--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

こばと。 第9話 「・・・夏の記憶。」 簡易草子

2009年12月08日 23:44

DSCN0666_convert_20091207002823.jpg


 こんばんは、今少し時間が無いのですが、こばと。だけ更新いたします。


 まず概略。小鳩に洗濯されているいおりょぎの姿から話は始まりますが、途中で小鳩が夏祭りに心をときめかせてしまい、蔑ろに。そして突然の風でついにいおりょぎの洗濯を放棄して、夏祭りのチラシを追って行ってしまいます。偶然そこを通りかかっていたなつきがそれを小鳩に渡します。そしてその時手を拭くためにハンカチも借りてしまいます。その時なつきは夏祭りに今年はいけないということを呟きます。それと同時ぐらいにもう1人女の子が転んでいました。名前はゆきのと言い、とてもぎこちない感じでした。2人がいなくなったあと小鳩はハンカチを返し忘れたことに気付き、返しに行くことに。彼女の高校とは聖南女学院というお嬢様学校で、小鳩はうろうろと探しますがなかなか見つかりません。しかしふとした時になつきを見つけ、またゆきのも同じクラスということが分かります。なつきにハンカチを返そうと教室に近づいていきますが、先生に見つかり逃げ出します。外で隠れていたところをゆきのが発見。そしてなつきのところに案内してもらうことに。ハンカチを返せた小鳩ですが、なつきとゆきののぎこちなさが気になるようです。そして、一緒に小鳩はなつきの家に行くことにします。なつきにゆきのとは古い友達で、ふとした時に疎遠になってしまったと言われ、小鳩が一肌脱ぐことに。今度はゆきののところに行って、聞いてみても似たような台詞を言われ、小鳩は2人がじれったい状態になっていることに気付くのでした。
 ある日、小鳩はデパートに向かいます。目的のカメラを買うことが出来たゆきのとなつきがデパートでばったり遭遇。その場に小鳩もいるのですが、ゆきのの楽しそうな様子を見てなつきは突然怒り出し、辛辣な言葉を吐いてしまいます。それを聞いたゆきのは走って行ってしまいます。小鳩もゆきのを追いかけますが、1人にしてくれると突き放されるのでした。そして小鳩はなつきのもとに行きます。なつきの家に行くと、ゆきのからもらった携帯ストラップを失くしてしまって、泣きながら探しているのでした。小鳩はそれを解決して、なつきにゆきのに対して電話をして欲しいと言います。その頃途方に暮れているゆきのになつきから一通のメールが。「ごめんなさい。」、そして昔のストラップを添付していました。そして2人が会うとすぐ仲直りするのでした。
 夏祭り会場、千歳と清花と小鳩が話をしてたり、なつきをゆきのが花火をバックに新しいカメラで写真を取ったりしています。最後はいおりょぎさんに90点をもらえた小鳩ですが、花火に癒されているのでした。


 やばいかなり長くなって時間が厳しい。もしかしたら今日徹夜で課題をやらなくては!まあしょうがないです。今回掘り下げるのは2点。なつきとゆきのことといおりょぎ不憫なことです。それでは行きましょう!!
夏と冬
 なつきは品行正しく真面目な感じ、ゆきのは生活習慣がルーズでいい加減な感じを受けます。性格が正反対と言っていい2人ですが、今回は友達というものの意味を垣間見た話だったと思います。お互い相手と仲良くしようと思っていても、片方でも少し気持ちが曇ってしまうとばらばらと今までの関係が悪くなっていってしまう。そして妙によそよそしかったり、中途半端に知り合いな感じの応答になってしまうのでしょう。今回、なつきが最初にゆきのの携帯を見たときの落胆は、昔の仲良くしていた頃の象徴である携帯ストラップが無くなっていることを認めたためなんでしょうねー。これが無いということはゆきのにとってなつきは友達ではないと早合点したわけですね。そのなつきのアクションで今度はゆきのがなつきはもう友達ではないと思っていると感じてしまうという妙な誤解が生まれています。最後はその誤解に気付き、全ての積み重なってきたぎこちなさはさっと抜け、やっと仲直りできたというを訳なんでしょうね!ちなみに喧嘩の原因はおそらくですが、なつきが言ったゆきのが写真を上手に撮れるようになったら・・・でしょうね。このためにゆきのはカメラを求めたのかもしれませんね。
 友達という概念はなかなか難しくありますが、今回のこばと。ではたとえ対立することがあってもそれは将来的には笑い話で済むようなことであり、本当の友達であればまた仲良くなれると表現しているようです。つまりぎくしゃくしていてもそれはそれで仲良くするための必須事項であり、それによってさらに友達同士の絆が深まるのでしょう。

相手にされないいおりょぎ
 今回洗濯してもらってましたが、夏祭りのチラシよりも相手にされていないいおりょぎさん!洗濯直後は火を出すことすら出来ないダメなキャラクター化していましたが、途中で復活。ちゃんと小鳩に喝を入れる炎をファイアー。しかし、最後は花火の美しさにいおりょぎの声は届かず、小鳩の綺麗ですねーに全てかき消されてしまうのでした。今回は90点なんかあげないで良かったと思います。不法侵入しましたし。(笑) やはり洗濯はポイントが高かったのかなwww?


 ということで少し雑ですが、この辺で記事を終わりとさせていただきます。それでは失礼します。

にほんブログ村 トラコミュ こばと。へ
こばと。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/346-fd860929
    この記事へのトラックバック

    (アニメ感想) こばと。 第9話 「・・・夏の記憶」

    ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

    こばと。限定版 第1巻 [DVD]クチコミを見る とてもお天気の良い日。アパートでお布団を干していた小鳩は,相変わらずのドジっぷりで朝から大騒ぎ!?隣に住んでいる藤本からも、いつも通りの嫌味を言われる始末だったが、小鳩は少しでもよもぎ保育園のお役に立てるよう、

    こばと。 第9話「…夏の記憶。」

    MAGI☆の日記

    こばと。の第9話を見ました。第9話 …夏の記憶。「いいか、小鳩。夏休みは謂わば俺達のライバルだ」「ライバル、ですか」「そうだ、夏休みのヤツは海だ、虫取りだ、スイカ割りだ、と心の傷の痛みから目を背けさせる術をごまんと持ってるんだからな」小鳩がいおりょぎの体...

    こばと。 第9話「…夏の記憶」

    のらりんクロッキー

    こばとちゃんのおようふくが水色に。 かわええ(≧▽≦) 夏休みに入ったよもぎ保育園。 いおりょぎさんおせんたくおフロちゅうw おてがみがはいってます www こばとちゃん、ポストに入ってるものは何でも手紙なのね(^_^;) 夏祭りのチラシでしたw 夏...

    こばと。 第9話「…夏の記憶」

    空色きゃんでぃ

    小鳩、ナンパします! セミの声が夏ですね♪ 空が高くて青くて、日差しも強くて、夏らしい空気感がいい感じ 思い切り季節はずれだけどw ...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。