--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

ちはやふる 第18話 「はなそむかしのかににほいける」 簡易草子

2012年02月09日 00:16

「三字の呼吸・・・。呼吸、呼吸!こんなかるたもあるんだ!速さだけじゃないかるた、桜さんのかるた!!」by綾瀬千早
「かるたが好きなのよ!今でも夢はクイーンよ!!」by金井桜
「帯は私を支えてくれる。私の真ん中を強くしてくれる!」by大江奏
「歌の意味と背景を大切にするかなちゃん。でも、競技かるたはやっぱり音なんだ!」by駒野勉
「応援じゃない、キャプテンじゃない!私も盗めるものがあるなら、盗んでいく!!」by綾瀬千早


 こんばんは、今回はついに千早の進化の始まりの1話でした。一方で瑞沢高校かるた部全体の地力の底上げも明らかになってきましたね。今回のメインは千早でしたが、それと同時にほかのかるた部のメンツも力を上達していることが分かるというのはなかなか面白い演出ですね。

 ちなみに、私は「ちはやふる」の原作を読んでいるので、少し不親切に書いてしまっているところもあるかもしれませんが、ご容赦くださいね。それでは、続きから書いていきます。ではいきましょう。(作品の内容や画像はアニメちはやふる」に著作権は帰属します。)

 次回、第19話は「ながらへば」です。良かったら、拍手くださいな!多いとやる気が出ます!!


ちはやふる Vol.1 [Blu-ray] 価格 5040円(税込) 発売日 2011/12/21


ちはやふる 14 BE LOVE KC 末次 由紀著  税込価格: \440 (本体 : \419)

にほんブログ村 トラコミュ ちはやふるへ
ちはやふる

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


概略

chihayahuru 18-1

 埼玉大会が始まりますが、千早にとっては初めての大人とのA級戦であり、太一たちにとっては昇段の機会。千早は初めてのA級の試合に緊張気味ですが、脳裏には原田先生の速く取るのをやめろという言葉。初戦の相手である金井桜はとても堅実なかるたをする選手。速さや感じが良いわけではないが、着実に札を取っていきます。千早はその試合で、耳が良いや感じが良いは武器だが、同時にミスをする弱点があると気付きます。それが仇となって苦戦する千早ですが、桜から札とだけ戦っているからつまらないと言われてしまいます。千早は桜との戦いがやりにくいと感じますが、それが勉の言っていた分析通りであり、桜は千早とのスピード勝負には乗らずに来ているのだと理解するのでした。

chihayahuru 18-2

 座る位置を競技線ギリギリから15センチ離れたところへと動く千早ですが、リーチの長さに驚く桜。札ごとのリズムを手に入れれば強くなると察したようで、それをさせないように場を掻き乱します。桜のかるたを見て、自分にないものを見つける千早ですが、それが札ごとの呼吸。6枚差で負けてしまった千早ですが、試合後桜のもとを訪れます。そこでかるたが好きで今でもクイーンを目指していると可憐に言われ、東日本予選で待っていると伝えられるのでした。

chihayahuru 18-3

 そして千早が決勝を見に来ますが、B級が太一と優征で、D級が奏と勉。名人戦予選には興味がないが太一には先を越されたくないと燃える優征。尊敬するかるたを取る奏だが、長所も短所も知っているから勝てると自分を奮い立たせる勉。そんな中、見守る千早の前で戦いが始まります。奏の姿勢が改善されていると気付く千早ですが、それは着物を着ているから。奏の本領発揮に対して、勉は奏の得意札を封じて流れを断ち、さらに奏の癖をうまく捉えて食い下がります。奏と勉の試合を見て、自分にないものを吸収していく千早。そして、2人の試合から盗めるものは盗んでいくと心に決めるのでした。一方、B級の決勝は大変なことになっているようですが・・・。




個人的感想

 今回のメインは千早に足りないもの。原田先生は速く取るのをやめるようにだけ言いましたが、具体的にどんな武器を得るかは教えることをしませんでした。そのために千早は一生懸命にほかの選手を見て、その選手の良さを吸収していくことになるのですが、それが原田先生の思惑なのかもしれません。千早は頭でしっかりと理解したかるたというよりは、漠然とながら感じを吸収して自分の中に取り込んでいく傾向があり、それには多くのかるたから技を盗むのが一番手っ取り早いでしょう。

 今回は桜から札の呼吸を、奏から札の引力と弱点を補う工夫を、勉からは相手を見るということとかるたの基本を教わりました。千早は今まで速さだけの選手ではありましたが、その卓越した素質だけでA級まで来たので感じ。しかし、A級はそれだけでは勝てず、さらにはクイーン戦にはそれ以上の武器が必要になるでしょう。つまり、ここで弱点をなくしていくことが将来の成長になるということで、千早の苦労が始まるのかもしれませんね。武器を得るためには能力が一時的に落ちることが近い未来ありそうですが、それを乗り越えたときに千早の強さが本格化するでしょうね。

 次回の主役はおそらく終盤まったく喋っていない太一でしょうが、優征の強さに苦戦するのは必至。また、ここでも勝ち切れるイメージが太一にはないんですよね・・・。安定感がある一方で、決め手に欠くかるたが太一なので・・・。次回はついに2つの決勝の結末が分かりますが、いやぁ千早以外が決勝まで行くとは・・・。


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/1143-e8e864a6
    この記事へのトラックバック

    ちはやふる 18話「太一と肉まん、奏ちゃんと机くん(感想)

    失われた何か

    今回からA級の大会に出場する千早。 そしてA級相手になると 中々千早の思い通りにはならないですね。 そんな千早の相手は 可愛いおばちゃん(かないみかさん)でした。 後半は太一と肉まんくん、 奏と机くんの昇級を賭けた戦いになりました。  

    ちはやふる 第18話 『はなそむかしのかににほいける』

    こいさんの放送中アニメの感想

    W身内対決。B級の決勝は太一VS肉まん。D級の決勝は机くんVS奏ちゃん。これだけでも瑞沢高校の名前はかなり有名になりそうですね。 今までは学生同士の大会でしたが、今度はクラス別。つまり年齢制限が一切ありません。バラエティ豊かな対決が見られそうです。 姫ファッシ?...

    ちはやふる 第18首 「はなそむかしのかににほいける」

    つれづれ

     かわいいっ   知ってる

    ちはやふる 第18話「はなそむかしのかににほいける」

    SERA@らくblog

    ラッキ♪  A級になって始めての高校でないだけの試合。 速さだけでないカルタを目指す千早の相手は、年季の入った金井桜さん。 中の人もベテランの かないみかさん とかネタすぎるw ▼ ちはやふる ...

    ちはやふる 第18話 感想「はなそむかしのかににほいける」

    一言居士!スペードのAの放埓手記

    ちはやふるですが、綾瀬千早は速いだけで相手を見ていないことを痛感します。千早は敗退しますが、他の級の決勝では太一vs肉まん、大江奏vs机君の同門対決となります。(以下に続きます)

    ちはやふる 第18話「はなそむかしのかににほいける」

    のらりんすけっち

    ラッキーおばちゃん強いじゃなイカ(ノ゚ο゚)ノ 積極的に公式試合に臨む瑞沢高かるた部。 千早はA級戦でキャリア35年の大ベテラン、金井桜さんと対戦。 欠点を克服せんとする千早ですが、桜さんに翻弄されまくり...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。