--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第2話 「初陣・椅子ノ話」 簡易草子

2010年01月13日 01:36

 こんばんは、今夜第2弾の簡易草子です。それではソラノヲトについて書いていきましょう。

249951_c450_convert_20100113005216.jpg

 前回のカナタの喇叭から話が始まります。そして食堂に向かうリオですが、一緒には向かわないカナタ。彼女は自分の演奏した場所にあいさつをしているのでした。その途中でその下辺りに軍服の少女がいました。あいさつするカナタですが、少女はヘタクソと答えるのでした。
 食堂に来たカナタは、隊長フィリシアとはじめあいさつをし、そしてノエルと。そして最後にさっきの少女クレハと顔を合わせるのいでした。どうもカナタのことが気に入らない感じのクレハ、しかしリオの命令で砦を案内することに。意気揚々と案内するクレハですが、途中で本音がポロリと。第1211部隊はお荷物の部隊といわれるような存在なんだと。しかし、そのことをカナタはしっかりとその答えを変えます。それでもこの隊がすきなんだよね?と。ひとまず、仲良くなってきているカナタとクレハ。
 一方、ノエルがお化けを見たということで大騒ぎになります。リオの命令で正体を探ることになるカナタとクレハ。そこで幽霊を見たという古びた建物に。そこでてんやわんやしながら、最終的には犯人だったアフリカオオハコノハズク。フィリシアの命令で彼女を飼うことになり、名前をシュコと名づけるのでした。


 ということで今回も違った手法を使ってきたソラノヲト。それでは初めてとなります掘り下げすポイントを書いていこうと思います。またソラノヲトに限り、効果的だったと思う手法の紹介もしていこうと考えています。
椅子ノ話
 今回はキーポイントは椅子でいいでしょう。カナタには最初ちゃんとした椅子が無かったと言えるでしょう。食堂もどこか浮いた感じであり、どうも上手くいってない感じが伝わってきました。しかし、隊員と触れ合っていくうちに徐々に自分の椅子となるポジションを見つけ、そこから本当の始まりが訪れたように見えます。最後のクレハからの椅子は特に印象的なことで、クレハがカナタを認めたということでもあるんでしょうね。

クレハの繊細さ
 今回、カナタとほぼ同じ女の子であるクレハの登場は、良き友達という間柄を予感させてくれます。クレハは口ではかなり強気であるのに対して、心は繊細そのもの。途中までの砦の説明と本音の入り混じる落ち込みはそれを印象付けています。カナタとはほぼ同じであるのに対して、やはり自分の方が先輩だという見栄を張っています。それで最初は空深二等兵なんて言っていたんでしょう。途中でカナタは幾度もクレハといってしまい、そのたびごとになんかを感じていた様子です。口では嫌がりながらも、本心はカナタって呼びたいクレハ。最後の部分はカナタがクレハって言ってもなにも言わず、照れているクレハが良く映りました。

印象的手法を個人的に
 今回は椅子がメインということはどなたでも分かると思います。掘り下げるところにも書きましたが、今回の椅子とはカナタのポジション、そして物語にたくさん出てきている椅子、そして最後にカナタのしっかりと落ち着ける場所に収まったことを示していると思います。クレハと仲良くなった過程を丁寧に描いたと同時に第1211部隊の説明。そしてキャラクターの簡単な性格まで詰め込み、綺麗にまとめた感じです。椅子の描写では最初は他人行儀な感じで、リオのところに座っていたカナタ。最後は本当の場所に座ってそれがこの一日の成果であり、カナタが椅子ノ話という任務を完遂したことが感じられます。
 途中で多用された椅子ですが、お化け探しの時には最初がクレハがねずみでびっくりした時に、そしてフクロウが来たときに出てきます。最初はクレハの失敗と勘違いですが、次はクレハの活躍と本当のお化けの正体という綺麗な対比を表していたと思います。
 最後に蛇足ですが、今回は懐古・音楽・風俗を綺麗に描いていましたね。昔の読めない書物を読めたら素敵だなと思う純粋な気持ちや過去も今も音というものは不変で素晴らしいと感じる心、お化けというものは守ってくれるものだとか色々な要素が絡み合って、素敵な旋律を醸していると感じます。
 純粋なカナタの感性でまた美しい日々が流れていくのでしょうね!!


 それでは終盤はまとまりの無い文章になりました、すいません。それでは失礼します。

にほんブログ村 トラコミュ ソラノヲトへ
ソラノヲト

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/416-6de672de
    この記事へのトラックバック

    ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第2話 「初陣・椅子ノ話」

    SERA@らくblog 3.0

    縦書きのテロップのOPは和風ぽいですね。 壁画風なカナタたちのポーズがなんか笑えます(笑) 「時告げ砦」に配属されたカナタ。 昨日用...

    ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第2話 「初陣・椅子ノ話」 感想

    ひえんきゃく

    第1121小隊駐屯地・通称「時告げ砦」で始まったカナタの新しい生活。 時告げ砦でカナタを迎えてくれたのは、優しい隊長フィリシア、先輩喇叭...

    ソ・ラ・ノ・ヲ・ト~第2話 感想「初陣・椅子ノ話」

    一言居士!スペードのAの放埓手記

    ソ・ラ・ノ・ヲ・トですが、空深彼方は時告げの砦の塔から階下の絶景を見晴らします。1121小隊ですが、和宮梨旺曹長の他、隊長のフィリシア・ハイデマン少尉、寒凪乃絵留伍長、墨埜谷暮羽二等兵の5人の少女たちですが、戦車は一台もっています。クレハはカナタより年下で

    ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第2話「初陣・椅子ノ話」

    のらりんクロッキー

    2話にして… のんびり まったり ほっこり。 作品の雰囲気はARIA+けいおんで、キャラは極上生徒会って感じ? ストパンムードもありますなあ(笑) このしとがトップだったとは(^_^;) さわちゃん+聖奈+アリシア? 隊長のフィリシアちゃんはじゅうはっ




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。