--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

朝日杯FS&阪神C&愛知杯 結果

2010年12月20日 23:12

「どうも予想が上向いても、馬券の詰めが甘いな・・・」

 こんばんは、朝日杯FSで去年と同じような失敗をしてしまった仙谷隆家です。しかし、ホントに相性が悪いレースなんでしょうね。もうすぐ有馬記念ですが、こちらはぜひとも当てたいところでしょうね!まあ、もう大体決めてはいるのですが。

 続きから書いていきます。ではいきましょう!

にほんブログ村 トラコミュ 今週の重賞・メインレースの予想へ
今週の重賞・メインレースの予想

にほんブログ村 トラコミュ 競馬(重賞中心)へ
競馬(重賞中心)

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ・2歳限定定量戦・中山芝1600m外回り)

「東京千四から中山千六へ、バクシンオー産駒の夢はマイルの世界へ」

レース回顧

 スタートしてハナを主張するのは戦前の予想に反して、果敢に内から飛び出すオースミイージーで、2番手にシゲルソウサイ。展開はある程度速い流れで流れるのでした、好スタートからリベルタスが好位につけ、中団からリアルインパクト,グランプリボス,アドマイヤサガスが追走し、出遅れたサダムパテックといつもの定位置のリフトザウイングスが後方からの競馬でした。

 そのまま後続勢が4コーナーから追撃を開始して迎えた直線。オースミイージーが先頭で粘りますが、それに中からリベルタスが上がってきます。200mあたりで内を突いて伸びてくるのはリアルインパクトで、外から伸びるのはグランプリボス。そしてようやく後方からサダムパテックとリフトザウイングスが襲ってきます。さらにうちでも大混戦になっており、ゴール前は団子状態。

 その中でも外のグランプリボスの脚が目立っており、そのまま勝ち切るのでした。2着リアルインパクト,3着リベルタスのディープインパクト産駒で、4着に1番人気のサダムパテックで、5着にリフトザウイングスなのでした。



私の結末

 1着△,2着△,3着…でハズレ・・・。しかし本命のマイネルラクリマは6着で悔しかったです。;;もう少し前で競馬をすれば、掲示板に載れそうでしたが、さすがに前が開かなかったのは残念だったですねー。しかし、阪神JFの方がレベルが高かった印象があるのは私だけでしょうか?



個人的感想

 1着のグランプリボスは完全にアドマイヤサガスの進路妨害をしていましたが、それに重い罰則を取られなかったのは驚きでした。今年の斜行はホントに多いですよねー。さて、レース内容よりもこの血統で勝ったことが印象的でした。サクラバクシンオー×サンデーサイレンスでよくマイルをこなせたのはすごいですよねー。まあ中山千六をこなせたからといって、来春のNHKマイルCの最右翼は早計な気はしますがね。この馬にはやはりあっているのは外国人ジョッキーで果たして次走は誰に乗ってもらうのか注目です。どうも日本人ジョッキーではデイリー杯2歳Sと同じ轍を踏みそうなので・・・。

 2着のリアルインパクトは内を突いて無駄なく競馬をしての結果ですから、力は出している印象。ただやはりこの馬も千六は長い印象で、理想は千四までなのかもしれませんねー。ただディープインパクト産駒に見られる器用さが非常に感じられるレースでした。

 3着のリベルタスはやはり不器用さがあるタイプでしたが、今回の好スタートから好位の競馬で上手くレースをした印象です。2着のリアルインパクトに比べて、迫力のあるフォームでこちらは中距離路線で期待してもいいかもしれません。ただ意外にNHKマイルCの方が皐月賞よりも期待できそうなんですよねー。

 4着のサダムパテックはスタート出遅れで、後方から詰めたもののやはり距離が短かった印象ですね。器用にレースはできるようなので、もう少し距離があるところで走っても活躍できそうな予感はします。たぶん、皐月賞に出てきて朝日杯組で善戦しそうなのはこの馬くらいでしょうから・・・。

 5着のリフトザウイングスはやはり器用なタイプでないので、東京・京都や阪神の外回りでの競馬を見たいと感じます。距離はしかも今回は短い印象で、二四くらいまで延長しても大丈夫かなと感じますねー!ただ中山コースはあまり信頼度が高いタイプには見えません。





阪神カップ(GⅡ・3歳以上定量戦・阪神芝1400m内回り)

「マイル惨敗でも、持ち場で復活のキンシャサノキセキ!」

私の結末・個人的感想

 1着◎,2着…,3着…で、単勝3.9×100円,複勝1.8×100円の計570円の的中だけでした。しかしレッドスパーダがここまで走るとは思いませんでしたねー。藤沢厩舎の仕上げはホントに上手いかもしれませんねー!

 1着キンシャサノキセキ,2着レッドスパーダ,3着マイネルフォーグ,4着ガルボは完全に前残りな印象で、1番人気のゴールスキーは展開が向かない苦しい内容で5着。とにかく前が止まらないレースでしたねー。今回の上位メンバーは千四の適性もあったようで、レッドスパーダは初距離でしたが、タイキシャトル産駒らしい走りでした。マイネルフォーグは終いがかかれば強いタイプですので、冬場の馬場では要注意かもしれませんね。

 キンシャサノキセキは展開不問で距離が千二~千四なら、もう今のその距離ではスペシャリストという感じです。来年ももしかしたら阪神千二の高松宮記念でも勝ち負けできるかと思います。ただどうしてマイルは走れないんですかねー。(笑)





愛知杯(GⅢ・3歳以上牝馬限定ハンデ戦・小倉芝2000m)

「故障のアクシデントも前々での競馬でSロンプ!」

私の結末・個人的感想

 1着○,2着△,3着…でハズレ。しかしテイエムオーロラのアクシデントでムードインディゴとレディアルバローザが被害を受ければ、もはや的中は無理ですよねー。しかし、テイエムオーロラは予後不良ですが、安らかにお眠りくださいとしか言えませんねー><

 勝ったセラフィックロンプも復調した印象ですが、被害のあった後方で伸びてきたブロードストリートはさらに良い内容でした。叩き良化型なタイプなのかもしれませんが、それ以上にアグネスタキオン産駒らしいタイプだと感じました。だいたい3着以内に前走に入ると復調かなという感じなのでしたが、それを見事にしたブロードストリートは素晴らしいですね!

 それに勝ったセラフィックロンプはマンハッタンカフェ産駒らしい先行しての粘り込みで強かった印象です。1キロ差もあったと思いますが、やはりローカルニ千では強い感じなんでしょう!


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/823-9258aee5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。