--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

バカとテストと召喚獣 文月学園放送部 第89回 簡易草子

2012年01月19日 22:28

「ばかてすは~!」byふかわげんきさん
「明けまして、はあはあはあ、胸を!」by原田ひとみさん
「ねえねえねえ、マーライオンって実在するの?」by原田ひとみさん
「おやっ?マーライオンの様子が・・・」by原田ひとみさん
「ウホッ!男だらけの全裸チャーハンみたいな!ポロリもあるよ!!」by原田ひとみさん
「待ってください!原田さん、もうあなたの展開見えてます。えー、チャーハン乗せるんでしょ?」by下野紘さん
「全裸男盛りチャーハンね!」by原田ひとみさん
「ゆ!め!だ!ろ!実際の現場じゃねえよ!!!」by下野紘さん
「そうか、君、俺のこと最低だと思ってるんだねー・・・」by下野紘さん
「いいなぁは、私女の子の姉妹いないんだよぉほ・・・」by原田ひとみさん
「わ~い、温泉がいい、英美里ちゃんがいい!!」by原田ひとみさん
「下野さん、いかがわしいです!」byふかわげんきさん
「あらぶったことないんすか、逆に?」by原田ひとみさん
「本物は重みが違いますな~♪」by原田ひとみさん


 こんばんは、今回のバカテスラジオが本当の新年一発目のラジオのようですが、何と新田プロデューサーもふかわげんき放送作家もいるというマトモな布陣での久々の放送。ただ、下野さんと原田ちゃんは新年になっても平常運転で、ただラジオは次回から隔週になりますか・・・。2月2日は正直更新する気分じゃない気がするんだけど・・・。

 それでは続きから書いていきます。ではいきましょう!!良かったら拍手くださいな☆

音泉「バカとテストと召喚獣~文月学園放送部~」ホームページ(http://www.onsen.ag/program/baka/index.html

※ゲスト予定
次回(第90回)のゲスト:磯村知美さん(霧島翔子役)


[CD]
ラジオCD「バカとテストと召喚獣 文月学園放送部」 Vol.9 価格 2500円(税込) 発売日 2011/12/30


バカとテストと召喚獣にっ! 第5巻 [Blu-ray]価格 7140円(税込) 発売日 2012/01/25


バカとテストと召喚獣 10 ファミ通文庫 井上 堅二著  税込価格: \588 (本体 : \560)


内容

オープニング

2012年の初ラジオ

 今回もパーソナリティは、吉井明久役の下野紘さん(以下、下野さん)と姫路瑞希役の原田ひとみさん(以下、原田ちゃん)の放送で、ゲストは久々のなしのラジオです。これが本当の年始一発目だと語る下野さんですが、明けましておめでとうございますと元気に叫ぶ下野さんと原田ちゃん。年末進行で来れなかったスタッフも戻ってきているようですが、ふかわげんきさん(構成作家)も帰ってきており、早速弄り出す原田ちゃん。そして、下野さんに振られて、素人の発言をしてしまうふかわさんなのでした。気持ちも新たに頑張ろうと言う下野さんですが、原田ちゃんと先ほど喧嘩したようで・・・。

 ゲストなしということですが、それでグダグダやることを決心する原田ちゃん。そんな様子にホトホト困ってしまう下野さんなのですが、原田ちゃんは早速問題発言を織り交ぜ・・・。



ふつおた

いろんな方面への周知が凄い!

 改めましてのあいさつを経て、おっぱいの話に・・・。原田ちゃんにセクハラ発言をしたようですが、下野さんは下野さんで胸に悩みを抱えているようです。それに対して、乳神様になればいいと言う原田ちゃんなのでした。そして、最初のふつおたに移りますが、内容はシンガポールに来て欲しいというもの。それを聞いて、原田ちゃんは年末の同人の主催ライブでF.M.Fの方にバカテスのアニメやラジオを見聞きしていますと言われたとのこと。ツイッターでも海外の反応があるとのことでした。そして、シンガポールで公開録音にしようということになりますが・・・。いつの間にかマーライオンが実在するという話になっていき、そのまま変な方向に突っ走る2人なのでした。


「玄人」原田ひとみ

 続いてのお便りは、半裸チャーハンの事後報告。女の子がやるもので、しかもチャーハンがまずかったというのが感想でした。下野さんはクリスマスか大みそかにやったのではないかと予想しますが、原田ちゃんは男だらけの全裸チャーハンだと言い出します。この後どうなったか興味を持つ下野さんですが、原田ちゃんはネタに突っ走って変な提案を語り出し・・・。下野さんに見通される展開でしたが、全裸男盛りチャーハンを嬉々として話し続ける原田ちゃん。食べたくないと言う下野さんですが、年明けから止まらない原田ちゃんなのでした。記念に写真と撮ればいいと言う原田ちゃんですが、自身は日常的にやっているので撮るわけないと堂々と言い出し、下野さんも納得してしまうのでした。


喧嘩するほど仲が良い(?)

 次のお便りは、投稿者の夢に出てきた下野さんと原田ちゃんのBL話に関連して、最近見た不思議な夢は何かというもの。これが喧嘩の種だったようですが、まずは原田ちゃんの夢のことから。先日見た夢は、アニメの収録現場の収録中に対面の下野さんと女の子がイチャイチャしているというもの。しかも2人でエスケープし、下野さんがゲームセンターで遊んでおり・・・。その後のイベントはそんな不機嫌が全開だった原田ちゃんだったのでした。一方、下野さんのターンに移ります。初めての収録で開口一番に原田ちゃんにこの夢のことを話されたようですが、「ホント、お母さん最低!」を連発してきて下野さんがブチギレしてしまったようで・・・。そして、そのまま喧嘩になったようです。隣の収録を止めてしまったほど酷かったようですが、20分で仲直りしたとのこと。話は変わって下野さんの話題に行きますが、夢ではなく現実に酒屋で学生だと思われ、お酒を買えなかったというエピソードが語られます。夢を見ることはなかったというまとめになってしまう下野さん。夢を見ない下野さんと夢を見ている原田ちゃんの共通に悩みの話題を経て、初夢のことに・・・。そして、なぜか原田ちゃんの初夢の運動会のことになって行くのでした。ちなみに、去年は新田さん(プロデューサー)が家にいたようで・・・。その後は、喧嘩の兆候が見え、次のお便りへ。


寝言で情報漏洩?

 次のお便りは、聞いて面白かった寝言。下野さんは寝言を言わないようですが、妹たちはなかなかのものを持っているようで・・・。しかし、原田ちゃんは違うところに気が行っていたようで、それでまたもめ事に発展しそうになる下野さんと原田ちゃん。原田ちゃんは自分に女の子の姉妹がいないことを愚痴り出しますが、理解不能な下野さんなのでした。ちなみに原田ちゃんは寝言はよく言うようですが、寝相は死んだように眠るので問題なしとのこと。しかし、寝言で秘密を漏らしてしまうようで・・・。今後映像特典に寝相を撮りに行こうと提案するつっつうさん(ディレクター)ですが、温泉という原田ちゃんの意見は却下されてしまうのでした


真面目な話で締める!

 最後のお便りは、医学部を目指しているが夢は声優という投稿者の悩み。下野さんは養成所上がりのキャリアですが、原田ちゃんは特殊なキャリアで、当初アフレコの経験がなかったようです。人によって成り方が違うと語る原田ちゃんですが、ナース声優(荒川美穂さん)を引き合いに出して、本気になりたいのなら医者になってからということもできるかもしれないと言います。下野さんは医学部を目指しながら声優もありだろうとアドバイスを贈るのでした。そして、受験生みんなにエールを贈る下野さんと原田ちゃんなのでした。



お知らせ

 2期情報(ネットで配信中),BD&DVD情報(【第2期】第5巻が1月25日発売予定,第6巻が2月22日発売予定),原作情報(第10巻が発売中),カオス情報,グッズ情報(秀吉のモバイルポーチ発売)がありました。



バカテスチェック

バカ解答

 今回の問題は、「チークダンスの『チーク』とは?」(正解:頬)。新年初めてということでお題読みは原田ちゃんのようですが、そのせいでコーナーが始まって元気がなかったようです。おバカな解答は、「あらぶる」(下野さん:???),「イエス!フォーリンラヴ!」(やりたいとはしゃぎ出す原田ちゃん),「業界用語で口のこと、チークー」(原田ちゃんのハマりネタ),「原田さんが女性優声優のほっぺにチューすること」(あるあるだと原田ちゃんですが、常習犯だと下野さん)がありました。



エンディング

新田さんははがないにいたからな・・・

 プロデューサーの判定は、合格。本物は重みが違うと言う原田ちゃんですが、下野さんは長く来なかった罪滅ぼしでこの評価だと言い出します。しかもそれが的を得ていたようで、逆に酷いと思ってしまう下野さんと原田ちゃん。基準が上がってきていると感じる原田ちゃんですが、基準を上げないと全部だめになると自身も分かっている模様。そして、お知らせを説明した後、次回から隔週配信になることが語られます。アニメも終わっているのに、やらせていただいているのに頭が上がらない下野さんと原田ちゃんなのでした。

bakatesu radio 89

(クリックすると、ラジオのホームページに飛びます。)

個人的感想

 次回が2月2日配信ということですが、このまま隔週配信になっても100回まではどうにかできそうな見通しは立ってきましたね。おそらく、バカテスラジオの反響はかなりのものだと考えられますので、超長寿ラジオになることも期待できそうですがね~!やはり、下野さんと原田ちゃんというバランスが良いというところでしょうね。

 今回はゲストなしの割には原田ちゃんが喋っていた感じ。2人だと怠けて仕事をしなくなりがちですが、喧嘩の効果かかなりテンションが高かった気がします。バカテスラジオらしさが十二分に感じられ、ネタお便りでの面白トークや相談お便りでの真面目トークなどとてもバラエティ豊かで楽しめました。

 原田ちゃんのバカテスチェックのお便りは微妙に万人受けするかはクエスチョンが付くと思われますが、下野さんよりも流す能力が高い原田ちゃんなので、何か綺麗にまとまっていました。しかし、雰囲気がムッチリ集会のような感じになりそうですが、今後も原田ちゃんが選ぶのでしょうか?次回だとイソッチが選びそうな気もしますが・・・。


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/1133-847af73e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。