FC2ブログ

七夕の夜に

2009年07月23日 00:00

 今回は1,000記念として以下の小説を発表します。かなり軽く作ったので、内容が全くなく、ひねりもイマイチですが、頑張って作ってみました。追記でも内容を載せましたが、以下をクリックして見た方が小説サイトなのでいいかもしれません。今日は1話2話だけ発表します!!(見直すと失敗作かも・・・)

七夕の夜に

 今日はこの辺で失礼します!
「優、何処行っちゃったのかな?」
 ジメジメと暑い空気に女性の呟きがこぼれる。
 今は8月8日の仙台七夕祭り。場所は仙台フォーラス前。時間は16時。周りは人、人、人。ショートヘアの髪が揺れる。それと同時に周りの七夕飾りも風で小刻みに揺れる。
「もう・・・、どうしていつも私を待たせるのよー!時間にルーズなのははっきり言って嫌。」
といって女性はケータイを取り出す。かける相手はもちろん、この約束に遅れている遅刻魔だ。
 しかし、少し経って掛けるのを止めた。何度やっても繋がらないからだ。
「まあいいわ、じっくりと待ってやんだから。来たら、どういう埋め合わせさせるかな。」
と言って、フォーラスの建物の中に入っていった。


 その頃、青葉山で変な動きをする不審者1名。手持ちバックの中にはいろいろと入っているようだ。
「やばい、このままだと美保に殺される。今から原付使ったら、大体10分ぐらいで着くのに。もうなんで今日突然あの実験するとか言い出すんだ!?意味わかんねー。」
 と言って、原付に鍵を指して、目的の場所を目指す。もちろん彼女のところではない。実験をするポイントに。
「季節はずれにもほどがあるよな、何でこんなにくそ暑いときにやるんだ!?他のやつらもなんで七夕の土曜日なのに、暇なんだ!?」
 疑問がいっぱいになりながら、原付を走らせる。彼女への連絡を忘れて。


「絶対あいつ忘れている。メールも返ってこないし、何してんのよ!?」
 コーヒーショップで一人イラついていた。店内はガヤガヤしていて、とても明るいそれが今の彼女にとってフラストレーションを溜めていく。
 おそらく、実験かなんかしているんだろう。ただ、それなら連絡の一つもするのが礼儀だろう。時計は17時を指していた。あと、30分したら帰ろう、そう彼女は決心した。
スポンサーサイト




web拍手


コメント

  1. A・ブルー | URL | -

    読ませていただきました

    自分はほとんど小説など文章関係は漫画くらしか
    読まないんですが中々読みやすかったですw
    続きが気になるので取り合えず毎日来てみます

    他の企画も楽しみにしてます♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/121-c169f00a
この記事へのトラックバック