--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 「リビドーなお年頃」 簡易草子

2011年02月27日 21:16

「その戦い方、よろしくないわね、タウバーン!」byケイ・マドカ
「あの子の貪欲さには理由がない。純粋に、より刺激的な何かを常に求め続けてる。破壊に繋がる危険なリビドーだわ。いずれは世界を揺るがす存在になりうるモンスターなのよ!」byワタナベ・カナコ
「だが、本当に強い力を手にすれば、失った全てを取り戻すことができる。いや、取り戻してみせる!」byミヤビ・レイジ
「どう、興奮するでしょ、命のやり取りは?これはあなたの経験してきたどんな男女関係よりもはるかにお互いの存在を感じ合うことができる!究極に刺激的なプレイなのよ!!」byケイ・マドカ
「たぶん、好きな男が他の女と目の前でいちゃつくのが我慢できなかったよ♪」byワタナベ・カナコ
「あの、部長。学園祭の舞台、あたしがキスの相手役に立候補します!」byアゲマキ・ワコ
「まさかリビドーの強さで負けるとは思わなかった・・・」byケイ・マドカ
「私は貴方には『本当に強い人間』になって欲しいと思っているの。だから自分を裏切った人間を許せる人間になって!それができるのは『本当に強い人間』だけよ。」byワタナベ・カナコ


 こんばんは、今回は記事が長いので少し更新の時間がかかってしまいました。さて、内容としてはタクト争奪戦でしたが、ワコとマドカの対決がついに終了。やはり病的な恋心には純粋なリビドーも相手になりませんでしたねー・・・。さすがワコという感じでした。ただ結局、最後の最後はカナコの良いところ取りになってしまいましたがね。(笑)

 久しぶりにサカナちゃんの声を聞きましたが、果たして本編ではもう一度登場することができるのかどうか・・・。それでは続きから書いていきます。ではいきましょう!綺羅星☆(‵・ω・)η(画像,台詞はアニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」に帰属します。)


STAR DRIVER 輝きのタクト 3 [CD付完全限定生産] [Blu-ray]価格 7980円(税込) 発売日 2011/03/23



[PSP] STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説価格 5229円(税込) 発売日 2011/03/03


にほんブログ村 トラコミュ STAR DRIVER 輝きのタクトへ
STAR DRIVER 輝きのタクト

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


概略

 アバンは、ニードルスターを破ったタクトの姿から。ニードルスターを助けて、サイバディだけを倒すやり方に納得のいかないウィンドウスターが少し不機嫌なのですが・・・。再びニードルスターはサイバディの復元を科学ギルドに急がせますが、それではタウバーンに勝てないと言うマドカ。そんなときに頭取とセクレタリーが現れます。頭取はプロフェッサー・シルバーの作り上げたオーバーフェーズ装置を高い玩具だと言いますが、そこでもう自分のもとには戻らないのかとウィンドウスターに尋ねるのでした。

 船に戻ってからシモーヌはカナコにマドカとの過去について聞きます。どうやらカナコのもとにマドカはいたようですが、自分のことを刺激的なおもちゃとしか思っていないと語ります。そのようなところにいるタカシのことを心配するシモーヌなのでした。そしてそのとき、タカシはマドカとコウを説得していますが、死すら恐れないのがバニシングエージだと言われ・・・。

madoka.jpg

 「神話前夜」まで間近のようですが、昼を取っているタクトとワコとスガタ。ワコはタクトがケイトと仲良くしているのが気になるようですが・・・。そこにマドカとコウが来ますが、そこでマドカはヒロイン役に立候補すると宣言し、それに動揺するワコなのでした。

 ウィンドウスターが実験に参加しているオーバーフェーズ装置ですが、それは第3.5フェーズに移行することができるとのこと。ただし、それには危険が伴うようなのですが・・・。そのことをヒデキから聞いているレイジですが、そこでソラとサカナちゃんとの出会いと別れを思い出しています。そして自分が強さを持つことで、愛する彼女たちを含む失った全てのものを取り戻すのだと語るのでした。

 カナコとのことは知らなかったと言い、演劇部に入ると考えているのかとマドカに尋ねるコウですが、マドカとタクトがキスすることはないということです。ケイトはイヴローニュになって、綺羅星十字団の基地へ。そしてウィンドウスターのオーバーフェイズ装置実験に立ち会いますが、そこでウィンドウスターに銀河美少年を殺すと宣告されるのでした。

 オーバーフェイズ装置を実験が始まりますが、プロフェッサー・グリーンの指揮とプロフェッサー・シルバーの主導の下に行われます。危険がないのかと止めるニードルスターですが、それを無視してやってと言うウィンドウスター。そしてヘーゲントとアプリポワゼするのですが、どうも装置の様子が変なようで・・・。そしてタクトたちはゼロ時間に誘われますが、そこでタクトはタウバーンを召還します。

hergent.jpg

 戦いはオーバーフェーズ装置でパワーアップしたヘーゲントがタウバーンと対峙しますが、ヘーゲントはマドカと一体化した状態に・・・。「スターソード」ペルムを呼び出し攻めかかるヘーゲントですが、それにタクトも応戦。しかし、タウミサイルを使えば、ウィンドウスターを殺してしまうと考えてしまって、強気で攻め込めないタクト。そして取り押さえられて万事休すのタクトですが、そこでワコが巫女の力を発動します。それによってヘーゲントとウィンドウスターの融合は解かれ、タウミサイルでヘーゲントを倒すのでした。それについてプロフェッサーグリーンと頭取がそれぞれの意見を言うのですが、それが気になるイヴローニュなのでした。

wakosugata.jpg

 夕方、演劇部に残るタクト,ワコ,スガタですが、ワコがサリナに今回のキスの相手役の立候補を伝えるのでした。そしてマドカとコウは島を出るとのことに。どうやらマドカは自分のリビドーがワコに負けたことで素直に去るということです。そしてタカシはおとな銀行に戻るのですが、それが納得いかないシモーヌ。それに対してカナコはシモーヌを宥め、シモーヌには『本当に強い人間』になってほしいと言うのでした。

kanako.jpg




掘り下げポイント

ワコの決意

 ワコは今回のメインではありませんでしたが、それでも話にはかなり動きをもたらしましたねー。今回のワコはタクトがケイトと話をしているシーンからタクトのことが気になって仕方ない様子でしたが、その後のマドカの気紛れに大きく動揺していましたねー。そのことからやはり心の中ではタクトと決めているんじゃないかと思います。

 そのままモヤモヤの溜まっていたワコですが、タクトがヘーゲントに殺されそうになっているところで、巫女の力を発動。巫女のサイバディの力はああいったことにも使えるんですねー。ただ、あれはゼロ時間の干渉によるものかもしれませんが、凄まじい・・・。最後は、ワコが夜間飛行の演劇「神話前夜」のタクトの相手役に立候補しますが、それに対するスガタとサリナの反応が気になるところです。

 ワコにとって今までのシーンを思い返すと、スガタがお兄さんのような存在で、タクトが恋する相手という感じでしょう。確かに、今までのスガタと接している様子だと、スガタに何をされても兄にちょっかいを掛けられているような反応ですからねー。それに対して、タクトにはどうも恋愛感情を持っているようで、気にある相手の行動は全て気になってしまうそんな感じでしょうか?

 マドカは前回の「三人の日曜日」で、マドカに体を乗っ取られたタクトに対して、ナイフを突き付けていましたが、それは愛情が深いからこそということなのでしょう。もはや偏愛や歪んだ愛、狂った愛情だと言われても仕方ないレベルになっているワコの恋愛感情にタクトは気付くのでしょうかね?それが次回の「神話前夜」で始まっていきそうな気がします。



マドカの決心

 前回のカラオケボックスでのワコの決意に恐怖を覚えたマドカでしたが、今回もワコの妨害についに屈服し、敗北を実感しましたねー。タウバーンを倒し、タクトを殺そうとしたマドカですが、それにワコの巫女の力でやられましたしねー。ただ、マドカは第3.5フェーズレベルでしたから、それに干渉するワコのリビドーはとてつもないということが明らかになりましたねー。

 マドカはワコを揺さぶることを楽しんでいますが、もしかすると自分よりも強いリビドーのある相手であるワコが気になっているのかもしれません。刹那主義者であるマドカですが、それを超えるリビドーを者はそう簡単にいませんからね・・・。

 結果的にはどうしてもマドカはワコに勝つことができず、それで島から出ることにしたのでしょう。どうしても自分の欲しいものは手に入れていたマドカの初の敗北なのかもしれませんが、今後のマドカはコウとどこに行くのでしょう。



ケイトの恋煩い

 今回のケイトはどうもタクトが気になって仕方ない状況でしたが、ただケイトの気持ちもワコ同様に恋なのかは少し微妙ですねー。スガタとのこともありますし、このままスガタをくっついてもらった方が問題は減るのですが、それ以前にあの「夜の営み」のシーンもありますしねー・・・。

 ケイトはタクトと仲良くなれたのは秘密の共有ができたからだと思いますが、それはワコにとっては嬉しくないことなので、果たしてこの関係はどうなるのでしょうね。ただ、ケイトはタクトのことに惹かれていると言うことがまだ表面化していませんし、さらには他人の恋を応援するタイプの方ですから、その恋心は泡と消えてしまうことは十分考えられますがねー。

 次回以降にケイトのことも語られる機会はありそうですが、どうして他人の恋の応援をするのかが非常に気になっているんですよねー。確かにケイトの幼いころの状態からだと、スガタへの好意の影響は垣間見れるのですがね。



カナコの強さ

 今回はまたもや魅せられたカナコの豪胆ぶりと器の大きいところ。カナコはマドカに高い評価をしていましたが、彼女がおとな銀行を離れるといったときに無理に追うことはしませんでした。それはカナコの才能が甚だしいからこそ出来ることであって、そのような人物はそうそういないでしょう。次のチャンクは少し難しいことを書きますので、面倒だと思った人は飛ばしてください。

 上に立つには常に、包括的な側面を計算して、その中でより最善の選択肢を選ぶ。それが自分の主観的意見において不都合なものであっても、それが最善の一手となるのならば捨てなければならない。いわゆる天才の意見は壊れているということにもつながるものなのですが、それはケインズのような社会計画的理念にも近いものだと思います。カナコの場合の場合は自分がサイバディの管理をすることで、愚かな行いは起こらないという信念のもとに、綺羅星十字団に入っている印象があります。他の誰よりもリビドーが高いのですが、それは裏を返せば、誰よりも他人に優しい人間。それでいてシモーヌが以前言っていたように、得体の知らない相手なのでしょうかね。

 カナコが気になる相手であるタクトですが、彼女にとって彼は今までの自分の考えを覆しているエラー的な存在なのかもしません。だからこそ興味が湧き、そのような自分が持っていないものに憧れに近いものを持っているのでしょう。また、自分でも根本的な解決できないことに対して、タクトは型破りな方法で方を付けていますので、その面での刺激も大きいかもしれませんね!ただ、そんなタクトも倒さなければならないと考えているのはカナコという人物なのかもしれません。



レイジの強さ

 カナコの強さに対して、あくまでも自分は無力だと考えているのがレイジ(ヘッド)。自分に力がないから、ソラにもサカナちゃんにも見放されたと思っているようですね。そして、そんな態度を変えることができるのは絶対的な力のみ。それによって彼女たちを取り戻せると懸命に頑張っているレイジですが、そんな彼はカナコと並ぶ天才。

 自信というものがあれば、おそらくカナコとも変わらない存在なのでしょうが、それが見えていないのがレイジなのでしょう。力への渇望だけがリビドーとして強く、それが凄まじいからこそ、レイジがバニシングエージの代表になれるのでしょう。まあ、知略もあるからだということはあるんでしょうが。タウのシルシを継承できなかったのは、その自信というものが欠如していたからかもしれません。タクトは「世界の声」を聞くということを実行し、それは一歩足を進めたのにかかわらず、レイジはそのことをしていないですから・・・。

 しかしレイジの強さは非常に不安定で、将来的にはそれでは自分の願いは叶えられないと気付きそうなのですが、そのときのレイジの反応が見所かもしれません。もともとソラもサカナちゃんもレイジが好きだったから、いなくなったのですから・・・。

 ただレイジと言い、タクトと言い、どんだけ女ったらしなんですか!?自分への好意を全く理解していないんじゃ・・・。さすが親子というべきなんでしょうかね。(笑)


スポンサーサイト

web拍手


コメント

  1. | URL | -

    ワコのは病的な恋心じゃないでしょw
    恋心はあるだろうけど、19話のときは、あれがスガタでも同じことをしただろうし、実際スタッフも、ワコは気持ち的にはスガタ寄り、と言われていました
    スタッフがワコの言動を狂った愛情として描いていないのは確かですよ
    嫉妬くらいならタクトだって今まで散々してきました

  2. 仙谷隆家 | URL | -

    >名無しさん

    コメントとご指摘ありがとうございます!

    私の意見はかなり主観的で、極端で、的の得ていないものです…。

    最近は、斜に構え過ぎて見ていました。それがワコに対する気持ちが歪んで見えていたのかもしれません。

    ワコの気持ちは確かにスガタ寄りであるのは、間違いないですよね。

    ただ、私はワコがスガタをお兄さん、タクトを恋人と見ているとした方がしっくり来るかなと思って、記事を書かせていただきました。ワコの気持ちが決まったといっても、私としては決定打はなしな気も感じているのですので。

    ナイフでタクトの首筋を切ろうとしたシーンの自分の受け取り方が読み不足でした。

    しかし、今回の記事は修正はいたしません。自分の記事のミスなのですから、甘んじて批判は受け入れなければならないです。次回以降は、可能なら修正させていただき、やむを得ない場合のみ『間違い』のまま続けていくと思います。

    最後に、どうかお名前の方をお書きになって頂ければ良かったと自分の我が儘を書かせていただき返事とします。

    これからも『まにまにな娯楽DAYS』の管理人・仙谷隆家の主観と客観が混ざる感想とは呼べない簡易草子をよろしくお願いします。m(_ _)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/895-ebf27761
この記事へのトラックバック

STARDRIVER輝きのタクト 第21話 リビドーなお年頃

crystal cage

第21話のあらすじ またしてもタウバーンに敗北したコフライト。こちらの身を案じながら戦うタクトに ウィンドウスターは苛立ちを露にする。そんな折、プロフェッサー・シルバーの研究していた オーバーフ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 「リビドーなお年頃」

つれづれ

 好きな男が他の女といちゃつくのが我慢できなかったのよ

(ワコ×マドカ)STAR DRIVER 輝きのタクト 21話「リビドーなお年頃」(感想)

失われた何か

今回はワコが大活躍!! 彼女の想いは十字団の新兵器を打ち砕きます!1 リビドーとは純粋に何かを想う気持ち。 ワコのリビドーはマドカよりはるかに強い事がわかった話でした。 またワコに負けを認めたマドカも素晴らしかったです。 そしてカナコの言葉の意味...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話「リビドーなお年頃」

SERA@らくblog

タクトは勝つ時も 相手を助ける余裕のある戦い方。 それが屈辱なウィンドウスターは、危険な新システム・オーバーフェーズを使うことも臆さない。 命に危険がともなうサイバディの修理も平気なニードルスタ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 「リビトーなお年頃」

アニメって本当に面白いですね。

STAR DRIVER 輝きのタクト   お勧め度:お勧め   [SF]   MBS・TBS系 日 17:00   監督 : 五十嵐卓哉   脚本 : 榎戸洋司   キャラ原案 : 水屋美沙×水屋洋花   キャラデザ・ ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 21話『リビドーなお年頃』 感想

てるてる天使

サカナちゃん再登場(´・ω・`)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話『リビドーなお年頃』

洒落た乾杯でも…

本当にちゃんと終わるんだろうか? そんな不安が強い、スタードライバー輝きのタクト21話の感想です。 それよりも、いつもと微妙に違うなぁ~と観ていたら、絵コンテが長崎健司さんだった! 2話や...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話「リビドーなお年頃」

WONDER TIME

「今日これから 銀河美少年タウバーンを殺します」 ついに新たなシステム、オーバーフェーズ・システムが完成! タウバーンのピンチに、ワコの力が…!    【第21話 あらすじ】 綺羅星十字団・科学ギ...

【ノーブラ?】STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話「リビドーなお年頃」

世界日本ハムの哀れblog@人は、平等ではない!

 正々堂々。前回の感想記事の多くで「キャメルスターは卑怯」「正々堂々じゃない」って書かれてましたが、私ぁ別に構わんと思いますけどね。自分の勝率が上がるように策を講じる、戦なら当たり前じゃないです...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話「リビドーなお年頃」

破滅の闇日記

STAR DRIVER 輝きのタクト(1) (ヤングガンガンコミックス)(2011/02/26)BONES、KEY by Ylab 他商品詳細を見る  おとな銀行からバニシングエージに出向した者達の物語がひとまず決着を迎えまし...

【輝きのタクト】21話 カナコ様マジ聖人君子

にわか屋

STAR DRIVER 輝きのタクト #21 リビドーなお年頃 810 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 17:23:34.24 ID:Xwtv2OtZO あと三話?まとまるのかコレ 811 ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 21話

アニメ徒然草

学食でスガタと同じメニューをチョイスするメガネ委員長がかわいすぎる。というわけで、「STAR DRIVER 輝きのタクト」21話しっとマスクの巻。ところでこのサイバディと一体化した敵 ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 21話『リビドーなお年頃』

本隆侍照久の館

コフライトとの再戦。 しかしながら、ニードルスターとタクトとの差は短期間では埋まっていない。 タウバーンはまたもタウ・ミサイルで決着をつけ、ニードルスターとともに勝利を手中にする。

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話「リビドーなお年頃」

Spare Time

『綺羅星十字団・科学ギルドにおいてオーバーフェーズ・システムという新たな装置が完成する。それは、サイバディの状態を人為的に第3フェーズ以上のものに進める事ができるという画期的なものであった。』 ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 「リビドーなお年頃」

雑食生活の日々

これが伏線になっていたとは・・・ コウ&マドカ編 完結 スタードライバー21話

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 『リビドーなお年頃』

こいさんの放送中アニメの感想

そういえばキャメルスター倒してもニードルスター居ましたね。珍しく連戦です。しかし策も無く勢いで出てきただけなので、ほぼ一方的にタクトが勝利。負けたことよりも、タクトが自分達を殺害しないことにマドカとコウはご不満な様子。真剣にやっていない、対等の相手と看...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 「リビドーなお年頃」 感想

ひえんきゃく

公式でスタドラキャラクター人気投票が始まっていますね。 カナコ様に1票投じてきました! 今回の話は、恋する女の子の嫉妬が最強ということで(笑) 綺羅星十字団・科学ギルドにおいてオーバーフェ...

スタドラ21話 リビドーなお年頃 感想 自分を裏切った相手を許せるようになって。

KAZUの暮らし

リビドーとは、日常的に性的欲望または性衝動と同義に用いられる。 対義語はデスロルドーと言われているが正確な対義語ではない。   wikiより引用。

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話「リビドーなお年頃」

隠者のエピタフ

バニシングエージは命知らずのチーム

STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十一話「リビドーなお年頃」

月の満ち欠け

「スタードライバーのメンタリティは時として理解できないものがあります」 ワコの嫉妬は、ある決意を導き出す。

STAR DRIVER 輝きのタクト #21

あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

「リビドーなお年頃」 本当に強い力をこの手にすれば 失った全てを取り戻す事が出来る いや 取り戻してみせる! そういったヘッド  これは去って行ったさかなちゃんも取り戻したいという事なんでしょうねww 逃げた魚は本当に大きかったってコトだね ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 「リビドーなお年頃」 感想

wendyの旅路

戦いの在り方―

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 感想「リビドーなお年頃」

一言居士!スペードのAの放埓手記

STAR DRIVER 輝きのタクトですが、綺羅星十字団はオーバーフェーズ・システムという新たな装置を開発します。ツナシ・タクト、アゲマキ・ワコ、シンドウ・スガタたちは学食で青春を謳歌していますが、「神話前夜」というポスターが必要以上に貼ってあります。(以下に続き...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話「リビドーなお年頃」感想

サラリーマン オタク日記      

あれはワコの何だったのか?巫女パワー? 一見王の柱の様な力にも思えましたが、ワコがそんな力を持っていたとは驚きです。 あれは、ワコの第一フェーズの力なのか?とも感じましたが 以前 スガタの第一フェーズである王の柱が 第3フェーズのサイバディには効かないとい…

STAR DRIVER 輝きのタクト_第21話『リビドーなお年頃』感想 / テレビアニメ

サブカルサイクル

一言結論:喪失を知ったうえで進む男と、臨む覚悟を決めた少女。主人公は出遅れ?  ネタバレありますので、以下は続きから。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。