--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オーシャンステークス&チューリップ賞 予想

2010年03月05日 23:57

「もう雨は予想を困らせてくれる」

 こんばんは、今日はキルフェボンのケーキ食べたり、神代の大吟醸飲んだりと派手な誕生日だった仙谷隆家です。明日の競馬の予想ですが、はっきり言って不味いです・・・。最初オーシャンSでショウナンカザン、チューリップ賞でアパパネ切りました。これはさすがに無いと思い書き直したのが今回のです。

 それでは続きから書いていきます。良かったら拍手くださいね!!

 あと嶺上開花さんにコメントの返事です。

にほんブログ村 トラコミュ 今週の重賞・メインレースの予想へ
今週の重賞・メインレースの予想

にほんブログ村 トラコミュ 競馬(重賞中心)へ
競馬(重賞中心)

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


オーシャンS(GⅢ・中山芝1200m)

概要
 毎年荒れるのが定番化しているレースですが、今年も混戦の匂いがします。注目は重賞好走馬のキンシャサノキセキとショウナンカザン。しかしどちらも明日の馬場を攻略できるかが鍵になりそうな予感です。スプリンターズSと同距離でありながら、レースは混迷を深めるこのレース、果たしてこのレースで誰が栄冠を取るのでしょうか?


私の決断

◎ グランプリエンゼル
○ サンクスノート
▲ アイルラヴァゲイン
△ セブンシークィーン
△ ショウナンカザン

買い方
単勝・複勝 ◎ 100・200
馬連 ◎―○▲△△ 100
ワイドBOX ◎―○―▲ 100


個人的見解
 馬場の悪化でスピードの生かせない馬が脱落しそうな今年のオーシャンS。スピード上位馬であるショウナンカザンとキンシャサノキセキは評価を下げざるを得ません。

 本命はグランプリエンゼル。馬場悪化でレースが出来そうなのはこの馬だけ。3歳の時の橘Sでの勝ちっぷり、そしてNHKマイルCの好走から道悪はむしろ歓迎。力のいる馬場を得意とする馬で、ここは上位入着必至。展開も先行するこの馬には悪いものではなく、函館スプリントのように押し切るでしょう。

 対抗はサンクスノート。とにかく展開云々よりも道悪巧者。展開などは少し不安で、さらに休養明けで調教時計もいまひとつとしか言えません。しかし中山コースも道悪もこなせる数少ない馬で期待します。紛れれば、勝ち負けの可能性も出てくるでしょう。

 単穴はアイルラヴァゲイン。重での好走歴があり、先行馬で内枠。スタートも下手な馬ではなく、すんなり絶好の位置を取れそうです。決め手はもう少しで、ダートでも勝ちきれないが、パワー型の馬場の今回は力技で台頭するかもしれません。

 押さえに鞍上不安も単騎逃げで、札幌巧者のパワー型セブンシークィーン。馬場が最大の敵だが能力はトップクラスで先行力抜群ショウナンカザン。



チューリップ賞(GⅢ・阪神芝1600m外回り)

概略
 ブエナビスタ、ウオッカ、テイエムオーシャン、エアグルーヴ、ベガなどたくさんの名馬たちが勝ってきた出世レースです。そして一方で、桜花賞と同じ舞台のトライアルということもあって、毎年数々の素質馬がしのぎを削ります。今年は阪神JFからアパパネが出走するということもあって、例年通り注目のレースになっています。


私の決断

◎ ベストクルーズ
○ アパパネ
▲ ナムラボルテージ
△ オウケンサクラ
△ ヴィクトリーマーチ
△ グリューネワルト

買い方
単勝・複勝 ◎ 100
馬連 ◎―○▲△△△ 100
ワイドBOX ◎―○―▲ 100


個人的見解
 まず最初に謝っておきます。ごめんなさい。

 さて、私の予想の理由にいきますか。今回は道悪の影響がどの程度まで出るか判断つきません。もともと道悪経験馬がいない組み合わせで、比較もできません。ということで血統面を中心にして予想していきましょう。

 本命はベストクルーズ。父クロフネといい、決め手不足といい、切れ味身の上の馬ではなく、長くいい脚を使えるタイプのパワー型。古馬でいうとザレマのようなタイプだと思います。展開的にも恵まれそうで、このメンバーでアパパネに勝てそうなのは、馬場を考えてもこの馬だけでしょう。前走は出遅れてレースになりませんでしたが、今回はスタート五分で勝ち負けもありそうです。

 対抗はアパパネ。スピード型という印象が私はありますが、父キングカメハメハの父はキングマンボ。血統的にそつなくはレースが出来そうです。決めて勝負では無い今回は分が悪いですが、ここは2歳牝馬トップの力であっさりもありそうです。位置取りは自在性があり、今回は前での競馬で勝ち負けか。

 単穴はナムラボルテージ。デビュー戦はゲシュタルトに負けたものの、先行馬では良く粘った印象でした。前走はきっちりと勝ってきて臨む今回。意外に人気がありません。逃げ馬微妙で、ここは最内枠。川田ジョッキーということもあって、逃げ主張もありそうです。血統は父グランデラ×母父フレンチグローリーというパワー型。スタミナ十分で、ここは穴になりそうです。

 押さえに阪神コースは向きそうなタイプのオウケンサクラ。決め手一歩も道悪で台頭ヴィクトリーマーチ。前走を度外視すれば巻き返せそうなグリューネワルト。



コメント返事
Re:嶺上開花さん
 もちろん土曜日は手加減しません!少しみんな頭冷やしてもらおうと思います。今日も少し酒を飲んだけど、まだまだいけそうだから、累進課税的に殺しますよ☆ミ

 まあ嫌なら私を全員で倒してみてね!たぶんどうにかできるだろうから。
スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/490-7451254a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。