--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

生徒会の一存 第5話 「休憩する生徒会」 簡易草子

2009年11月03日 00:01

 こんばんは、かなり遅れましたが、生徒会の一存「休憩する生徒会」の簡易草子です。内容はいつものましてなかったので、果たしてどれくらい書けることやら・・・。それではいきましょう!


 まず概略。冒頭は夏服に変わった碧陽学園生徒会の面々がいつものように駄弁っている雰囲気から始まります。相変わらず変態トークをする鍵ですが、オープニング明けになるととんでもないことに・・・。いつも間にかアイマスクを付けられた鍵ですが、理由は生徒会の女性陣が水着になっていたからでした。「山があって谷があってこその人生なの。」といつもの適当な格言を言い放ち、知弦の容姿で撃沈、いつもの『休憩する生徒会』となります。マスクを取ろうとすると激痛の走るツボを知弦の押されたため、妄想でカバーしようとしますが、最終的には真冬の鍵と中目黒のBL妄想ノートでおじゃんにw。そして鍵の妄想対策に走る女性陣一同ですが、またまた最終的に真冬が暴走して(深夏の洗脳で!?)、鍵をターミネイトしようとしてマスクが取れちゃいました。そして鍵は歓喜するのでした。
 後半部で異変は起こりました。前半の最後でアイマスクがなくなったので、今度はロッカーに閉じ込められる鍵。そしていつの間にか深夏は部活の助っ人に出かけてました。そして徐々にロッカーに同化している鍵にみんなは持て余す状態になってきます。そしてとうとう水泳部がプールを貸してくれるということで、くりむ・知弦・真冬は行ってしまって、鍵はパニック状態に。そして早とちりして飛び出した鍵の前に、なにやら鍵の知らない(?)女子生徒が。その美しさと顔の知らなさに動転する鍵ですが、それは髪を下ろした深夏でした。結局途中で来たくりむが鍵を監禁し直して、いつの間にか放課後に。その時間になぜか鍵の姿が見えないと思っていたら、夜見回りをしている真儀瑠先生が生徒会室から聞こえる泣き声を見つけて攻撃していましたw。


 ということで内容が薄いですね。今回概略で十分な気もしますが、2点掘り下げていきましょう。
なぜ脇役の方が良いキャスト?
 今回は女子生徒があやひー、男子生徒が寺島さんということで、いつものことですがメインキャストよりも知名度の高いキャストを揃えてきますねー。この間もリリシアが能登さん、残響死滅が櫻井さんでしたし・・・。基本的にこのアニメは新人発掘がメインなのかもしれませんが、周りの脇役に力負け必至に見えます。どうせなら脇も新人で固めればむしろよかったかもしれませんね・・・。と個人的に思う仙谷でした。

深夏の髪下ろし
 これは演出としてはどうかなって感じでした・・・。原作では深夏が生徒会にいない時の雰囲気がどういう感じが見せておいて、最後にみんな(特に鍵)が深夏の大事さに気づくという話でしたが、アニメでは何か感慨が無いですねー。アニメだけ見ていると鍵がただの変態にしか見えないのは不思議です!
 分かりにくいところや重いところはかなり省いてしまっているので、全体の評価はどうなっているか微妙ですが、原作の方が良いって思う人もいるかもしれませんね~。私もその一人で、どうも鍵が単純なキャラになっているのが好きません。ここからどう展開するかは気になるので視聴は継続することにはしていますがね。(笑)


 ということで今回は少し辛辣な箇所も出てきた感想になりました。すいません、少しオブラートに包んだ言い方をしたほうがよかったかもしれないと反省しています。しかし、時間はそれほど無いのでこれでアップとさせていただきます。それでは失礼します!

にほんブログ村 トラコミュ 生徒会の一存へ
生徒会の一存

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/296-dabf3ccc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。