹。民子の腕の中で泣きじゃくる緒花ですが、心の中ではこんなに心が動いた1日は初めてだと思うのでした。





掘り下げポイント

濁流の如く

 今回のメインは前回から引き続きの緒花でしたが、以前の取材の記事の結果が散々だったというもの。悪い理由がなく、それについて突き詰めていこうと正義感を持って臨む緒花の姿が凄かったですね!ただ、そんな真っ直ぐな緒花には今回の物事の1つ1つが重く苦しいものだったような気はします。

 「ぼんぼれ」ば、良くなることはあるはずだと思う緒花ですが、それはあくまでも中学生である発想ではあります。一生懸命すれば、全てが上手くいくというのはあくまでも夢見がちな発想で、それに対するアンチテーゼが今回のコアだったと思います。やはり理想と現実、子供と大人、楽しいと苦しいと緒花の中にはどうやら何かが芽生え始めている気がします。

 前回は自分が居なくても喜翆荘は問題なく動くという無力感にさいなまれた緒花ですが、今回は自分一人では何もできないということを知ったような気がします。最初は自分が頑張ることで全てが上手くいくと思っていた節がありますが、それはあくまでも幻想で、自分が頑張るだけでは物事は動きださないと分かったでしょう。今の段階では、主観的な動きが多く、それでいて客観的に物事を見ることはあまりない気がします。

 そういった面はやはり子供であると言わなければならず、一方でそこからの変化が今回は見受けられた気がします。全てが上手くいくとは限らないこと、スイの意見に、皐月の想い、そして孝一に自分がしたこと。それらが全て混ざりあうことで、大人のステージに上るのでしょう。緒花は今大人と子供の分水嶺に立たされていると思いますが、これがいわゆるモラトリアム。その期間にいっぱい感じて、いっぱい動く、そしていっぱい考えて、いっぱい苦しむことが大切でしょう。

 それが次回にも引き続き出てきそうな気がします。ホビロンな面もやっと解消されそうな気がしますねー。(笑)ただ、緒花が他人の気持ちに気付きだすといろいろと大変なことがあるもんで・・・。



皐月やスイから見た緒花

 今回は緒花の気持ちにアクセントを添えたのは、祖母と母。皐月にとって何だかんだ言っても、自分の可愛い娘であり、それは緒花との会話からも分かります。ただ、彼女の失敗は緒花に許してもらおうとはせずに、自分を恨むことで生きる力にさせていること。緒花同様相手の気持ちをあまり深く考えないで大人になってしまった不器用な皐月。しかし、それでいて世間の厳しさには人一倍理解があるんですよねー。主観的でリアリスト、そんな評価を私はしたいと思います。

 一方、スイは皐月とは違い、相手のことを思って敢えて多くを語らないというタイプでしょう。緒花も皐月のことよりはスイのことの方がよく知っているような気がしますが、ある意味緒花の目指すのはスイの方なのかもしれませんね。自分の気持ちよりも他人の気持ちを尊重する。それでいて、誰よりも自分に厳しく、そのために従業員にも厳しく言える。態度を見ると非常に冷淡に見えるかもしれませんが、それでいて誰よりもみんなのことを思っているという感じでしょう。客観的でロマンチスト。緒花に似た性格だと良く描かれていますが、まさに『大人』になればスイみたいになれるのではないでしょうか?

 次回は緒花の心のアクセントになりそうなのは、徹,民子,波子に孝一。今回が家族なら次回は友達や仲間ということなのかもしれませんね。ホントに緒花は成長しなければならない時期に来ている、そんな気がします。





ぼんぼりラジオ 花いろ放送局 ~第10回~

bonbori radio 10

(クイックするとラジオの画面に変わります。金曜日配信にぼんぼりラジオはあります。)

内容

古今東西
お題「『女子校生』と言えば」
→かな恵ちゃん「縞々のネクタイ」,能登さん「セーラー服」,ハルカス「見えそうで見えないスカート丈」

オープニング

女子校生の話

 パーソナリティは輪島巴役の能登麻美子さん(以下、能登さん)と松前緒花役の伊藤かな恵さん(以下、かな恵ちゃん)に、週替わりパーソナリティとして和倉結名役の戸松遥さん(以下、ハルカス)の放送です。さっそく女子高生の話ですが、過去を振り返るような感じの3人。かな恵ちゃんの学校はブレザーだったようですが、着崩しなどが自由で私服で学校に行っていたとのこと。そして、ハルカスの問題発言になりますが、どうやら階段であのスカート丈は気になるようで・・・。自分は厳しい校則のために、そこまでスカート丈を短くしていなかったと語るハルカス。一方、能登さんはセーラー服だったようですが、憧れはブレザーだったようです。それぞれの過去が明らかになるオープニングなのでした。



喜翆荘の秘湯から

 改めましてのあいさつを経て、能登さんをかな恵ちゃんとハルカスが弄り、指湯のコーナーへ。今回はハルカスのチョイスで「生薬」になります。あまりの色にコーラだと言い出すかな恵ちゃんですが、温度が熱いようで・・・。


ハルカスの絵は・・・

 最初のお便りは、ハルカスのイルカショーの絵のイルカがサメに見えるというもの。イルカだと反論するハルカスですが、能登さんもかな恵ちゃんも獰猛という言われる始末で・・・。ちなみに、花いろキャストで一番上手いのはあきちゃん(豊崎愛生さん)とのことです。


似非で良いから有難い

 次のお便りは結名の似非方言に関連して、どこの方言が可愛いかという質問。ハルカス曰く、自分の出身地以外は似非になるが、似非で有難いと思うようです。ハルカスの結名の演技は可愛いと言う能登さんとかな恵ちゃんなのでした。そしてどこの方言が良いかということで、京都弁の話題とかな恵ちゃんへのぶぶ漬講座となるのでした。


かな恵ちゃんにかき氷とわたあめは映える!

 続いてのお便りは、生まれて初めて食べたものはあるかというもの。リアクションが薄い能登さんとかな恵ちゃんを見兼ねて、ハルカスは好きな屋台に質問を変更。かな恵ちゃんはかき氷とわたあめは外せないようです。一方、能登さんは石川県のローカルゲーム(?)で、そしてハルカスはイカ焼き・・・。

―ここで、OP「ハナノイロ」が流されます―



花よ咲け! ユメトーーク!

それぞれ誰かが食いつきます

 アドリブ暴走のハルカスに笑えの堪えられなくなるかな恵ちゃんとそれを宥める能登さん。そして、ついに2人が喋らないので、寂しくなってしまうハルカスなのでした。さっそくお便りに入りますが、今回送られてきた夢は「身長を10cm伸ばす」(『155cmしか』で激怒のかな恵ちゃんですが、身長は緒花と全く同じとのこと),「ラノベ作家になること」(これぞ夢だとかな恵ちゃんですが、実際出してみればと語る3人),「クセ毛を直すこと」(ハルカスの『じんじんまい』の悩みが爆発),「ありとあらゆるウイスキーを飲み、お気に入りを探す」(能登さんのウイスキーブームと御一人様の話メイン)でした。



花いろ ゆ~ゆ~マップ!

3つの新情報

 使える能登弁講座「もう、そんなにももた見ちゃいやぁ~ん!」(「ももた」=「太もも」)でしたが、例文がヤラシイとツッコミを入れるかな恵ちゃんとハルカスなのでした。そしてコーナーに入りますが、今回は「河豚の卵巣の糠漬け」(写真を見て生々しいと言うハルカスですが、能登さんは食べたことがないようで・・・),「金沢港大野からくり記念館」(写真の般若を見て怖いと慄く3人。外観はお洒落なようですが・・・),「羽咋擬音石像」(写真を見て、そのまんまだと3人ですが、石川県は遊び心が凄いとかな恵ちゃん)がありました。


エンディング

女の園に闖入者?

 能登さんの声を聴いていたいと言うかな恵ちゃんとハルカス。そして今回はスタジオが違うようで、フォーメーションがトライアングルだったということなのでした。最後は、かな恵ちゃんの試練のお知らせを終えて、予告が。どうやら、もうすぐ種村孝一役の梶裕貴さんがゲストとしてラジオに登場するとのこと。3人とも強制的にパーソナリティにしようと目論むのでした。次回の週替わりパーソナリティは小見川千明さん(ハルカス曰く、「ちーちゃん」)とのことです。



感想

 もうすぐ、梶さんの登場ですかー・・・。女の園に入って大丈夫なのかどうか、非常に楽しみですね!さて、今回はハルカス回でしたが、今までよりは大人し目だったような気がします。やっぱり食べ物がないと駄目なのかな・・・。(笑)内容的には、全体的に能登さんが弄られただけの印象。『じんじんまい』はハルカスのブログではおなじみなので、気になる方は用法を確認してみてはいかかでしょう!

 今回一番盛り上がったのは、古今東西。能登さんとかな恵ちゃんが無難に答えたのに対して、ハルカスのおっさん視点・・・。まあ、3人目はオチなので、それはそれでよかったのですがね!ハルカスの高校時代はよく知られていますが、校則が厳しかったとのこと。ハルカスのスタイルなら、能登さんでなくても、短い方が生えると思いますよねー!

 かな恵ちゃんのちびネタ,能登さんのちょっぴり寂しい話,ハルカスの食欲が垣間見られたラジオですが、これはやはりデフォですから、平和な回だと認識せざるを得ません。あと絵については、スフィアだとあやひーとあきちゃんが上手で、ハルカスとみなちゃんがなかなか・・・。

スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/960-878cc485
    この記事へのトラックバック

    花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

    SERA@らくblog

    ぼんぼれ! 緒花~。 「ぼんぼる」とは、願いを叶えるために自分で頑張るって意味の緒花造語ですw 雑誌の喜翆荘の評価は5点(10点中)しかなかった(^^; これに納得いかない緒花。  ▼ 花咲くい...

    花咲くいろは 第11話

    まぐ風呂

    関連リンクhttp://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/第十一話 夜に吼えるなにやら色々波乱を孕んでいる感じな喜翆荘果たして今回はなにが起こるのか!?雑誌の評価を緒花・民子・菜子で見ると喜翆荘の評価は5点だった5点満点ではなく10点満点で…旅館でももちろん...

    花咲くいろは  第11話 夜に吼える

    つれづれ

     緒花、ぼんぼる?

    花咲くいろは 第11話 感想「夜に吼える」

    一言居士!スペードのAの放埓手記

    花咲くいろはですが、喜翠荘の評価が雑誌に掲載されます。松前緒花は星五つだとヌカ喜びしますが、菜子が10点満点中だと指摘します。この非常事態に若旦那が「崇子さんに連絡しなきゃ、崇子さんに連絡しなきゃ」と泣きながら取り乱しますが、連絡しない方がトラブルが増え...

    花咲くいろは 11話

    アニメ徒然草

    ぼんぼってはみたけれど。 というわけで、 「花咲くいろは」11話 ずぶ濡れ少女の巻。 仕事の対価とは賃金であって、評価ではない。 必ずしも、いい仕事がいい評価につながるとは限らない。 そもそ...

    【花咲くいろは 第十話 夜に吼える 感想】

    ようちゃん!!

    がんばれ緒花! 見ていてそう伝えたくなった回でした。 緒花ちゃんは色々と恵まれない境遇で育ってきて、やっと自分の居場所を見つけて、そして乗り越えなきゃいけない壁が見つかって、人生とはこういう窮地を乗り越えてこその成長なので見守っていきたいです。

    花咲くいろは 11話「二人の岡田磨里さん~緒花と皐月」(感想)

    失われた何か

    緒花の「仕事」「異性」「母親」という 自分の全てを形作るものと向き合う話でした。 またその中で緒花は「喜翆荘」に 救いを故郷を見出す話でもありました。 岡田磨里さんが脚本。監督の安藤さん...

    【花咲くいろは】11話 雑誌のレビュー適当すぎるだろwww

    にわか屋

    花咲くいろは #11 夜に吼える 418 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[] 投稿日:2011/06/12(日) 22:26:56.58 ID:9gzKUOYV0 最後ちょっと泣けた 緒花のいっぱい感がよく表現されてた...

    花咲くいろは 第11話 「夜に吼える」 感想

    crystal cage

    刺激的な再会。 「花咲くいろは」公式サイトはこちら! →http://www.hanasakuiroha.jp/ 花咲くいろは 第11話感想です。 こういう展開は久々で、意外にきつかったです。 アニメも中盤といった...

    花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

    のらりんすけっち

    1クール目も大詰めですが、予想外の展開にちょっとびっくり。 次々に襲ってくる現実におはにゃん振り回され。 まさかママンが絡んでいたとは。 雑誌記事でゆのさぎ地区の旅館は軒並み低評価。 喜翆荘も...

    花咲くいろは 第11話 「故郷へ錦を飾る」

    スキマの美学

    故郷へ錦を飾る 【こきょうへにしきをかざる】 ・ 故郷を離れていた者が、立身出世して晴れがましく故郷へ帰ること。 ?花がなぜそこまで意固地なのか? それはもちろん母親相手であるし、孝ちゃんを好...

    花咲くいろは 第11話 夜に吼える レビュー

    ゴマーズ GOMARZ

    温泉雑誌に結果が出る日が来た… 手応え有りだから大丈夫だと思っている緒花。 しかし結果は… 10点満点中…5点 レトロといえば聞こえはいいが時代錯誤な感は否めず 食事も十年一律のごとき退屈なものでアメニティなども 行き届いてるとはいえず… (゚Д゚) エエエエ...

    花咲くいろは 第11話

    あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

    「夜に吼える」 ぼんぼる 喜翠荘守るためにぼんぼるんだ!! ホントに喜翠荘を大事に思ってる緒花ですね!!  街中でこんな事出来るだなんて凄いわ 緒花(`・ω・´)b 温泉雑誌の結果が早速発表され… 案外、よさ気な感じだったのに10点中5点という結?...

    花咲くいろは 第11話 「夜に吼える」 感想

    キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記

    雑誌の評価が低い! オハナ「ぐぬぬ」 10点満点中5点。妥当だと思うのですが、サービス業にとっては死活問題ですね。 「この話はおしまい」 女将が細かいことで騒ぐんじゃないとの配慮。しかしその真相は? TVアニメ「花咲くいろは」イメージソング集 湯乃鷺リ...

    花咲くいろは 11話『夜に吼える』 感想

    てるてる天使

    人の心は複雑(´・ω・`)

    花咲くいろは 11話『夜に吼える』

    本隆侍照久の館

    緒花、菜子ち、民ちの3人は件の旅行情報誌を発見。ドキドキしつつ、その中身を拝見しようとする。 そこに載っていた評価は……

    花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

    WONDER TIME

    「喜翠荘を守る為に ぼんぼるんだ 私が」 雑誌の評価に納得できない緒花は 単身で殴り込みに!! 今回の温泉記事の担当ライターは 緒花の良く知る人でした… 湯乃鷺の温泉特集が掲載された雑誌が発売と...

    花咲くいろは 第11話「夜に吼える」感想

    サラリーマン オタク日記      

    実際に行きもしないで記事を書くとか ホント ホビロン! 母親は 訳知り顔で 大人の事情を緒花に伝えていましたが そんなんで良いのかな? でも、母親の気持ちも理解できなくもないですね。 緒花を育てる為に、お金が必要だったんでしょう。 仕事を選んでいられる状況に…

    (アニメ感想) 花咲くいろは 第11話 「夜に吼える」

    ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

    花咲くいろは 2 [Blu-ray](2011/08/17)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る 湯乃鷺温泉街の特集が載った旅行雑誌の発売日。 緒花は旅館ランキングでの喜翆荘の高評価を期待していたが、現実は10点満...

    花咲くいろは 11話「夜に吼える」

    新しい世界へ・・・

    すごいエピソードだなぁ・・・ 花咲くいろは 1 [Blu-ray](2011/07/20)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る

    花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

    明善的な見方

    花咲くいろは 1 [Blu-ray]ホビロンの次はぼんぼるだそうですw 今回はかなり重たいシリアスな展開だなぁと思ったら、 久々に脚本がマリーになってましたね。

    花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

    Spare Time

    雑誌に掲載された喜翆荘の評価を見てみたものの、10点中5点だったようで… ショックで早速崇子に連絡しようとする縁だけどしたところでまた変な計画立てられそうなのでできれば何も報告しないのがいいんじゃな...

    花咲くいろは 第11話 夜に吼える【伊藤かな恵さんの仕事】

    しるばにあの日誌(新館)

    第11話 夜に吼える【 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201106/article_15.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが、送信先に...

    花咲くいろは 第11話 「夜に吼える」

    アニメとゲームと情報局!

    『花咲くいろは』  第11話 「夜に吼える」 旅行雑誌の温泉ランキング掲載号が、ついに発売日! ドキドキしながら雑誌に目を通す緒花ちゃん達ですが、結果は・・・。 10点満点中、5点・・・。...

    [アニメ]花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

    所詮、すべては戯言なんだよ

    岡田磨里さんの凝縮されたシナリオの中から意図を探し出すのでも大変なのに、こんな話を用意してあるなんて、ずっとこの作品を愛し続けたいと思ってしまうじゃないか。

    【花咲くいろは 第11話-夜に吠える】

    AQUA COMPANY

    だいたい何で息を切らして、走っているんだろう。




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。