--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

東京スポーツ杯2歳S&福島記念 予想

2010年11月20日 00:14

「混戦のマイルCSの前に少し小銭稼ぎ!!」

 こんばんは、金曜日の夜は毎週ふらふらになってしまう仙谷隆家です。とにかく眠い!日曜日は就職関連のイベントなどがあるので、土曜日はゆっくりと休むことにします!!さて、土曜日は重賞2つなんですねー。どちらも難解だなと思っていたのですが、消去法で6頭まで絞れたので案外楽でした。まあ当たるかどうかは別問題ですがね。(笑)

 続きから書いていきます。ではいきましょう!

にほんブログ村 トラコミュ 今週の重賞・メインレースの予想へ
今週の重賞・メインレースの予想

にほんブログ村 トラコミュ 競馬(重賞中心)へ
競馬(重賞中心)

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


東京スポーツ杯2歳S(GⅢ・2歳限定定量戦・東京芝1800m)

私の決断・個人的見解

◎ トーセンケイトゥー
○ ビップセレブアイ
▲ サトノペガサス
△ サダムパテック
△ アッパーイースト
△ ダコール

買い方
単勝・複勝 ◎ 100
馬連ながし ◎-○▲△△△ 200
ワイドBOX ◎○▲ 100

 展開的には2歳戦らしいどスローが濃厚で、今まではプラスに評価されていた速い展開を経験することが、今回はあまり生かされそうな気がしません。むしろ、道中の折り合いに苦労する馬もいそうですが、レースは残り400m辺りからの決め手勝負になる公算が高そうです。

 本命はトーセンケイトゥー。前走は出遅れてしまった上に、どスローの展開でかなり苦戦したレースぶりでしたが、それでも2着のメイショウオオゾラをきっちりととらえての勝利ですから、とにかく強いの一言。ハーツクライ産駒は中山コースよりも本質的に東京コースに替わることはマイナスにならず、さらに鞍乗のことを考えても長く追える馬の方が良いと思われます。スタートさえ決めれば、勝ち負け必至だと思います。

 対抗はビップセレブアイ。前走はレベルの高い新馬戦を上がり33.5で豪快に伸びての勝利で、ここも期待できそうです。ゼンノロブロイ産駒のわりには切れ味十分で、展開的にもかなり問題はなさそうです。稽古の動きには少々気になるものはありますが、さてどうでしょうか?

 単穴はサトノペガサス。父ディープインパクト,母父コマンダーインチーフということで非常に今回のどスローにはうってつけの血統の馬で、強気に印を打ちます、新馬戦は道悪の影響で負けましたが、良馬場の前走はきっちりと勝っていますし、ここも十分勝ち負けの期待は持てるはずです。

 押さえにディープインパクト産駒には切れ負けする可能性がありそうなものの、前走の時計は優秀なサダムパテック,決め手には不安があるが、前で競馬をすれば強いマンハッタンカフェ産駒のアッパーイースト,折り合いにかなり嫌な予感がするものの、前走のレース内容は良いダコール。




福島記念(GⅢ・3歳以上ハンデ戦・福島芝2000m)

私の決断・個人的見解

◎ ディアアレトゥーレ
○ ミステリアスライト
▲ アルコセニョーラ
△ ナムラクレセント
△ トウショウシロッコ
△ サニーサンデー

買い方
単勝・複勝 ◎ 100
馬連ながし ◎-○▲△△△ 100
ワイドBOX ◎○▲ 100

 展開はそれほど速くはならないようですが、それでも早め早めの競馬をする馬が多そうなメンバーで、後方まで勝つ可能性は十分あるはず。内は馬場が荒れていることもあり、後続馬は外に固まった馬群を捌くことは必至にはなりますが・・・。

 本命はディアアレトゥーレ。前走は秋華賞が決め手勝負になりながらも、追いすがっての6着。理想が速い展開での消耗戦を考えれば、かなりの健闘で勝ち馬アパパネと0.5秒ならかなりの内容でしょう。今回は古馬との対戦になりますが、メンバー的にはそれほど厳しくはなく、さらに斤量が51キロ。荒れ馬場もこなせますし、紫苑Sのレースから厳しい流れになる小回りコースも問題なし。兄はナカヤマフェスタということを考えれば、ここは勝ち負けしても不思議はないでしょう。

 対抗はミステリアスライト。前走はさすがにメンバーが揃っていた感じでしたし、厳しいという感じでした。今回はメンバーは比較的弱化で、前進は十分期待できそう。初コースですが、父アグネスタキオン,母父カーリアンならローカルの二千は大丈夫ではないでしょうか?

 単穴はアルコセニョーラ。休養明けということは非常に気になりますが、他のメンバーとの比較では明らかに稽古は動いていますし、福島巧者。少し時計勝負には分が悪い面はありますが、それでも終いは確実で55キロでも、このメンバーなら十分期待していいでしょう。

 押さえに、たびたび暴走するが、地力自体はGⅠ級のナムラクレセント,前走は天皇賞7着で地力強化著しいトウショウシロッコ,稽古が非常に悪かったが、地力や福島適性では外せないサニーサンデー。


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/795-31d940f0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。