--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

バカとテストと召喚獣 第11話 「宿敵と恋文と電撃作戦」 簡易草子

2010年03月19日 00:39

「津田さんが喋れない」

 こんばんは、かなり疲労困憊の仙谷隆家です。明日はもうゆっくりしたいですよ・・・。そして、土曜日に東京に行くのです☆。

 それでは続きから書いていきましょう。良かったら拍手くださいな!!

にほんブログ村 トラコミュ バカとテストと召喚獣へ
バカとテストと召喚獣

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


0004m_convert_20100218085536.jpg

アニメ
概略
 Dクラスに宣戦布告したFクラスですが、Eクラス戦で使った瑞希の強さによって、瑞希を使えないように布陣を立てるDクラスに苦戦するFクラス。明久の偵察やムッツリーニの密偵で相手の弱点を的確に攻める雄二は、数学戦を美波を主力にして攻め立てることにします。数学の得意な美波によって一気に陣形はFクラス優勢に。しかし敵の奇襲で古典戦になってしまいます。これは美波の苦手科目。そして美春の乱入で危機的状態に。そこに須川が校内放送で明久をエサに数学の船越先生を呼び出します。そして古典の竹中先生をムッツリーニの囁きで退場させます。そして瑞希をDクラスに突入させます。その同時にDクラスが雄二に奇襲を仕掛けますが、雄二の点数はAクラス並でした。瑞希はDクラスの代表・平賀を攻め落とし、雄二は3人の奇襲隊を退けるのでした。

 Dクラスに勝利したFクラスですが、雄二の目標はあくまでもAクラス。そして次にBクラスを狙うのでした。Bクラス代表の根本は余裕綽々で、Cクラス代表小山もそれに同調。それでも保険をかけておく根本はFクラスにある一手を繰り出すのでした。Dクラスと設備を交換しなかった雄二は後の種まきだと言います。そしてFクラスに戻るのですが、そこには荒らされた跡が。みないろいろなものが壊されていて怒りを覚えます。その中で何故かそわそわする瑞希でした。

 そして開戦されるFクラスvsBクラス。Bクラスの点数の前に手も足も出ないFクラスですが、雄二の持ってきた情報でFクラス覚醒。根本に彼女がいることでついに異端審問会FFF団となるFクラスの軍団。自らの点数を犠牲にしてBクラスを道づれをするFFF団に、Bクラスも混乱。その中で保険をかけると独り言のように言う根本なのでした。

 須川などの犠牲でBクラスの戦力を減らすことのできた明久たち。そしてみな戦場に舞い戻る中、明久は根本にラブレターをだしに脅される瑞希を発見。根本の言動についにぶち切れるのでした。Fクラスの教室で雄二に直談判する明久。内容は作戦から瑞希を外して欲しいと。それを認める雄二ですが、瑞希の任務は明久がしろというのでした。敵本陣に奇襲をかけろという任務を明久が引き受けるのでした。

 そして向かったのはDクラスの教室。そこで黒金の腕輪を起動して、教室の壁を壊そうとし始めます。フィードバックでボロボロになる明久ですが、瑞希のことを思ってついにやり遂げるのでした。壁を壊してBクラスに攻め入る明久と秀吉ですが、守備隊が立ち塞がります。そしてニヤリとする明久ですが、何と外からムッツリーニと西村先生が。そしてムッツリーニが保健体育を選択して、召喚獣召喚。根本の召喚獣が一瞬で敗れるのでした。そして勝った雄二からとっておきの条件が出されます。根本が女装したら設備の交換はしないと。それを聞いて目が本気になるBクラスでした。そしてそのドサクサで瑞希の手紙も回収できるのでした。

 屋上で瑞希に手紙を返す明久。それを喜ぶ瑞希ですが、すぐに千切って風に流してしまいます。そして瑞希は明久のことを明久クンと呼んでいいですかと尋ねます。そして頷く明久でした。一方、雄二と翔子です。学力だけが全てじゃないと証明するために戦うのだと言う雄二、そして全力で相手をするという翔子でした。



掘り下げポイント
瑞希の想い
 今回は瑞希の想いが利用されてしまい、Bクラス戦では戦力にならなくなってしまいました。根本の瑞希のことを脅す姿を見て、ついに瑞希のために根本を倒すことを誓うのですが、その姿に瑞希はさらに惚れてしまいましたね。瑞希が最初に明久を好きになった描写はアニメではありません。ただ瑞希が一途に明久のことを想っている描写はいっぱいあります。

 そして今回も自分を犠牲にしてまでも真っ直ぐに勝てない相手にぶつかっていくバカ正直な姿は彼女にはどう映ったのでしょう。みんなに迷惑をかけることを気にする瑞希ですが、一番心配しているのは明久のことなんでしょうね。

神童の本気
 圧倒的な作戦力でFクラスを試験召喚戦争で有利に進める雄二。Dクラス戦でもBクラス戦でもその戦い方は光りました。もともと雄二は天才なのですが、イマイチ本気にならなかった時期がありました。今回も最初の冒頭で成績を見ている学園長ですが、あの下がり続ける成績も一種の作戦だったと感心してましたね。最後はAクラスとの戦いになるのですが、神童・雄二はどういう戦いで最強のクラスに挑むのでしょうかね。



bakas_tesuto-006-1920-1200-s.png

ラジオ

「今日のゲストは下野さんサイド」

 みんな開放的になろうと言う原田ちゃんは置いておいて。もうすぐ30だと喚く下野さんは置いておいて。今回のゲストは平田真菜さん。TB(乳ビンタ)ひとみというあだ名になってしまった原田ちゃん。事務所的には声優業では原田ちゃんの方が上らしいですが、芸歴は平田さんの方が上らしいです。そんなこんなでラジオが始まるのでした。

 そして平田さんに質問が。私の真菜ちゃんが活躍して嬉しいと言う原田ちゃん。方向音痴の2人は喫茶店を見つけるのも一苦労のようですが、お茶を飲むほど仲が良いようです。そして何故か原田ちゃんにお願いのメールが。葉月ちゃんに情操教育に影響を与える発言を慎めと来てしまいました。原田ちゃんのあまりのラジオのキャラで幻滅気味の平田さん。また他のゲストさんもこういう現象になるようです。そんなこんなの原田ちゃんのせいで、文月学園「暴走」部と思っていたというメールやリアル中2の悩みの種になってしまったというメールが来てしまう始末。平田さんは原田ちゃんがおかしくないと思っていることだけは分かると言います。今日はどうやら全員原田ちゃんの敵のようで、下野さんの攻勢も続きます。最近はバオバブのマネージャーたちにも生放送ということを釘を刺される始末のようです。お茶の時は素敵なお姉さんだという平田さんですが、今は・・・となってしまいます。まだ続く質問。総受け下野さん、百合系原田ひとみさん、いや土屋・ムッチリーニ・ひとみさんになってしまいました。誤送信するという下野さんと原田ちゃん。下野さんは高校時代に彼女に送るメールを友達に送ってしまったと話します。一方原田ちゃんは支離滅裂状態で、平田さんは引いてしまうのでした。

 宣伝の時間にも原田×水橋に発情する原田ちゃんですが、そこはスルーしてバカテスチェックに移るのでした。聞いたことのあるという原田ちゃんですが、どうも思い出せないということでした。そして平田さんはCクラスのようで、下野さんは追い抜かれて少しがっかり。急に暴走し始める原田ちゃん、収拾つかなくなってしまいます。そして平田さんも下野さんも変に暴走してしまうのでした。

 そして瑞希言っちゃいます♪にコーナーが進みます。
「んもぅ~、私までエッチだと思われちゃうのでエッチな発言は禁止ですよ~、原田さん。」
 もはや外の人クレームが出てしまいました。そして葉月言っちゃいますに移ります。しかしやはりゲストには無理させてしまうのはいつものことでした。

 ついに瑞希の簡単レシピに突入。どうもリスナーは納豆を押すようで、特別な日に納豆発言を下野さんは言ってしまうのでした。そして今回は、ゆで卵の黄身からコーラで不味くも美味くもないということですが、3連戦に突入します。

 宣言どおりテンション駄々下がりの下野さん。何かが弾けている下野さん。原田ちゃんにツッコミも入れられないくらい苦しむ下野さんですが、全然テンションが上がりません。最後はもう臨界点に陥りそうで、最後は無理やり止めさせました。


 今回は原田ちゃんの暴走を抑えたラジオになりましたが、最後の瑞希の簡単レシピで撃沈してしまった下野さん。お体大丈夫か不安です。しかしなぜ葉月への質問のコーナーが原田ちゃんへのお願いコーナーになってしまったのでしょうか・・・。しかし瑞希言っちゃいますではキャラからダメ出しされてしまう原田ちゃん。TBひとみの次週はいかに。
スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/508-df85899e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。