fc2ブログ

Angel Beats! SSS(死んだ世界戦線)RADIO 第26回 簡易草子

2010年09月25日 09:52

「僕の武器は顎です」by木さん
「どんどんネタにしていきましょう!(キリッ」byはるるん
「だって~、アイツ(キタエリ)がやって来たから!!何なんだこの2人は!?」byはるるん
「変だ!変な人だ!!」byはるるん
「ジャッキーとの結婚式★ふふっ♪花嫁さんだよっ★」byはるるん(ブログより)
「見えるか見えないかぐらいが燃える!」byはるるん
「パンツは穿きたくないな・・・」byカナーン


 こんにちは、気仙沼から帰ってきて、更新している仙谷隆家です。まあその前に少しダブルスクールで授業受けてきましたが・・・。さてどうにか更新の方をしていこうと思います。

追記:寝てしまい、土曜日の午前更新になってしまいました・・・。

 今週も先週に引き続きパーソナリティがはるるんとカナーン。そしてゲストに木さんという布陣。それではカナーン回後半に行きましょう!


[CD] Angel Beats! SSS (死んだ 世界 戦線) RADIO Vol.1 価格 1200円(税込) 発売日 2010/06/23


 それでは続きから書いていきます。ではいきましょう!
内容

感想

 今週もこのコーナーは野田役の木俊さんが担当。よく投稿なされるPN「愛と勇気の親善大使」というリスナーさんからのお便りを読み始めるのでした。ただ声が野田ではなく、普通に違和感ありまくりの声で読んでいく木さん。それを聞いているカナーンにが言われたい放題状態w。そして内容ですが、「野田の武器はハルバートだが木さんの武器は何か?」ともの。いきなりの難しい質問でしたが、それに力強く顎だと答えるのでした。それに対して突然のカミングアウトに笑いを堪えられなくなるはるるんとカナーンなのでした。



オープニング

 さっきまでの声は天使のマネだったようですが、それに笑うはるるんと凍りつくカナーン。そして話は感想のコーナーでの「顎」発言。仕事に困ったら顎で仕事を取ってくると言うほど役に立つものらしいです。(笑)舞台やユニット(SMILY☆SPIKY)をやっていて、特に後者では宮野真守さんとのコントをやっているようで、それのネタにしていたりしていると語るのでした。それを聞いて自分も顎が出ていると言うカナーンですが、それに甘いよと一蹴する木さん。ただ出ているの事実らしく、それによって顎が出ていないはるるんは仲間外れになるのでした。そのまま話は木さんが顎が出ていると気づいたときの話へ。どうやら中学時代にヤンキーに「顎!」と呼ばれたらしく、そのときに自分で鏡を見てみたら発覚したようです。そしてそれから顎で仕事を取るようにポジティブに頑張ってきたとのことでした。そして適当な頃合いにはるるんがコーナーを切って、ラジオが始まると思いきや、さすがS音スキルというべきか提供者名を噛んでしまうのでした。




ふつおた

 早速さっき噛んでしまったはるるんに対して口撃を開始するカナーンと木さん。反論しようにも、誤魔化そうにも、どうにもならないはるるん。たださっきの噛んだのはみんな「萌え萌えキュン♪」だと言うカナーン。そしてまた思い出して、「萌え萌えキュン♪」をやり出すはるるんに、困ってしまう木さんなのでした。

 そして最初のお便りへ。内容はゆりの「オペレーションスタート!」,かなでの「私は天使なんかじゃないわ!」,ユイの「ユイにゃん☆」を野田がやったらどうなるかというもの。そしてハルバートペンの商品化を心待ちにしていることを挟んで、いざ本番。「オペレーションスタート!」(まあまあ),「私は天使なんかじゃないわ!」(www),「野田にゃん☆」(ツンデレwww)という結果でした。

 木さんが怯えてますが、次のお便りはこれ一筋というものは何かあるかというもの。そのお便りの答えに入ると思いきや、ここではるるんと店長の謎のじゃんけんが・・・。どうやらじゃんけん自体ははるるんが圧勝しているようですが、なぜこれをやっているのか理解できないカナーンと木さん。そしてはるるんに文句を言いだしますが、それにはるるんは激昂してしまうのでした。そしてはるるんが取り乱した後、本題に。木さんはさまぁーず関連のDVD集め(収録前にも見てきたとのこと),はるるんは例のごとくジャッキーチェン(ベストキッドをまだ見ていないことで叩かれまくりのようですが、愛はにわかなのか!?),カナーンはラーメンズ(お笑い好きということで木さんの食いつきまくり)とのこと。

 最後の1枚は木さんの好きなタイプという内容、・・・+好きになる瞬間についてとはるるん・カナーン・店長の中では誰がタイプか+告白についてというかなりの爆弾メール。そして答えに移りますが、木さんは好きなタイプは特に無いですが、キュンとなる仕草がどう考えても『変な子』のような感じで、はるるんとカナーンにツッコまれてしまいます。そして最後の3人の中では誰かは酷ということでキャラで選ぶことに。それに対して前回同様にゆりだと語る木さん。どうやら30歳が近くて疲れているので、元気な子に惹かれてしまうとのことでした。そして謎の告白について。それにはさすがの木さんも困惑したようですが、20歳のころにあるパン屋の娘に惚れたようで、その店の常連になってから手紙で告白したという話を語ります。ただ上手くはいかなかったようで・・・。

 ふと外を見るとなぜか3人を見ている人が2人に!?そして今度はカナーンと木さんがじゃんけんをし始めますが、どうやら外には店長と木村さんが・・・。そして店長から木さんに質問が。好きなパンツの色はというフリに白かなと言う木さん。そしてそれを聞いて最低だと言う店長なのでした。ただこれによってお便りが読めなくなってコーナーは終了なのでした。



100hit

 野田の声でやる木さんですが、どうも戦々恐々のようです。とにかく読むだけと言うはるるんとカナーン。そして本題へ。「ステーキ屋で美味しく焼いてください」ネタ(野田君のコーナーになってしまう状況に。そして斬新なやり方ははるるんがきっと今後もやってくれるということでした。),「お席は粉々でよろしいですが?」ネタ(バラバラを言えなかったということですが、木さんの好きなタイプには入るようです。),野田のツンデレ(wwwww。ノリがさまぁーずということが発覚する木さんなのでした。),SSSネタ(長くて木さんが爆発してしまいましたw。TAKE2だったようですが、かなり難しいようです。五段みたいだったとはるるん。),ジャッキーとの結婚式(ともだちコレクションで、他の女の子を蹴散らしてはるるんがジャッキーと結婚したということでした。そして気持ち悪い気持ちになってしまう木さんなのでした。帰って野田を作ることになるはるるんなのでした。)という内容が今回ありました。



エンディング

 100hitで疲れたということですが、ここで木さんからの店長へのメッセージに移ります。話しかけてほしいという内容でしたが、はるるんが第1回の木さんの逃亡に言及するのですが、人が怖いと言う木さんなのでした。そしてこれから店長と木村さんとは一緒にBD特典のCDを作るということ。そしてもっといろいろな人と仲良くなりたいと語る木さんなのでした。



成仏

 成仏メールに怖がる木さん。そして本題へ。女性の裸よりもアニメが好きになれたら成仏という内容。それに木さんは言うまでもなくアニメの方が好きだと答えますが、それにはるるんがキョトンとしてしまうのでした。そして今度のお便りは男性キャラのグッズが出たら、成仏するというもの。ペンネーム「最強のパン屋」さんとしてはかなでが1位で、8位ゆり、10位野田とのこと。ただハルバートペンの発売は希望のようです。そして野田の話へ。野田はゆりへの隷従ぶりはかなりのようで・・・。そして最後のお便りは下心丸出しのもので、はるるんとカナーンから非難が・・・。そしてはるるんと木さんのチラリズム(オヤジ目線)談義になりますが、途中のカナーンの失言に困惑してしまう2人なのでした。





個人的感想

 今週も木さんがゲストということで、完全に楽状態になるはるるんとカナーンですが、それに反比例して木さんの仕事が多かったですねー。しかし野田の100hitは面白かったです!!さて今週はあまり書くこともなく終わった感じなので、簡単にだらだらとだけ。

 やはりメインは木さんでしたが、それに最近本領発揮のはるるんともう1人の人見知りカナーンがちょくちょく不安定になるような感じでした。まあはるるんはオヤジ趣味が昔からあるので、問題は無いですが。(笑)ただ、カナーンは最近ホントに可愛いキャラから変わりたいと言うような感じ満々ですね!最後の成仏でまさかあんなことを言うとは・・・。どこの「咲~saki~」の世界ですか~!!

 来週は店長回に戻りますが、はるるんと店長にゲストは呼ばれているのか注目です。いなかった「私のことみんな嫌いなんじゃね」とか言い出しかねないので、ぜひ木村さんを呼んではるるんを弄ってほしいですね~w。今回のメッセージにはイチャモンつけられるのは確実なので、そこにも来週意識をして聴いていきましょう!
スポンサーサイト




web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/732-55b1d830
    この記事へのトラックバック