--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

頑張ることと頑張らないこと

2010年03月05日 00:00

 こんばんは、今日はつぶやきです。オリンピックを見て思ったことがある仙谷隆家です。かなりまた過激なこと言うかもしれませんので、あらかじめ警告します。仙谷の考え方は少し戦前懐古主義寄りですので、古臭いことを言っているかもしれません。とにかく、一応言いましたので、始めましょう。

警告

 お読みになる方は、続きを押してください。
 最近どうも日本国民の考えが良く分からない。バンクーバーオリンピックでメダルを取れないことに文句を言う日本国民。どうして努力をした人に対してそういったことを言えるのでしょうか?確かに税金を使ってスポーツを強化しているのは知られていますが、そう言っている人たちはそんな膨大なお金を国から徴収されているんでしょうか?むしろどこかの政治家に支払う給料に比べれば安いものとも思います。あんなに人件費がかかっている「無駄」はありませんから。

 メディアは競技を取り上げては誇大に宣伝し、そして国民に期待を煽いで、結果はメダルに届かず。それでもいいのでしょうか?どこかの政治家の1人は「2位じゃ駄目なんですか?」ですし。

 オンリーワンとは頑張って作り上げられた一人ひとりの尊厳を大切にすること。しかし、頑張らなくてもそれはそれで個性で尊重するべきだという考えに至ってます。それならオリンピックでは順位など関係なく、それを楽しんで来ればいい。さらに突っ込むとオリンピックなど出なくてもいいとも思ってしまいます。パラドックスに埋もれる世界ですが、それをひしひしと感じる最近です。

 さて、わが国の政治という競技の代表者たちは、いまだに良く分からない方に突っ走っています。メディアは自民党が悪いということを言うだけの壊れたカセット状態。そして民主党に不利益なことはオリンピックで隠しちゃえとかなりやる気満々です。もう『真実』というのを見せるべきではありませんか、鸚鵡首相?国民のための政治をしているはずの政治家が、自分のための政治に終始力を傾けているようにしか見えません。

 成績が振るわなければ、代表から引き落とされるアスリートに比べて、政治家は何と安泰で怠惰な職業でしょうか?政治献金問題が自分に出たら、議員を辞めるといいましたよね、鶏首相?何で総理大臣をやっていられるのでしょうかと疑問に思っている私はたぶんおかしいのでしょう。いや、絶対おかしいんだ!

 ということで一生懸命する人には賞賛または罰を。浅田真央選手には前者を。鳩山マリオネットには後者を。
スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/474-4dc48b8f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。