--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

本当は1つずつ書くべきなんでしょうが・・・

2010年07月04日 21:25

「どうも全部まとめて書かないと記事にならない・・・」

 こんばんは、今日は一気に3つの作品の初回視聴感想を書いてしまおうと思います。少し1つ1つの内容がイマイチ自分には書くのが苦しいので・・・。それでは早速書いていきましょう。続きから書いていきます。書くアニメは「伝説の勇者の伝説」,「祝福のカンパネラ」,「オオカミさんと七人の仲間たち」です。
伝説の勇者の伝説

 正直原作をまだ読んでいないので、内容についていけませんね。少し頑張って見るつもりではありますが、人様に読んでもらえるほどの記事が書けるかは、自身がないのでパスします。とにかく感想としては声優陣の豪華さと背景の美しさがあると思います。ただ少し気になるのは、どうしても原作が古いということもあってか、雰囲気が一世代前のような感じがします。またキャラクターが多くて、それを捕らえるのも今は少し難しいかもしれませんねー。王と貴族の腐敗にライナ,シオン,フェリスが立ち向かって行く感じなんでしょうか?少し悩んでしまい、たぶん見送るかもしれません・・・。



祝福のカンパネラ

 エロゲー原作の作品ということですが、未プレイ者なので少し厳しい状況です。レスターという美男子にたくさんの可愛い女の子が絡んでくるような1話でしたので、見ていてエロゲーのようだなと思いました。まあ悪くはないのですが、少しテンポが悪かったような感じがします。またこれもやはりキャラの数が多すぎて置いていかれてしまいますね・・・。正直ミネット,カリーナ,チェルシーしかちゃんと覚えられなかったです。見ていくにつれて面白くなっていきそうですが、今回はミネットとの出会いまでのお話で、次回以降を見て決めていこうと思います。しかしこの作品は今回見た3作品で一番時間が長く感じました、内容はあまりなかったのですがね・・・。



オオカミさんと七人の仲間たち

 ナレーションが黒子そのものだったのがインパクト絶大だったのですが、他は正直個人的には記憶にあまり残っていません。(笑)「とある科学の超電磁法」組からかなりのメンバーがいた印象で、絵もその作品に似ていた印象があります。オオカミさんを伊藤静嬢ということですが、それは結構ハマり役でした。他はまた第1話という保留します。まだ底は見せていないはずなので、次回以降期待しようかなと思っています!ともかく一番時間は短く感じたのはこの作品でした。
スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/648-96313978
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。