--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

マイルCS&東京スポーツ杯2歳S&福島記念 結果

2010年11月22日 22:13

「今週は完敗でしたねー・・・」

 こんばんは、どうも日曜日は調子が悪かったり、スケジュールがカツカツで更新できませんでした、すいません。月曜日更新にさせていただきます。そして今週の競馬結果記事は、中心のレース以外は自分の予想結果と感想だけ書くことにしました。さすがに時間が無いので・・・。

 続きから書いていきます。ではいきましょう!

にほんブログ村 トラコミュ 今週の重賞・メインレースの予想へ
今週の重賞・メインレースの予想

にほんブログ村 トラコミュ 競馬(重賞中心)へ
競馬(重賞中心)

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


マイルチャンピオンシップ(国際GⅠ・3歳以上定量戦・京都芝1600m外回り)

「高速の京都マイルをEフォワード敢然と制す!」

レース回顧

 スタートしてすぐに予想通りジョーカプチーノがハナを主張しますが、それにスマイルジャックやライブコンサートやオウケンサクラ、テイエムオーロラが付いていきます。その後ろに勝ったエーシンフォワードとゴールスキー、そしてキンシャサノキセキが追走し、中団にワイルドラズベリー。後方からトゥザグローリーやダノンヨーヨー、サプレザなどが待機するのでした。

 掛かり気味で飛ばしたジョーカプチーノの逃げに苦戦する各馬ですが、迎えた直線。先頭に立つのは内を掬ったスマイルジャックですが、それを中から伸びてきたライブコンサートが抜き去ります。しかし、やはり展開が速かかったようで、その後ろにはエーシンフォワードが猛追して、一気に交わします。そのまま先頭に立つエーシンフォワードですが、それにゴール直前でダノンヨーヨー,サプレザ,ゴールスキーの強襲で突然4頭の大接戦になるのでした。

 それでもどうにかエーシンフォワードがクビ差抑えてのレコード勝ち。2着には1番人気ダノンヨーヨー、,3着はゴールスキーでした。2番人気のサプレザは4着,3番人気のキンシャサノキセキは13着の惨敗でした。



私の結末

 1着…,2着…,3着△でハズレ。本命2頭が直線での脚色を見た瞬間に外したと諦めました。さすがにあんなにジョーカプチーノが飛ばすと、もはや展開自体に読みが甘かったとしか言えませんねー。ただやはりジョーカプチーノががいると予想がしづらい。



個人的感想

 1着のエーシンフォワードはやっとスランプを脱した印象で、どうもエイシンアポロンと被る感じがします。人気があまりにもありませんでしたが、やはりみなさん千二~千四と思われていたのでしょう。ただ去年阪神千六のファイナルSを勝っており、さらに今年の東京新聞杯3着という内容から、マイル適性が無いというわけではないんですよねー・・・。安田記念は使い詰めと58キロが原因で、理由もありましたしねー。次走は海外だと思われますが、今後は斤量克服が一番になります。それをこなせれば新時代を開くこともできるのでしょうかね!

 2着のダノンヨーヨーは京都外回りの最後の直線に賭ける追い込みをして迫りましたが、勝ち馬に上手く乗られた感が否めませんねー。ダンスインザダーク産駒にとって今回の展開は願ったり適ったりでしたが、それでも力のあるところを見せてくれたと思います。今年中に、もう一回走るのかは微妙ですが、このまま調子を維持できれば、GⅠ奪取も時間の問題でしょう。

 3着のゴールスキーはいきなりのGⅠでも力負けしていないところを見るとマイルではもはや一級線のレベルなんでしょう。次走以降も好走できる自在性もありますし、将来性は高い一頭でしょう。伸びしろは多いと思いますねー!4着のサプレザは展開に泣いた印象で、もう少し時計が掛かれば・・・。5着のライブコンサートは展開が向かない感じでしたが、それでも残ったのは褒めるべきでしょう!



東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ・2歳限定定量戦・東京芝1800m)

「あっさりと素質馬を一蹴!Sパテック、未来への期待が膨らむ勝利!!」

私の結末・個人的感想

 1着△,2着…,3着…でハズレ。というよりもビップセレブアイが暴走した時点で、もう馬券を諦めました。しかし思ったよりも速い流れいなりましたねー。まだまだ2歳戦は展開が読め良くて困ります。

 勝ったサダムパテックはフジキセキ産駒らしい早仕上がりですが、この中ではレースセンスが明らかに高かった印象。出遅れている分、まだまだ能力は伸びそうで、それを克服できれば、ダノンシャンティのようなGⅠ馬にもなれる気がします。ただ東スポ杯2歳Sからの進路を考えると以上に血統的に難しいような気がしますが、マイル前後が向いているかなー・・・。

 2着のリフトザウイングスはデビュー前のハーツクライ産駒では一番評価が高い馬でしたが、ここにきての好走。鞍乗の好騎乗もあったとは思いますが、それでも内容は濃いものでした。勝ち馬とは逆に距離延長の方が良さが出そうなので、将来的にはクラシック前後を得意距離にしそうな気がします。

 3着のフェイトフルウォーは展開が向いたことも否めませんが、それでも自在性のあるところを見せつけてくれて、私としては一番上位3頭の中では面白く思っています。父ステイゴールド,母父メジロマックイーンということで、ドリームジャーニーに見た目は近い血統であるので、消耗戦になるときには要注意の馬になりそうです。東京コースよりも中山の方がもっと走れそうなので、朝日杯FSに出るなら怖い1頭。

 4着のマイネルラクリマはレース内容ではホントに凄いと思います。先行馬が崩れた中、一頭だけ終始粘っていましたし・・・。次走はおそらくこれ以上の距離延長は嫌がりそうなので、朝日杯FSでしょう。今回の好走馬が人気になるのであれば、私は条件次第では本番はこの馬を本命でも良いかなと思っていますね!


福島記念(GⅢ・3歳以上ハンデ戦・福島芝2000m)

「速い流れにダンスの根性!ダンスインザモア豪快に追い込み決める!!」

私の結末・個人的感想

 1着…,2着◎,3着△で、複勝1.7×100円のみ。しかし、ダンスインザモアに向く展開にまで速くなるとは・・・。ただ有力馬の進出が速かったので、これは私の展開の読みが甘かっただでけです。完全に取れそうなレースだったので、悔しいですね・・・。ホントに最近は展開論が未熟なことがちらほら散見されますねー。

 勝ったダンスインザモアは展開が向いたこともありますが、それ以上にようやくまともにローカル重賞でレースができたというところが大きい気がします。小倉大賞典からどうも調子が悪かった同馬ですが、冬が近づいてきたこともあるかもしれませんが、きっちりと綺麗に勝ってしまいました。次走以降もローカルでは有望でしょうが、脚質的にはアテに出来ないので・・・。

 2着のディアアレトゥーサは明らかに勝ちレースをしているのですが、展開が少し厳しかったか・・・。ただこの馬は今後アルコセニョーラのように重賞を取るのは時間の問題で、あとはメンバーの兼ね合いだけでしょう。小回りコースの消耗戦はこの馬向きです。

 3着のトウショウシロッコは直線半ばで挟まれる不利があったようですが、それでも展開も向いて勝ち負けの内容。冬に成績が一息入ってから、また春先から好走パターンが予想できるのですが、果たして今年の冬はこのままの勢いを保てるのか?


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/799-af423f2e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。