--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

バカとテストと召喚獣~文月学園放送部~ 第56回 簡易草子

2011年04月22日 00:37

「素敵♪毎日が誕生日♡」byミズハス
「まあ、要するに、この番組は下品な番組になってしまったんです!」by下野さん
「下品だと思って聴けば、下品に聴こえるかもしれませんが、あの、母なる象徴ですので―」by原田ちゃん
「あのー、スイッチ切っちゃえば上品だよね♪」byミズハス
「どんな個性も貫けば立派」byミズハス
「安全地帯だと何でも言えるな~♪」byミズハス
「牛乳の『乳』だろ!」byミズハス
「キミは汚いというか、怖いぞ・・・」by下野さん
「この人ホントに女で良かったね・・・」byミズハス


 こんばんは、まどっちのこともあり非常に更新が不安な仙谷隆家です。とりあえず、少し遅れてしまいましたが、バカテスラジオ第56話の個人的感想です。内容としてはミズハスのキャラが非常に立っているラジオでしたが、ミズハス&原田ちゃん&つっつうさんっていうとドリクラなんじゃ・・・。

 それでは続きから書いていきます。ではいきましょう!!良かったら拍手くださいな☆

音泉「バカとテストと召喚獣~文月学園放送部~」ホームページ(http://www.onsen.ag/program/baka/index.html


[Blu-ray] OVA
バカとテストと召喚獣 ~祭~ 上巻価格 6300円(税込) 発売日 2011/02/23


[Blu-ray] OVA
バカとテストと召喚獣 ~祭~ 下巻価格 6300円(税込) 発売日 2011/03/23


内容

オープニング

パーソナリティは噛様とセクハラ大明神

 今回もパーソナリティは、早速噛んでしまう吉井明久役の下野紘さん(以下、下野さん)とそれをカットしないように阻止する姿勢を前面に出す姫路瑞希役の原田ひとみさん(以下、原田ちゃん)です。テンションの下がってしまう下野さんですが、あまりの冒頭での噛みまくりにもう我慢が出来ない様子の原田ちゃん。そんな夫婦コンビのやり取りになっていきますが、前回の原田ちゃんの所業のせいで彼女の隣にはゲストが座らなかったようで・・・。


ゲストの席が変更に・・・

 そんな今回のゲストは島田美波役の水橋かおりさん(以下、ミズハス)ですが、紹介をされてからすぐに原田ちゃんによるノイズ攻撃が・・・。困惑するミズハスですが、第28回放送以来の登場です。しかし、その間に下品なラジオになってしまったと下野さんが説明しますが、原田ちゃんはいつの間にかミズハスが自分のことを珍獣扱いしているのではと思い始めます。あっさりと変わっていないと言うミズハスですが、それを置いておいて、下野さんのプロデューサーの査定についての質問に無理だと断定。一方で原田ちゃんはミズハスがどうして自分の隣ではないのかとブツブツ呟き、病んでいるのでした。



ふつおた

ミズハスの正論

 改めてましてのあいさつを経て、テンションの低い原田ちゃんとミズハスですが、どうやらラジオの合間にミズハスが原田ちゃんの隣に座らない理由を『毎日が誕生日』だからだで捩じ伏せたようで・・・。そんなときに、スタジオには4月21日誕生日の下野さんのためにケーキが登場します。これで31歳になったようですが、下野さんのケーキにはなぜかから揚げ・・・。そして食べ始める原田ちゃんですが、乳首発言を初っ端繰り出しミズハスが閉口。それを見兼ねて下野さんが補足し、原田ちゃんの暴走を説明。自分の手には負えなくなったのだとまとめますが、それに原田ちゃんが下品と思って聴くからそうだと反論します。しかし、ミズハスにはこのラジオのスイッチを切れば上品だと理解され、ぐうの声も出なくなるパーソナリティなのでした。


原田ちゃんの愛し方

 そして、ふつおたへ行こうとするのですが、ミズハスは誕生日なんだから下野さんに食べなさいと言いますが、番組が進まないと固辞。しかし、ミズハスが読むと言うので、お言葉に甘えることに。最初のお便りの下野さん(鳩胸)と原田ちゃん(おっぱい)のあだ名に笑ってしまうミズハス。内容は原田ちゃんがこのままのキャラだと今後の仕事に支障が出るから、先輩のミズハスから戒めの言葉を掛けて欲しいということでした。「ダメ」と原田ちゃんを注意するミズハスですが、それに萌えてしまった原田ちゃん。ただミズハスはこのままでも大丈夫だと言いますが、下野さんは戒めになってないとクレームが・・・。さらに他の女性ゲストに影響が出ると言う下野さんですが、自分じゃなければいいのだと言い出し、挙句の果てに減るもんじゃないからけちけちすんなと言い放つのでした。当の本人は安全地帯にいるので、原田ちゃんは手が出せない様子・・・。


原田ちゃんの愛し方2

 下野さんが食べ終わったので、お便りは下野さんにバトンタッチ。続いてのお便りは、原田ちゃんの暴走の止め方。そして漢字一文字で原田ちゃんを例えるならという質問ですが、それにミズハスは即答で「乳」だと答えるのでした。原田ちゃんはミズハスのぶれない姿に感動の様子ですが、ミズハスにこのまま突っ走れと助言をもらい俄然やる気になってしまうのでした。それを見てせめて焚きつけないで欲しいと懇願する下野さんですが、当のミズハスも原田ちゃんの気持ち悪い表情に黙って芋を食べ続けることにするのでした。


空気な下野さん

 次のお便りは、OVAの話題だと思いきや、そこで出てきた美波のチャイナドレスに関連して、バカテスメンバー(男女)にチャイナドレスを着て欲しいというリクエスト。食べることに夢中に原田ちゃんですが、自分は高校の頃に着させられた経験があると言い出します。模擬店の人集めにチャイナドレスを着させられたということですが、それを漫画みたいな人生だなとぼんやりと見ていたミズハス。そのミズハスはないということですが、今後も着たくないのだと拒絶。そんな2人の遣りとに利自分のいる意味を見いだせない下野さんなのでした。


下野さん≒ミズハス≒原田ちゃん

 続いてのお便りは、下野さんの眼鏡+ツインテール属性というフェチズムについて。それを汚らわしいと言い出す原田ちゃんとミズハスですが、下野さんはそれを遮って、原田ちゃんとミズハスが欲しい属性と好きな属性はという話に話題を変更します。原田ちゃんの妄想垂れ流しはスルーして、ミズハスは眼鏡とツインテール好きであることを語り出します。それを言って、自分と下野さんが同じ属性だと気付きますが・・・。そんな混乱の後に、原田ちゃんの好きな属性に話題は移りますが、ウサギ属性だと答えます。ポカーンとする下野さんとミズハスですが、原田ちゃんは基本可愛ければ何でもいけるのだとまとめるのでした。それを受けて、女で良かったと本気で言うミズハスなのでした。さらに話は進みますが、ミズハスは原田ちゃんとも共通点を見出してしまい・・・。



お知らせ

 続編情報(2011年7月から第2期),OVA関連情報,原作情報,カオス情報,モバイル情報,グッズ情報(ストラップの現物を見て、一同興奮の様子。特に、原田ちゃんが変なテンションに・・・),ラジオCD情報(第6弾が6月24日発売とのこと)といつもの情報を繰り返す感じでした。



バカテスチェック

バカ解答

 今回の答えは、「粋」。おバカな解答は、「原田ちゃん以外の女性ゲスト陣」(つっつうさん目線:瑞希と美波に虐められている明久),「つっつうさんのメール仕分け」(ミズハスの反論から、下野さんと原田ちゃんも同調して、立ち位置の危うくなるつっつうさん),「真面目」(ほぼスルー),「すごい」(失笑),「コミケの達人」(納得のミズハス),「相棒の杉下右京」(基本的にそうだと言う一同)でした。



吉井明久vs姫路瑞希vs島田美波

今回のラジオ感想ページがネタバレ

 今回の対決内容は「英語で古今東西ゲーム」。下野さんの鬼門とのことで、2敗したら罰ゲームのようですが、ミズハスもあまり英語が得意でないようで・・・。テーマ次第と怯え出す3人ですが、お題は動物(1回戦),体の部位(2回戦),乗り物(3回戦),果物(第4回)とのこと。順番は下野さん→原田ちゃん→ミズハスとのこと。1回戦は自爆で原田ちゃんが負け、2回戦は大接戦の末に下野さんが負け、3回戦は時間切れでミズハスが負け、最終決戦は時間切れとダブりで原田ちゃんの負け。最終的には原田ちゃんが罰ゲームになりますが、内容を見て失笑の下野さんとミズハス。それもそのはずで、何と番組の感想を英語で書いてもらうこととのことに・・・。



エンディング

ミズハスの再び登場はいつになるやら・・・

 プロデューサーの査定は合格とのこと。理由は下ネタにはいかなかったこととセクハラが無かったことから。原田ちゃんはミズハスに感謝を述べますが、罰ゲームに興味を持ったミズハス。それに対して、歴代の罰ゲームを語る下野さんと原田ちゃんの話に酷いと叫ぶミズハスなのでした。そしてあまり祝われなかった下野さんですが、どうも自分のときと違うとクレームを言う原田ちゃん。最後にミズハスにまた来てくれるかと尋ねる下野さんですが、なぜか間が空いて「はい」と答えるミズハスなのでした。



bakatesuradio56.jpg
(クリックすると、ラジオのホームページに飛びます。)

個人的感想

 完全に下野さんを除けば、ドリームクラブ状態だったラジオですが、ミズハスの力でどうにか下野さんをヒト柱にラジオを成立させましたねー。これでもミズハスは下野さんに対しては優しい方ではありますがね。(笑)つっつうさんの暴走はありましたが、つっつうさんが良心じゃない説が徐々に横行してきそうな予感がしますね。今回の感想は次の塊にまとめ、その後はもう死亡フラグが立っている次回について書こうと思います。

 今回は道産子娘のミズハスが宮子(ひだまりスケッチ)のように芋を食べ、下野さんが誕生日で鱈腹唐揚げを食べさせてもらい、原田ちゃんがバリバリとレタスを頬張るラジオでしたね。内容としてはリアルで明久と瑞希と美波が会話しているような感じでしたが、非常に下野さんに厳しいラジオではありました。まあ、ミズハスということで、下野さんとしてはあまりセクハラなどには心配はなかったと思いますが、先輩問ということで緊張しまくりでした。ゲスト席がおそらくミズハスの独断で移動したようですが、このままにしていた方が今後のラジオには良さそうですが、どうなることやら・・・。

 次回はナンジョルノこと南條愛乃さんがゲスト回ということですが、完全にナンジョルノに死亡フラグが・・・。まだ覚醒前の原田ちゃんに襲われていましたが、進化を続ける淫獣には涎まみれも・・・。原田ちゃんはえみりんとナンジョルノが好きだから、怖いんですよねー。ミズハスやなっちゃんのように隙を作らなければ生きてられるんですが、たぶん原田ちゃんをエンディング退場で対処することになりそうです。(笑)


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/932-38040bee
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。