--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

Angel Beats! SSS(死んだ世界戦線)RADIO 第40回 簡易草子

2010年12月31日 13:46

「生きてますか?成仏してないですか?聴いてやんよ!!」by店長
「あの~、緒方さん、神谷さん助けてください!」byはるるん
「ちょっと、喜多村さん助けてください!」by緒方さん
「音無さ~ん!」by店長
「ゆりっぺは、みなさん知ってますか、『音痴』っていう設定なんです!」byはるるん
「目が死んでる・・・」by神谷さん
「公録自体が私にはムチャぶりです!・・・帰りたい」byはるるん
「浩美ちゃん、大丈夫ですか?僕は非常に心配しています。」by神谷さん
「はい、来年からは、櫻井は神谷さんからの信頼を取り戻せるようにしっかりとやっていきたいと思います。」byはるるん
「お前、この番組に『愛』はないのか!?」by店長
「昨日の夜から悪夢を見て、あまり寝つけず、えー、終わってみれば、やっぱりねっていう感じですねー」byはるるん


 こんにちは、これでひとまず今年のインターネットラジオ記事も最後となります。しかしホントに公録の緊張感でダメージを色々と負った声優陣でしたねー。まあ完全にはるるんは途中から放心状態になっていましたが・・・。ともかく、この番組初の公録は問題点もいろいろありましたが、やはり司会役は緒方さんが適任じゃないかと思いますね。(笑)

 この後は残り2記事書かなければならないので、夕方に1つ(アニメ総括第2夜),夜に1つ(2010年感謝の言葉)を書きます。少し時間はいつになるかは定かではないですが、もう一度足を運んでいただければ幸いです。

 それでは続きから書いていきます。ではいきましょう!

響のABRのホームページ(http://hibiki-radio.jp/description/ab_sss


[CD] Last Song [完全限定生産]価格 1575円(税込) 発売日 2010/12/08



[本/雑誌] 電撃G's Festival! Comic (デンゲキジーズフェスティバル! コミック) Vol.15 【付録】 Angel Beats! 「ユイ」抱き枕カバー (雑誌)予定価格 2600円(税込) ※価格変更のご注意 発売日 2010/12



[Blu-ray] Angel Beats! 7 [完全限定生産] 価格 7350円(税込) 発売日 2010/12/22



内容

先週までの「Angel Beats!」

おい、櫻井どうした!?

 はるるんの失態や店長のクラウチング土下座などが挙げられますが、総じて言えるのは、はるるんのテンパり方。それに対してカナーンと店長がはるるんを攻撃しますが、それが自分のスタンスだと開き直るはるるん。収録前のリハーサルからはるるんがいっぱいいっぱいになっていていたようで・・・。そしてはるるん,カナーン,店長は3人揃ってゲストの神谷さんと緒方さんの仕事ぶりに感謝するのでした。

 そしてここから客弄りをする店長ですが、今回のコーナーは映像を使ったものが多いということを語ります。そして客席に生存確認も兼ねて、店長は言葉を投げかけます。そしてそのときに「やんよ!」は共通語だと気付きますが、そこではるるんは「親友」もやってほしいとご所望の様子。それを神谷さんにやらせようとするはるるんですが、それでは言われる側の立場なのではと店長がツッコミを入れるのでした。


おい、櫻井どうした!?part2

 ここでゲストの紹介をしていなかったことが発覚して、はるるんに紹介してから始めるようにと促す店長。ここで自己紹介になるのですが、あまりのはるるんの仕切りに爆笑と混乱に包まれる会場。それをどうにか店長の腕で収めて、自己紹介に入るのでした。パーソナリティは櫻井浩美さん,花澤香菜さん,喜多村英梨さんとゲストは神谷浩史さん,緒方恵美さん。

 緒方さんはここではるるんの進行にクレームを言い出します。どうやら台本には、引き続き神谷さんと緒方さんがゲストだという話題を振って、トークという予定でしたが、その音沙汰が全く無しだったようで・・・。それを構成作家さんのせいにするはるるんに、爆笑のカナーンと神谷さん。それを見た店長ははるるんの見えるところでやるようにと構成作家さんに移動をお願いするのでした。


はるるん暴走中!?

 機能停止状態のはるるんをなんとか元気にしようとするカナーンと店長ですが、どうやらはるるんのテンションが低いのは大宙さんがゲストに来てからということで、大宙さんのせいにするカナーン,店長,緒方さん。ここでどうにか奮起するはるるんですが、ここで年賀状をもう書いたかと質問します。ムチャぶりに上手くこなす神谷さんと緒方さんですが、緒方さんはここで今年の個人事務所の年賀状が紙粘土で作った直井の帽子だと語るのでした。

 それを聞いた店長が異常な食いつきをするのですが、ここではるるんは進行を始めます。どうやら最近ゆりのコーナーがカットされ続けていることもあり、それを挽回するために「年の瀬だけど、入隊してくれないかしら?」をすると宣言するのでした。



年の瀬だけど、入隊してくれないかしら?

おい、櫻井どうした!?part3

 暴走進行のはるるんは突然むりやり「親友」の台詞を言いだしたり、台本通りに読めなかったりと散々な状態に声優陣も苦笑気味。誤植を直すことをしようとして、テンパったはるるんに緒方さんは、会場のみんなにはるるんへエールを送るようにとお願いするのでした。


「入隊してくれたら、ともだちコレクションであなたを作ってあげるわ!えっ、どうせ似てないからいい?じゃあ、あんたがやってみなさいよ!!もし似てなかったら、強制入隊よ!!」

 会場の反応は上々ですが、ここで神谷さんと緒方さんに助けを求めるはるるん。そして自分はお便りを読むだけだから、カナーン,店長,神谷さん,緒方さんで面白可笑しく処理するようにと言うのでした。困った緒方さんは店長に助けを求めますが、それに店長は「音無さ~ん」という直井のモノマネを解禁からのクラウチング土下座。グダグダになっている店長は、この状態に胃腸炎になりそうだと零すのでした。それでも緒方さんははるるんが読んで、残り4人でフォローすると宣言するのでした。


「あなたが食事をするときは、あ~んしてあげるから、入隊しなさい!」
 「あぁ、良い」と呟くカナーンですが、会場の反応は前を下回ったようで、この5キャラで誰に「あ~ん」してもらいたいかという話題に。それに会場の反応は5人ともとてもいい反応なのでした。超気持ち良い気分になったはるるんはその気持ちを引きずりながら、次へ。


「さて、本日の血液型占いの結果を発表するわ!1位はA型のあなた。今日運気は最高潮。やったわね、こんな日は気軽に入隊すると良いことがありそうよ!2位はB型のあなた。ジワリジワリと運気が上昇中ね。入隊すれば、もっと上がると思うわ!3位はAB型のあなた。少し運気が落ちてきているけど、これぐらいならまだ間に合うわ。今すぐ入隊すれば、V字回復間違いなしよ!そして4位はO型のあなた。正直、運気は最低最悪ね。何をやっても不幸に見舞われるわ。そんなあなたのラッキープレイスはSSS!ラッキーパーソンは『あたし』!ラッキーワードは『入隊』ね!以上、占いはこれでおしまいよ!!明日もちゃんと聴きなさい!!!」

 長いお便りを読んだはるるんには会場から歓声が。そして緒方さんにフォローを求めるはるるん。神谷さんは血液型占いを信じるのかという話題に持っていきますが、信じないとバッサリのカナーン。どんどん墓穴掘っているカナーンですが、はるるんにはそれが大ダメージになっているようで・・・。頭を抱え自分には話題を振らないでと言うカナーンを無視して、次のお便りにはるるんが移るようにと緒方さんに促されるのでした。


「ハルバート型の肩たたき機が売っているから、入店してくれないかしら?」

 電動ハルバートは嫌だなと言う緒方さんですが、はるるんはこれで入店したくなったかと会場に尋ねます。反応はあまりにも良すぎて、会場は何でもいいんだろとつい言ってしまうのでした。ネクストと言う緒方さんに促されて、はるるんはアイアイサーを答えながら次へ。


「唐突だけど、この戦線メンバーが描いてあるポイントカード欲しければ、ヨドバシカメラに入店してくれないかしら?」

 できたら入店間違いなしという声優陣ですが、ゴールドポイントカードに自分たちが油性で何か書こうと言い出すはるるん。神谷さんはキャラの絵を入れたカードを作ればめちゃくちゃカードを発行できると熱く説明し、ヨドバシカメラにどうかと聞いてみるのでした。そして緒方さんは期間をある程度長くしてほしいという補足も加えて。

 さらにカードは第1巻~第7巻までの全巻をヨドバシカメラで購入した人限定と言うはるるんですが、それでもう一回イベントをしてみたいのだと語ります。そして自分たちがやりたい放題だと気付く声優陣なのでした。


「今度、ヨドバシの歌を録り直したとき、あなたの名前を歌詞の中に入れてあげるから、入店してくれないかしら?」

 それに魅力があるのかと言う神谷さんですが、それをさらに戦線メンバーが歌うならどうかと言うはるるん。それを聞いて緒方さんはハードルを上げたはるるんに反撃として、パーソナリティは替え歌が得意と言う話題にムチャぶり。その矛先ははるるんに。ただその会場からの攻撃をどうにか緒方さんはフォローし、じっくりとスタジオを取ってもらって、やるのならという妥協案を打ち出すのでした。


「あなたの住んでるところはどこ?外国のカナダに住んでいるのねぇ!じゃあ、ヨドバシカナダを作ってあげるから、入店してくれないかしら?」
 唐突なフリに感謝した緒方さんですが、一番期待はポイントカードとこのこと。このままはるるんはそのことに突っ走っていこうとするので、神谷さんがこのお便りは無視かとツッコミを入れるのでした。それに対してカナダでもポイントカードでも作ると言うはるるんなのでした。最終的にはSSSに入隊したくなることにまとめるはるるんですが、これが終わったらヨドバシカメラに行くようにとアナウンスするのでした。



ガルデモメンバー紹介

グレーよりもブラックに近い!?

 今回は紹介されたメンバーのグラフィック付とのことですが、取材陣の方々はこれを報道するのは大人の事情でかなり困難なものとなっているようです。声優陣も分からないようですが、写真は気を付けるようにとのことでした。

「地球への帰還と感動:はやぶさ,琵琶:蝉丸,割れんばかりの大歓声:観衆,ギター&ヴォーカル:ユイにゃん」

 最終的には良いところで落ち着いたということですが、今回はスペシャルということでバンド名を付けなければならないということになったとアナウンスする店長。そのムチャぶりに困る声優陣ですが、はやぶさの扱いが・・・。


「天使なんかじゃないパート:花澤さんが描いたともだちコレクションの『天使』,説法:瀬戸内寂聴(せとないじゃくちょう?),ファイナルアンサーのため:みのもんた,エイドリアンパート:シルベスタ・スタローン」

 みのもんたを見た瞬間にこれはダメだと思った声優陣ですが、話は早速カナーンのともだちコレクションへ。そしてバンド名を考える声優陣ですが、「ロッキー」と言う神谷さん案で決定するのでした。


「シャッター音:戦場のカメラマン渡辺陽一,SSS:ゆりっぺ,女将に対する怒鳴り声:海原雄山,メンバーに抱きつく人:音無」

 絵を見て、二次元っぽい人ばかりになってしまったという感じになったようだと語る声優陣。ただ海原雄山と渡辺陽一は絶対に合わないと言う話題に・・・。そしてバンドにならなそうなバンドですが、最大の被害者になりそうなのは音無ということでした。

 店長は元ネタがあって分かりやすかったと言うこともあったようですが、インパクトも十分だったようで・・・。そして店長は会場の観衆にこのことは心の中に仕舞っていて欲しいと言うのでした。



エンディング

エンディングにどうにか突入・・・

 どうにかエンディングを迎えましたが、もっと聴きたい方はブシロードとタブリエにメールを送ってほしいとのこと。もっと大きな公録を出来たらと思っているようですが、そこではるるんの話にインサートされる観衆の神谷さんの直井のモノマネ。それを聞いて、はるるんは神谷さんにお願いをするのですが、それに緒方さんが抗議。そのモノマネの発端は店長で、原因はキャラコメだということですが・・・。


おい、櫻井どうした!?part4

 そして話は戻りますが、カナーンは人数が増えたら司会のはるるんが大変だと言い出します。しかしそれに今回で自分ができないことが分かったのだから、今度は神谷さんと緒方さんにやってもらいたいと。そしてどうにか終われたことを褒める神谷さんと緒方さんですが、はるるんは公録自体が自分にはムチャぶりだったと感想を述べるのでした。


神谷さんのはるるん株大暴落

 そして店長は神谷さんに来年のラジオの放送のメッセージをお願いするのでした。内容ははるるんの体たらくについて。どうやらアニメの収録では素晴らしい仕事ぶりだったこともあって、今回のラジオの公録での酷さが・・・。そして店長にはるるんのフォローをお願いすることと自分を本放送に呼んでほしいと言うことを話してメッセージを終えるのでした。


おい、櫻井どうした!?part5

 ここではるるんは来年は神谷さんからの信頼を取り戻すと言い、公録自体は楽しかったということですが、なんとここで声優陣への感想を聞くことを放棄。それを見て、さすがの緒方さんも鬱憤が爆発。それを見かねて店長は来年のラジオへのメッセージも緒方さんにもお願いし、はるるんをどうにかしないと駄目だと危機感を感じたようなのでした。そして緒方さんからのメッセージの後に、緒方さんが司会で声優陣の感想へ。


愛されている櫻井浩美

 カナーンは腰が治ってよかったことと緒方さんとのスキンシップができて良かったと。そして店長はやはり緒方様と一緒にいられて良かったと。そして神谷さんはお疲れの様子ですが、AB!の人気の凄さに驚いたとのことでした。続いて緒方さんは、今後戦線メンバーと楽しい場が持てたらということでした。

 最後にはるるんがまとめるということですが、楽しかったで締められたと反論。それに対してみんなから非難浴びたはるるんは今度あるときもみんなに支えてもらいたいと語るのでした。

1271519296.jpg

個人的感想

 今回のメインははるるんの司会の状態でしたねー。前回まではギリギリの評価ではありましたが、悪くはないという感じだったので、今回の酷さは際立ちました。ただそれをフォローする緒方さんと神谷さんの力が凄まじい・・・。とりあえず、声優陣はホントに多くの観衆の前での公録お疲れさまでした。

 基本的には司会能力が途中で喪失してしまったはるるんを支えるだけで、他の声優陣が精いっぱいになっていた感じですねー。店長はラジオ慣れしていても、公録には慣れていないこともあるのかもしれませんが、それでももう少しはるるんのコントロールを・・・。

 内容的には普通にそつのないものだった感じで、それほど問題があった気はしませんねー。ただやはり仕切り方が・・・。とりあえず、来年は櫻井さんの再起が最優先課題でしょう。それをするのはキタエリの役割になりましたが、ホントに大丈夫かな・・・。

 これでSSSラジオも今年最後ですが、内容的には全体的に緩い感じでしたが、とても1人1人の持ち味を出せているのは良かったと思います。ただ、はるるんは徐々に裏名の方とキャラが近づいてきているという感じもするので、気を付けた方が・・・。


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/846-54e97a1e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。