--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 簡易草子

2011年04月18日 01:07

「私たちのこと嫌いになったんじゃないのかな・・・。私、緒花さんに酷いことしたし、東京に帰っちゃったんじゃないかな・・・。」by押水菜子
「こんなときでも常識を破れないからダメなんだ。殻を破れないから・・・」by次郎丸太郎
「善意じゃないです。女将さんは仕事だからそういったんですよ!女将さんにそんな優しい気持ちがあるはずがありません!!」by松前緒花
「お客様の素性に気付いていても、それを疑ってはいけないのがこの仕事。それに賞を獲ってお代を頂くことができたなら、こっちはトントンなんですよ!先のことなんざ、誰にもわかりゃしません。賞を獲ればと、賞を獲る気持ちを捨てない限り可能性は消えない。お客様はお客様のままです。」by四十万スイ
「次郎丸さんはホントの、ホントの小説家さんです!!」by松前緒花
「ホビロン!!」by鶴来民子
「あなた、あの子は本当に皐月にそっくりですよ。」by四十万スイ
「分かってたんですね、・・・緒花さんがなんとかしてくれるって。」by助川電六
「あたし、頑張るよ!この場所で、輝けるように!!」by松前緒花


 こんばんは、今回も懲りずに日曜日深夜更新をさせていただきます。非常に緊張感のない箸休め的なお話でしたが、非常に心の動きが巧みな感じでした。緒花の決意と民子&菜子の反応がメインで、さらにはスイの緒花はの気持ちも少しは語られましたね!

 それでは続きから書いて行きます。(作品の内容や画像はアニメ花咲くいろは」に著作権は帰属します。)

 次週、第4話は「青鷺ラプソディー」です。良かったら拍手くださいな!


花咲くいろは 1 [Blu-ray] 価格 8190円(税込) 発売日 2011/07/20

bn_half.jpg

にほんブログ村 トラコミュ アニメ「花咲くいろは」へ
アニメ花咲くいろは

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


概略

hanasakuiroha3-1.jpg

 民子と菜子は緒花に言われたことが気になって仕方ない様子。そして朝食に向かう民子と菜子ですが、民子は復讐の賄いを食べると宣言。そして食堂に向かう2人ですが、緒花がいないようで・・・。一方、その頃、緒花は波の間で次郎丸に猿轡で亀甲縛りで監禁されています。しかし、猿轡は外れ、喋ることのできるようになる緒花は、次郎丸にどうしてこんなことをしたのかと尋ねます。それに対して、自分は売れっ子小説家ではないと白状し、このような生活でもすれば良いアイディアでも浮かぶと考えていたようですが、上手くいかず・・・。それを慰める緒花ですが、次郎丸に1つお願いされてしまうのでした。

hanasakuiroha3-2.jpg

 緒花がいなくなってしまったことで、喜翠荘ではみんなで捜索活動が行われます。それでも見つからず、菜子は民子に自分が酷いことをしたから東京に帰ってしまったのではと呟いてしまいます。それを気にしてしまう民子ですが、ここでスイから緒花の捜索は打ち切って見えないところまで大掃除しなさいと命令が・・・。一方、緒花は次郎丸の原稿を見ていますが、「輝きたい」という言葉に何か思うところのあるようです。それを聞こうとした緒花ですが、波の間に菜子が・・・。菜子を貶める次郎丸に我慢ならなくなった緒花は、何と菜子の前に現れます。菜子も監禁して一件落着させようとする次郎丸ですが、その後ろには電六と巴が・・・。それによって逃走してしまう次郎丸なのでした。

hanasakuiroha3-3.jpg

 喜翠荘の面々で今後の対策を話していますが、スイは次郎丸から真相を聞かない限りダメだと言います。それほどお客様が大切なのだと言い、その言葉を密かに聞いていた次郎丸は心打たれますが、なぜか旅館の軽トラックに乗って逃走。それを追い掛ける旅館の面々ですが、徹を捨ててきたり、豆腐屋に寄ったりとどうも緊迫感のない様子。そんな中、追跡に再び戻りますが、軽トラックがあったのは防波堤。そこの岸壁に次郎丸はいますが、自分の行いを悔いて死のうとしているようです。それに対して、きっぱりと事実を伝えて留めようとする緒花とスイ。しかし次郎丸はそれを無視して飛びこんでしまいますが、それを菜子が救出。それでも後ろ向きな次郎丸に怒る緒花は頬叩きます。そして次郎丸は才能があると言い放ち、自分が分かっていないところを気付かせてくれたと語ります。そして緒花は次郎丸に本当の小説家だと伝えるのでした。

hanasakuiroha3-4.jpg

 次郎丸は旅館で働くことで、宿泊代を返すことにしたようです。そしてそのまま防波堤で料理をすることになりますが、その隙に緒花は菜子のところへ。菜子の活躍を褒める緒花ですが、菜子は仲居の仕事は自信がないが、泳ぎなら教えられると話します。そんなときに徹から料理ができたと言われますが、そこには海鮮鍋が。それにはほうれん草も入っており、緒花の『復讐』が始まります。民子もそれに応戦して食べますが、喜ぶ緒花に「ホビロン」と叫ぶのでした。

hanasakuiroha3-5.jpg

 旅館に帰り、スイは仏壇に報告をしていますが、そこに電六が。そして次郎丸のことを緒花が何とかしてくれるというスイの考えは見抜かれているのでした。一方、緒花は自室で仲居の勉強をしていますが、ふとしたことで民子のホビロンの意味を知ります。そしてそんなときに孝一からメールが来ますが、それを見て嬉しく思ってしまう緒花。そしてこの場所で輝けるように頑張ると密かに誓うのでした。



掘り下げポイント

自分のホントにしたい事+

 今回のメインも緒花でしたが、話は第1話の感じた悔しさの真相でした。緒花は喜翠荘に仕事をするために来たのではないのですが、それが出来ないことがどうしてか悔しかった。その理由を探していましたが、それを見出していたのは次郎丸。「輝きたかった」からという言葉に、緒花は合点いったようで、それに気付かしてくれた次郎丸には感謝をしています。

 前回の徹の指摘通り、緒花は空気を読めない性格で、それは直すと民子と菜子に宣言しているように、気付くことができました。しかし、それでもやはり自分の悪いところというものを完全には捉える事が出来ないのが世の常なので、今回に引き継がれたと。このような一歩が今後には大きく動きを出すものだと思いますねー。

 緒花は今後この金沢の地で輝くことを目標に頑張ると思いますが、やはり目標がはっきりしているのとそうでないのでは、進む先が違ってきます。このまま紆余曲折を経て、緒花は輝けるようになるのでしょうか?



お仕置きとホビロン

 緒花の前回の奇行のリアクションが、民子も菜子もありましたね。それぞれが違った反応で非常に面白く感じましたが、緒花を認めてはくれるようですね。それにしても目立ったのは完全に菜子でしたが、次回は民子になるのか・・・。それともハルカスのキャラが全部持っていくのか・・・。

 菜子は緒花の『復讐』を受けなければならないと思っていました。それは前回の台詞からも分かるように、どうも受け身的な感じでした。それは菜子の本質なのかもしれませんが、どうも自分を変わるという雰囲気はありませんでした。しかし、今回の次郎丸の救出で見せた自分の特技が起点となって、菜子も少しずつ変わるようになってきたと思います。最初は緒花に嫌われていると決めつけて一歩も進めない状況でしたが、それが追跡の間に徐々に変わり始め、最後の泳ぎを教えるに行きつく。ほんの小さな取っ掛かりかもしれませんが、これが大きく変わっていくのでしょう。

 民子は緒花の『復讐』を受けて立つという対決姿勢を鮮明に出していました。それは緒花が嫌いだから、とことん挑んでやるという心構え。ただ、それでも自分の悪いところを直すことは謙虚に行い「ホビロン」を生みだしました。夜に必至でやっていたのはその作業だったんですねー。自分の悪いところは受け止めるが、緒花には挑んでやる、そんな能動的な姿勢でこのまま進んで行くのでしょう。ただ、何も知らないで緒花のことを嫌っていた時からすれば前進と言えるかもしれませんねー。最後に小見川さんたぶんあのノートを書いたのでしょうねー、まあなかなかなリアリティーがありました。(笑)



スイの想い

 最後はスイの気持ちです。スイは当初一貫して、緒花に対して厳しく当たっていましたが、それは従業員としての心構えを教えるためであり、ただ単に皐月が憎いだけではなかったようです。緒花はスイから見れば常識知らずの生娘にしか最初は見えていなかったかもしれませんが、民子を庇う姿や緒花の性格・性質を知るようになると、徐々に愛着が湧いてきたのしょう。

 それは緒花に面と向かっていうことはありませんが、どうも皐月にそっくりとのこと。ただ、そう考えると皐月のことも正直憎いとは思っていないかもしれません。減らず口を叩ける気の置けない相手とでも思っているのかもしれません。スイの本質は優しい人であり、それを電六にはバレバレでした。

 今後も緒花のことは厳しく見守りながらも、優しい気持ちで見ていくのでしょう。次郎丸の件は緒花に任せていたようですが、それほど買っているのでしょうかね?まあ、怒るほどの相ほど大切に思っている証拠ですからね!





ぼんぼりラジオ 花いろ放送局 ~第2回~

hanairoradio2.jpg
(クイックするとラジオの画面に変わります)

内容

古今東西
お題「新学期と言えば」
→かな恵ちゃん「1年生」,能登さん「恥じらい」,小見川さん「クラス替え」

オープニング

今回はボケオンリーラジオ!?

 今回のパーソナリティは輪島巴役の能登麻美子さん,松前緒花役の伊藤かな恵さん,鶴来民子役の小見川千明さんの放送です。さっそくの小見川さんの「死ね」に和むスタジオ。初めての週替わりパーソナリティということで右も左も分からない状態の小見川さんですが、当のメインパーソナリティの能登さんとかな恵ちゃんもどういうラジオにしていくか探り探りなのだとことで・・・。

 話は古今東西へ。かな恵ちゃんの「1年生」でのピチピチ発言を経て、能登さんの「恥じらい」での自分の経験談。そして小見川さんの「クラス替え」へ。しかし、オチのない話になって、ここでツッコミ役がいない現状にふと気付く3人なのでした。


喜翠荘の秘湯から

ボケボケコーナーに・・・

 改めましてのあいさつを経て、小見川さんのキャラクターになりきっての自己紹介というムチャ振り。前回のメインパーソナリティの体たらくに対して非常に良い演技で、能登さんとかな恵ちゃんから絶賛の声。そして能登さんは「喜翠荘の秘湯だより」というコーナーを紹介し出しますが、それは檜の桶にお湯を入れて、そこに手を突っ込みながら足湯ならぬ指湯をしながら、のんびりとトークするということなのでした。入浴剤もあるということですが、今回のチョイスは小見川さんのボケもありながら生姜浴に。オレンジ色になったようですが、臭いは檜に勝る生姜の匂い・・・。それでも大盛り上がりな感じですが、リスナーには全く伝わらない感じに・・・。

 今回のお便りは、旅館を選ぶ条件。かな恵ちゃんはお湯で遊んでいて聞いていない様子で、能登さんから注意が。話は本題に戻りますが、小見川さんは安さで、かな恵ちゃんは景色とのこと。そんな会話をしているのですが、どうやら指湯の効果は絶大でどんどんトークをする意欲が失われていく3人なのでした。能登さんは自分の中で一時にあった温泉ブームで、料理や泉質をメインにしていたとのこと。お湯マニア見たいな一面を全面に押し出してきますが、その間にも指湯の魔力が・・・。そんな状況に終わりをスタッフから告げられてしまうのでした。

 ここで一区切りということで、OP「ハナノイロ」が流されるのでした。


みんちのお手軽賄い料理
かな恵ちゃんの料理ェ・・・

 お手軽な料理を紹介するコーナーのようですが、例題としてはインスタントクッパ(辛いインスタントラーメンスープ+昆布のお握り),餅ピザ(切り餅+チーズ)などが提示されます。そして話は料理になりますが、どうもぎこちない様子のかな恵ちゃんと小見川さん。自分が困らないくらいはできるようですが・・・。能登さんは最近やるようになったと言いますが、得意料理が「コールスロー」・・・。それに反撃するように能登さんはかな恵ちゃんと小見川さんに尋ねますが、小見川さんは「煮物」。料理がなかなかできる雰囲気を醸し出す小見川さんですが、何と野菜嫌いのようです。しかし、まったく食べられないわけではないようで、努力をしているようなのでした。



花いろ ゆ~ゆ~マップ!

地元民は意外に知らないものです

 今回の石川県の紹介をされるのは日本三大名園の「兼六園」,雪吊り,ヤマトタケルノミコトの銅像。ヤマトタケルノミコトの銅像は能登さんも知らなかったようですが、話題は雪吊りへ。写真を参照にしながら説明しますが、どうも自信なさげで・・・。そして兼六園についてはかな恵ちゃんも小見川さんも行きたいと言ってくれますが、金沢21世紀美術館から近くだということなのでした。続いての紹介されるのは手取川ダム。突然のダムネタにどうも話が進まないようですが、能登さん曰く手取川沿いには遊園地があったとの記憶が・・・。ただ話はどうも形をなさずに終わってしまうのでした。

 手取川ダムと兼六園について、イラストを描くことになるのですが、金沢市に置いてもらえるように頑張ろうと言う能登さんなのでした。



エンディング

マイペースな終わり方

 楽しかったと言う小見川さんですが、一方でお湯が気持ち良いとマイペースなかな恵ちゃん。次回は戸松遥さんが週替わりパーソナリティということを紹介して、スフィアの「Hazy」でお別れにするのでした。


感想

 秘湯は「ひとう」だと思うのですが、能登さんは「ひゆ」って読んでいましたよねー。少しそこが気になったのですが、「ひゆ」とも読むことがあるのでしょうか?私の浅い知識では記憶にはないのですが、どうだったかな・・・。まあ、そんなこんなで感想に・・・。

 今回は懸念していたように、締りの全くないラジオになってしまいましたねー。元々能登さんとかな恵ちゃんでも不安定であるのにもかかわらず、小見川さんがプラスされたら・・・。とりあえず体裁は取れた感じではありましたが、2回目にあいなまが出てくれば一番問題なくできたんじゃ・・・。次回がハルカスですから、上手く仕切ってくれそうな予感。2人ともと共演数から見て、面識はかなりあるはずですしねー。

 ただ今回の秘湯だよりのコーナーは次回以降もだらける可能性大ですが、構成作家さんはどう動かしていくのかが注目ですね!


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/927-d1ebb623
    この記事へのトラックバック

    花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

    crystal cage

    花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想 あらすじ 小説の中身を見られた次郎丸は、なんと緒花を捕まえて波の間に捕らえてしまった。 民子と菜子は緒花の復讐のまかないに恐れていたが、姿の見えない緒花を探す事に。 そしてすぐに菜子たちに見つかり、次郎丸は

    花咲くいろは 第03話

    まぐ風呂

    [関連リンク]http://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/第三話 ホビロン次郎丸に迫られた緒花果たして緒花の運命やいかに!?_さて民子と菜子は緒花の作るまかないに覚悟しながら部屋に入るもな...

    【花咲くいろは】3話 緊縛シーン美味しゅうございました

    にわか屋

    花咲くいろは #03 ホビロン 345 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 22:34:22.23 ID:kQva//NO0 おもしろかった こんなにオリジナル豊作でいいんだろうか ...

    花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    SERA@らくblog

    私、輝きたかったんだ――。 予想もできない面白展開(笑) サービスシーンまであって、本当にいたれりつくせりですね♪ お約束もバッチリだし(?) 旅館で起きた事件の解決はやっぱり断崖絶壁ですw    ▼ 花咲くいろは 第3話「ホビロン」  復讐のまかな

    花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

    のんたんのanime大好きブログ

    「花咲くいろは」は日曜日を待ち遠しくさせるほど視聴していて面白いですし、今回は色っぽい女の子の姿を見ることもでき満足です それにしましても今回はいつも以上に蝶が映し出されていたように思われのですが、蝶はもちろんのこと鳥や花の象徴から作品と結び付け...

    花咲くいろは 03話『ホビロン』 感想

    てるてる天使

    前回の続き(*^ω^*)

    花咲くいろは 03話『ホビロン』

    本隆侍照久の館

    「うざい。ちっちゃいくせに声でかい。死ねって言うなって何なのアイツ。ふざけんな死ね」

    花咲くいろは  第3話 ホビロン

    つれづれ

     ほんとに  びっくりするほど  論外

    花咲くいろは 第3話 ホビロン【伊藤かな恵さんの仕事】

    しるばにあの日誌(新館)

    第3話 ホビロン 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201104/article_22.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが、送信先に記載...

    花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    ☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~

    「私… 頑張るよ。 この場所で輝けるように…………」 うん、最後はうまく締りましたね。最後は・・・ねw 緒花が新たな決意をしました、どんどん成長している姿が描かれていますね。 さて、下の文章で色々書いていきますか・・・www

    [アニメ]花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    所詮、すべては戯言なんだよ

    あぁ、好きだ。この世界のみんなが好きだ。もうね、そのうち「好き」という言葉の変化形略も民子に作ってもらいたい。

    花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    WONDER TIME

    「自分でも気付いてない私の事、分かってくれてました!」 私 輝きたいんです――! 嘘がばれて旅館から逃げ出した次郎丸を追う緒花達!    緒花の復讐のまかない と言う事で文句を言う民子に潔く復讐さ...

    花咲くいろは‐第3話 『ホビロン』

    冴えないティータイム

    本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 今期No.1は、『花咲くいろはに』決定だな! シリアス、ギャグ、エロ…まさに全てを兼ね備えた作品ですね。素晴らしいの一言につきますw まさか、ここにきて火サス要素投入とは。まさか、...

    花咲くいろは 第三話『ホビロン』

    風庫~カゼクラ~

    まさか「ホビロン」の意味がそんなんだったなんて・・・(笑) 緒花の言う通り、ここまで気合い入れて嫌われるといっそ気持ちイイかも。 相手をよく見て自分の気持ちと向き合わないと あそこまでノートに書き綴ることはできませんよ。 “好き”の反対語は“嫌い”じゃなく…

    花咲くいろは 3話「岡田磨里さんはエロイのかも」(感想)

    失われた何か

    「ホビロン!」 [ホビロン] 「ほんとにびっくりするほど論外!」の略である。 孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵の事ではない。 -岡田磨里用語の基礎知識(2011年度版より)-  

    花咲くいろは 第3話 『ホビロン』

    ティンカーベルをください

    本当にビックリするほど論外!! サブタイ、悪口の省略形だったんだw民子の努力、すごいw まかない作りの途中でいなくなった緒花。 里芋とほうれん草が大量…(゚∀゚) その頃、緒花は波の間にいたけ...

    花咲くいろは 3話

    アニメ徒然草

    はよう泡まみれになろうや。 というわけで、 「花咲くいろは」3話 緊縛少女の巻。 憧れのカンヅメ生活。いや、憧れんなよ。 でもまあ、その気持ちは分からんでもない。 形だけ真似してみて、作家...

    花咲くいろは 第3話『ホビロン』 感想 

    洒落た乾杯でも…

    エロ小説家がヤマカンに見えてしまった自分は末期かもしれない。 録画してたのを観て、ネットみてたらいつの間にか略称がえろはになってるのな。 昼ドラマ的なお約束が満載だったです。 もうちょっと後...

    花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    のらりんすけっち

    いい話 えちい話 ギャグ展開 …見事なブレンドでしたわw 一歩間違えばえらいことに(すでになってたけど)、どんと来い緒花ちゃんにはぴんく小説家も降参。 とんでもないいっぱい食わせ物でしたが、こ...

    花咲くいろは 第3話

    あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

    「ホビロン」 とんでもないドラマが私に降りかかっていたのです… ホントだぁww  こんな出来事そうそう無いと思われる((゚m゚;) 朝のまかないと途中に緒花が居なくなった? やっぱり波の間が怪しかったねww   軽く拉致というかこの状態じゃ、...

    花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    明善的な見方

    OP「ハナノイロ」いろは最高! 今週は萌え豚にとってはブヒブヒ鳴ける神回でしたね(笑) それ以外の人でも、話の内容的にも満足できたんじゃないでしょうか?

    花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

    *桜日和のお茶会*

    今週も「花咲くいろは」始まりました! 今期は個人的に微妙な作品が多いのですが このアニメは本当におもしろいですね! 3話からという形になってしまいましたが 今回から感想記事を書くことに...

    花咲くいろは 第03話 「ホビロン」

    ゆる本 blog

    同じ喜翠荘で働く同年代の女の子達からどうもハブられてしまっている緒花。 そこに原稿紛失という事件まで起こってしまう「花咲くいろは」の第3話。 「うざい、小っちゃいクセに声デカイ、『死ねって言う...

    花咲くいろは 第3話 感想「ホビロン」

    一言居士!スペードのAの放埓手記

    花咲くいろはですが、民子と菜子は新参者の松前緒花に振り回されます。賄いには腹いせのほうれん草と里芋が大量に用意されていますが、肝心の緒花がどこにもいません。その頃、緒花は自称・小説家の次郎丸に監禁されて縛られていますが、あまり緊迫感もなく、緒花もまった...

    花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    ドラマティックオンラインライフ

    新たなネット用語も誕生したような気がする花咲くいろは 第3話「ホビロン」 今回はいろいろ予想外の展開でしたが、一番意外だったのが菜子の活躍 まさか、菜子が活躍する事があるなんて(*・0・*) ワオ

    花咲くいろは 第03話 『ホビロン』

    こいさんの放送中アニメの感想

    自称作家先生はエロ小説家だった。そしてその秘密を知った緒花に危機が迫る。 普段も声大きいけど、こういう時も大きいんだ。 アナタ、輝きたいんでしょ。そのエロ小説の中身とは、緒花、菜子、民子によるレズものだった。 なんか路線が変わったエロ小説家は態度大きいだ

    花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想

    あめいろな空模様

    本当にこのアニメは面白い。エロ小説家をこう使ってくるとは。 第3話「ホビロン」感想は続きから

    花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 レビュー・感想

    ヲタブロ

    「わたし、輝きたいんですっ!」  案の定、売れっ子小説家なんかじゃなかった次郎丸さん、とりあえず官能小説を書いて宿泊費を稼ごうとしても失敗・・・そして監禁した緒花はお ...

    【花咲くいろは 第3話-ホビロン】

    AQUA COMPANY

    輝きたいんですっ!想いをその一言に込めて。

    緒花とかな恵の神隠し「花咲くいろは」

    Anime in my life 1号店

    ロリコンじゃない人は安易に「縛り」に走ってしまうってのは解ります。レイプしなければ興奮を得られないっていう精神の病んだ種族なんですね。往々にして殺人者か犯罪者正規軍になってしまう人々ということ...

    -

    管理人の承認後に表示されます




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。