FC2ブログ

化物語 第8話 「するがモンキー其乃参」 簡易草子

2009年09月02日 00:10

 それでは早速行きましょう。現在アンケート2番手の化物語です。


 まず概略。メメにどうしたいと聞かれる暦。質問の意味に戸惑う暦。そしてやっと明らかになる駿河の願いの本当の理由。そして、メメから解決法が提示されます。駿河の左腕を切断する事を拒む暦は、もう一つの方法、自分が殺されるという事に近い事をすることにします。そして、覚醒した駿河に殴られ続け死にかける暦、そしてひたぎの乱入でどうにか死なずに済む暦でした。そして、駿河もひたぎと仲直りが出来て、『RAINY DEVIL』は消えていくのでした。


 今回はするがモンキーの解決回。しかし、今回の暦は一味違かったですね!!最後はひたぎが来なかったら、ひたぎが不味かったですね・・・。この記事で掘り下げるところは、3点。
暦の超自己犠牲の精神
 メメからも嫌味を言われるほどの優しすぎる暦。今回最後には駿河に自分が殺されても良いと思っていたんですね。ここまで来ると自己犠牲というより刹那主義者のような感じです。最初から勝てるとは思っていなかったような感じで、忍に血まであげちゃってますし。(ここは訂正でこれがあったから、暦が死なずに済んだということらしいです。) 今回の無茶な行動は「万死に値する」(ひたぎ談)ですね。

駿河の人間一般の感情
 やはり心の中では愛しているひたぎと付き合っている暦を殺したいと思っている駿河。ただ駿河の感情は人間一般のものの拡大版のようなだけで、異質とは思えませんね・・・。ただ単に独占欲が強かったり、未練がましすぎるだけと私には映ります。また、自分の怪異を『猿の手』に求めて自分を納得させようという行動も心理学では割とメジャーな考え方であり、おかしく思えません。
 駿河に非が無いとは言いませんが、こういうことはリアルにありえますし、とても現実味を帯びているように感じます。ただ今回救いだったのがこれできっぱりとひたぎとのことを線引きできた事で、今後良くなっていく事でしょう。

ひたぎの対暦愛情の屈折
 最後はひたぎが一気にラララギさんの良い所を持っていってくれました。結局嘘をついたことがバレて、ご立腹のひたぎさん。ですが、結局最後はデレてますねw。死んだらその殺した人を殺すと以前言ってましたが、ホントに殺すつもりだったんですね・・・。「私を殺人犯にするの?」―駄目です!!


 それではこの記事はここで終わります。

にほんブログ村 トラコミュ 化物語へ
化物語

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/207-4403c93f
    この記事へのトラックバック

    (アニメ感想) 化物語 第8話 「するがモンキー 其ノ參」

    ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

    化物語 第二巻 / まよいマイマイ (完全生産限定版) [Blu-ray]クチコミを見る 神原駿河の想いを聞いた阿良々木暦は、彼女に取り憑いた怪異を払う為、忍野メメのもとを訪ねる。 しかし、神原を助けたいという阿良々木に対して、忍野は残酷な事実を話し始める……。 ☆<8/...

    化物語 第08話 感想

    荒野の出来事

     化物語  第八話 するがモンキー 其ノ参 感想    化物語始まって以来の壮絶バトル!!  -スタッフ-  監督:新房昭之  ...