--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

ちはやふる 第12話 「むらさきのゆきしめのゆき」 簡易草子

2011年12月21日 22:43

「東京の代表が無様な試合したら、許さないよ!」by須藤暁人
「順位とか、最近気にならなくなったんだ・・・!」by駒野勉
「私ももう『ありま』とか『あきの』とか言うの慣れちゃいましたけど、近江神宮でだってすごくすごく勝ちたいんですけど、かるたが歌であることを忘れたくないんです!」by大江奏
「だから持って行くんです、校長室へ!校長室前の一番良いところに飾りましょう。大事なトロフィーなんだから!!」by宮内先生


 こんばんは、アニメちはやふる」は次回が最終回なのか、それとももう1クールするか分からなくなってきましたが、いよいよ次回が全国大会。千早たちはどこまで進むことができるのか、はたまた新は来るのか注目の回になりそうです。しかし、ここまでクイーンの登場がないとするとこのまま終わってしまいそうだな・・・。

 ちなみに、私は「ちはやふる」の原作を読んでいるので、少し不親切に書いてしまっているところもあるかもしれませんが、ご容赦くださいね。それでは、続きから書いていきます。ではいきましょう。(作品の内容や画像はアニメちはやふる」に著作権は帰属します。)

 次回、第13話は「きみがため」です。良かったら、拍手くださいな!多いとやる気が出ます!!


ちはやふる Vol.1 [Blu-ray] 価格 5040円(税込) 発売日 2011/12/21


ちはやふる 14 BE LOVE KC 末次 由紀著  税込価格: \440 (本体 : \419)

にほんブログ村 トラコミュ ちはやふるへ
ちはやふる

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


概略

chihayahuru 12-1

 瑞沢高校の優勝で幕を下ろした東京都予選大会。北央の須藤に東京の代表で無様な試合をしたら許さないと言われますが、このトロフィーの重さは東京代表の重さそのものなんだと感じる千早なのでした。そんな千早ですが、家では千歳の存在に薄れてしまい、全国大会に行くことも言えない状況で・・・。

chihayahuru 12-2

 顧問の宮内先生に全国大会出場の旨を報告する千早と勉ですが、テニス部のインターハイ出場で完全に相手にされない状況。近江神宮にも代理に柴田先生を立てるということになるのでした。勉の最近テストの順位とか気にならなくなったということに嬉しく思う千早ですが、北央高校ばかり書いてある優勝杯を見て何かを感じます。一方、奏と勉は優征の所属している翆北会に入会したようですが、みんな足りないものが分かっていると感じる太一。千早と太一は白波会に行きますが、太一は白波会2位の坪口で、千早は原田先生との対局することになります。

chihayahuru 12-3

 徐々に近江神宮へのプレッシャーを感じ始める千早ですが、ついに白波会の帰り道で爆発してしまうのでした。ボロ負けしたらどうしようと弱音を吐く千早ですが、千早にチョップをする太一。そこで見せたのがヒョロくん特製の北央の全国大会対策。一番近い見方が戦ってきた相手たちだと教えるのでした。家に帰ると母は千歳を送迎するために、外出中。しかし、そこで千早は母の作っていた千早ノートを見つけます。それを見つけて自分も親に大切にされていることを実感した千早は泣き崩れてしまうのでした。

chihayahuru 12-4

 翌朝からは、千早はやっと本領発揮。優征もやる気が出てきますが、みんなも徐々に気持ちが高まってきます。奏の札の配置に驚く一同ですが、千早の東京の代表として頑張ろうという言葉で思いとどまらせることに成功します。テニス部の練習後に、宮内先生は偶然かるた部の前を通りますが、そこで見た光景に衝撃を受けます。そして宮内先生はトロフィーを校長室前に飾ることを約束し、近江神宮にも自分が引率することにするのでした。そして、近江神宮に至る千早の全国大会が始まるのでした。

chihayahuru 12-5





個人的感想

 今回は千早が近江神宮へと進むにつけての気持ちの面が最重要課題になっていましたね。太一も優征も勉も奏も気持ちが決まっているのに、千早だけがどうも気負っている状況で、その苦しみにもがいていました。家ではあくまでも千歳の妹でしかなく、大切に思われていないと疑心暗鬼になっていたり、須藤の一言を重く受け止めすぎたりと非常に繊細な面が千早にはあるんですよね。

 しかし、視界が開ければ一気に突破していくのが千早であり、一度目標が決まったときは誰よりも凄いパフォーマンスを見せてくれます。次回は近江神宮ですが、宮内先生のかるたへの偏見も解けましたし、順風満帆に見える瑞沢高校かるた部。しかし、意外な盲点がこれから待ち受けているんですよねー・・・。

 自分の個人的な注目は、個人戦をやるかどうか。たぶん、団体戦で新に会っておわりという感じになるのでしょうけど、2期をするつもりならクイーンとの個人戦が見てみたいところですね!!


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/1112-4b2b8417
    この記事へのトラックバック

    ちはやふる:12話感想

    しろくろの日常

    ちはやふるの感想です。 いざ、全国大会へ。

    ちはやふる 第12話「むらさきのゆきしめのゆき」

    Spare Time

    『全国大会出場を決め、それぞれの弱点克服のために千早と太一は白波会、 肉まん君、机くん、奏ちゃんは翠北かるた会の練習に通うことに。 プレッシャーから不安になっていた千早を勇気づけたのは、意外な人...

    ちはやふる 第12話「むらさきのゆきしめのゆき」

    SERA@らくblog

    トロフィーの重さ、評価の軽さ(汗)  瑞沢高校が全国優勝を決めたが、学校でも評価する人は皆無。 知らないと かるたって侮られちゃいますからね(^^; 姉の活躍の方に両親の目が行ってるのも 千早に...

    ちはやふる 第12話 『むらさきのゆきしめのゆき』

    こいさんの放送中アニメの感想

    所詮かるた・・・って扱い。東京都代表で全国大会出場決定!!しかし家では姉の活躍に隠れ、家族に言う暇すら無い。学校でも顧問の女帝はテニスにかまけて他の先生に引率を代行させる有様。周囲の反応は冷ややかで寂しい限りです。 しかも机くんの成績が下降していると聞?...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。