--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

有馬記念 予想

2011年12月24日 20:21

「豪華絢爛夢舞台、花道飾る花魁か、覇を唱える傾奇者か?」

 こんばんは、ついに今年の競馬も終わりです。注目の最終戦の注目は何と言っても、有馬記念ですね。女帝ブエナビスタの引退レースでありますが、一方で今年は三冠馬が誕生した年でもあります。3歳で勝つのは難しいかもしれませんが、オルフェーヴルが強豪古馬に挑みます。他にも日本競馬界初のドバイWC覇者ヴィクトワールピサに加えて、天皇賞(春)馬ヒルノダムール,宝塚記念馬アーネストリー,天皇賞(秋)馬トーセンジョーダンもいる今年を象徴する名馬の数々。今年の夢を見れるのは今年のうちだけ、さあ総決算の夢絵巻の開帳であります。

 最後ですので、Win5の予想は今回だけ公開します。

阪神9R 江坂特別(1000万・芝2400m・定量戦)
9.ロードラテアート

中山9R フェアウェルS(1600万・ダ1800m・定量戦)
2.デンコウヤマト,6.バトードール

小倉10R 八女特別(1000万・ダ1700m・定量戦) 
1.エターナルロブロイ,12.スピルオーバー

阪神10R 赤穂特別(1000万・ダ1800m・定量戦)
9.ローマンレジェンド

中山10R 有馬記念(GⅠ・芝2500m・定量戦)
9.オルフェーヴル

 それでは、続きから書いていきましょう。

にほんブログ村 トラコミュ 今週の重賞・メインレースの予想へ
今週の重賞・メインレースの予想

にほんブログ村 トラコミュ 競馬(重賞中心)へ
競馬(重賞中心)

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


有馬記念(GⅠ・3歳以上定量戦・中山芝2500m)

私の決断

◎ オルフェーヴル
○ エイシンフラッシュ
▲ ヒルノダムール
△ ブエナビスタ
△ ヴィクトワールピサ
△ トーセンジョーダン


買い方

単勝・複勝 ◎ 100
馬連ながし ◎-○▲△△△ 100
三連複1頭軸ながし ◎-○▲△△△ 200
ワイドBOX ◎○▲ 100

個人的見解

◎ オルフェーヴル

 本命はオルフェーヴル。「三冠馬」ということで、3歳勢の総大将で、世代最強馬。鞍乗はずっと池添ジョッキーということで、苦楽を共にしたこともあると思います。ローテーションは菊花賞からのものですが、それほど悪くは感じず、ここは臨戦態勢が一番整っているでしょう。

 血統はステイゴールド×メジロマックイーンで、グランプリホースでもある兄のドリームジャーニー全くと同じ。ストライドの差はあるものの、血統的にはマイナス面はないでしょう。気性面は序盤に掛かることがあるものの、すぐに最近は修正でき、暴走することはないでしょう。

 力関係が済んでおらず、中山適性に疑問を感じる方々は多いですが、脚質の自在性や長く使える良い脚でカバーは可能。55キロであれば、古馬との差も埋まると期待しております。それ以外は欠点が見当たりませんので、正直一番本目にしやすいと考えていますね。



○ エイシンフラッシュ

 対抗はエイシンフラッシュ。近走2走はどうもギクシャクしてのものでも、勝ち馬に1秒離されていないのは凄い評価できます。元々中山コースの適性のある馬で、京成杯勝ちからの臨戦で臨んだ皐月賞を3着に来ていることから不安材料にはならなさそう。去年は出遅れてレースにならず、終いだけの競馬でしたが、それでも7着でしたし、臨戦が去年よりましだとすれば妙味でしょう。

 血統はキングスベスト×プラティニでパワーは抜群。冬の中山の馬場には向いていそうです。内目の枠さえ取れれば、展開には左右されず、前目の競馬も鞍乗の腕次第ではできそう。ルメールジョッキーですので、おそらく先行馬を見るところで競馬をすると思われます。瞬発力のある馬で、おそらく今回のメンバーの状態だとオルフェーヴルに唯一互角に張り合えそうな馬。

 切れ味一瞬なので、間違ったところで脚を使えば、どうしようもなくなってしまいますが、一発ならと思います。人気もこの馬にとっては意外になく、美味しい配当を貰えそうです。(笑)内目の馬場に入ると本当に強いんですよね・・・。



▲ ヒルノダムール

 単穴はヒルノダムール。休養明けで敬遠されていますが、冬の馬場を走るのは今までの競馬から承知済み。天皇賞(春)のようなロングスパート合戦になると内で我慢していたこの馬の出番がありそう。オルフェーヴル,ブエナビスタに比べると、少し格的に厳しい気もしますが、安定感は好調時のヴィクトワールピサを除けばこの馬が一番。

 極端な決め手勝負にならない中山コースなら、ここは期待できそうです。もともと皐月賞で出遅れて2着まで追い込んできた馬ですし・・・。マンハッタンカフェ×ラムタラの血統は個人的にはトリッキーコースの方が合っているイメージがあります。もともと、私はこの馬はグランプリコース向きだと思っていました。



△ ブエナビスタ,ヴィクトワールピサ,トーセンジョーダン

 押さえは、実績のある3頭を選びました。ブエナビスタはジャパンカップが状態のピークだったと思われます。ラストラン後に引退式ということで、馬群に突っ込ませるような無茶をさせる競馬をできるかどうか・・・。今後もある馬ですから、厳しいかなと・・・。ヴィクトワールピサは体調が戻っていれば、おそらくこのメンバーでも勝ち負け必至でしたが、脚部不安からの2戦目で超1線級と戦うのは分が悪そうな気が・・・。鞍乗のデムーロジョッキーの手腕が問われそうです。トーセンジョーダンは調教の状態が見極めが難しく、軽視は禁物でも強気には・・・。血統的にジャングルポケット産駒はこのコースはそれほど得意ではないんですよね・・・。



追記



スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/1116-4b16f410
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。