--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

たまゆら~hitotose~ 第12話 「新しいひととせ、なので」 簡易草子・総評

2011年12月20日 11:46

「沢渡さん、気付いてないと思うけど、すごく大切なものを手に入れたと思うよ!今日の展覧会に来る人のことを考えて、あれこれと悩んだ沢渡さんは気が付かないうちにとても大切なものを掴んだはず。でも、きっとすぐに気付くね!心が動いた瞬間を撮れる沢渡さんなら・・・」by志保美りほ
「今度、ふうにょんがこっち来たとき、絶対に紹介するね!ふうにょんが竹原に引っ越すって聞いたとき、寂しいと思ったのが嘘みたいだ!」by三次ちひろ
「夢の途中にいると、迷ったり、悩んだりして気が付かないかもしれないけど、でも、ホントはね、誰の目にも眩しいくらいに、みんなとっても輝いている、あの山のようにね!」by塙さよみ
「はっ、これって・・・。お父さんと同じ・・・。この窓からお父さんが見ていたのは、どれもお父さんが見つけた宝物なんだ!時が経てば、二度と手が届かなくなるから、だから残しておきたかった宝物。その気持ちが私の中に今降りて、私とお父さんの心を繋いでくれたので・・・」by沢渡楓


 こんにちは、今回でアニメたまゆら」は最終回ですが、本当に最後は感動のフィナーレでした。内容的には今までの集大成という感じでしたが、みんな成長したというのが感想です。特に、楓の成長が印象的だった締め方。しかし、あの父親の姿の写真はどこだったのかは謎が残っていますねー。

 それでは、続きから書いていきます。ではいきましょう。(作品の内容や画像はアニメたまゆら~hitotose~」に著作権は帰属します。)良かったら、拍手くださいな!多いとやる気が出ます!!




たまゆら~hitotose~ 第1巻 [DVD+CD] [Blu-ray] 価格 7350円(税込) 発売日 2011/12/21

にほんブログ村 トラコミュ たまゆらへ
たまゆら

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


概略

tamayura 12-1

 12月30日に旧笠井邸で行われる運びとなった「私達展」。楓,かおる,のりえ,麻音で一生懸命に考えて頑張ったようですが、近づいてくるドキドキが止まらない楓。みんなでチラシ配りとポスター張りもしていますが、そこに堂郷が・・・。堂郷の思い遣りなのか嫌がらせなのか分からない行動に苦笑いの楓たちなのでした。

tamayura 12-2

tamayura 12-3

tamayura 12-4

tamayura 12-5

tamayura 12-6

tamayura 12-7

 開始直後の11時に最初のお客様として現れたのが、こまちと思いきや飛び入り参加の打診。それを快く受け入れる楓と香ですが、写真がのりえの表情豊かなものばかりで・・・。そんなときに最初のお客様が来るのでした。それはももねこ様で、香の勇者の肉球を見て満足して帰ります。それと入れ替わりで入ってきたのが、楓の母と祖母の2人。その後は、賑わいを見せる私達展で、ちもやりほやさよみやマエストロ、堂郷まで来てくれます。

tamayura 12-8

tamayura 12-9

 朗読劇「たけのこの妖精ノコちゃんのキケンな冒険」では、朗読者の麻音だけでなく、場を盛り上げる楓,かおる,のりえ,こまちの姿が。そして、最後にはノコちゃん役として香が出てくるのでした。ただ、客を引き付けることを忘れない麻音の策略で第2部もあるということですが・・・。かおるものりえも香&こまちの実演や提供、展示も大盛況な中、楓はりほと一緒に自分の展示している写真を見ています。私達展に来る人のことを考えて写真を展示しようとしたが、自分の見せたい写真になってしまい、りほに見せるのが恥ずかしいと言う楓。それに対して、今回の経験でとてもも大切なことを掴んだはずだと優しく伝えます。そして、私達展も終わりが近づいていくのでした。

tamayura 12-10

 私達展が終了して、撤収作業も終わった旧笠井邸。終わったことの達成感と疲労感にまどろむ楓,かおる,のりえ,麻音。そんなときに私達展のアンケートを読み始める一同なのでした。それぞれの想いの詰まった文字の羅列を静かに読んでいきますが、その中には、かおるの父やさよみ、楓の祖母からまで来ていました。やってよかったと心底思う楓たちなのでした。

tamayura 12-11

tamayura 12-12

tamayura 12-13

tamayura 12-14

tamayura 12-15

 12月31日の西方寺での除夜の鐘を突いて年越しし、八幡神社で参拝している楓,かおる,のりえ,麻音ですが、そんなときにちひろから電話が。どうやら友達が出来たようで、明日一緒に初詣で行くようです。その後、「カフェたまゆら」で休んでいる一同ですが、午前5時にさよみから恐怖の一斉メールが・・・。初日の出を見に朝日山に行くことがプレゼントのようですが、途中で路肩に車輪を脱輪してしまい・・・。レスキューを待っているときに初日の出を迎えてしまう楓たちですが、偶然の奇跡の光景を見つけます。

tamayura 12-16

tamayura 12-17

 その写真を撮りたいと急ぐ楓ですが、祖母の言葉によってカメラのファインダーからの光景が自分の見つけた宝物なんだと気付きます。そして、父の写真は彼の見つけた宝物なのだと分かるのでした。その後は、竹原のみなさんの優しい心遣いに助けられて、レスキューを待つ楓たちなのでした。

tamayura 12-18





掘り下げポイント

楓が掴んだ奇跡

 今回は、楓の集大成として物語が終わりましたが、やはり父がどうして写真を撮っていたのかを知れたのは大きいかもしれませんね。最初は写真は父との思い出でもネガティブな記憶しかなかった存在でしたが、アグレッシブになって、父との思い出の場所である竹原に引っ越したことで、徐々に変わっていく姿が印象的でした。

 楓にとって、写真とは父の思いを見せてくれる大切なもの。それでいて、その目的のための手段である写真を撮ることに夢中になっていく姿は非常に微笑ましいものでした。カメラのファインダーから見た景色には、「たまゆら」が写り込むということですが、それは果たしてどんなものだったのかは詳細には語られませんでしたが、楓の才能の片鱗を見せているということを考えると十分かもしれません。

 写真を撮ることの好きな楓ですが、得意な写真は相手の心の動きを鮮明に写すことのできる才能は第12話でもよく描かれていました。OVAでも描かれてはいるものの、インパクトがあったのはこまち,ちひろ,志麻子のストーリーだったと思います。それぞれ恋心,友情,失恋ととても心の動きが中心に描かれていましたが、それに対する楓のリアクションはとても素直でありながら、見つけることが難しい視点でしたね。

 そんな心の動きを敏感に感じられるのは、やはり視覚が優れていることもあると思います。素直にビジュアルを捉えるのが楓ですが、それが非常に絶妙でそれでいて綺麗に心の動きを感じ取れる。だからこそ、良い写真を撮れる、そんな感じがします。りほはそんな楓に刺激を受けて、空の写真をまた撮ることにしたということが第12話の私達展の写真の1枚から窺えましたが、それを撮った楓は本当に才能に気付かないだけで、すぐに見つけてしまうかもしれませんね。

 楓はかおるによって迎えられ、のりえと麻音に刺激を受け、りほという憧れの存在がいる。それだけではなく、楓の母や祖母,ちも,堂郷,さよみ,マエストロなどのたくさんの人々からの心の動きや美しいものをみることで、成長している。最初はあんなにネガティブだった女の子が1年足らずで、ここまで変わることが出来るってホントに素敵なことだと思いますね。



変わっていく仲間たち

 楓に影響を与えた友人たちですが、一方で彼女らもたくさんのものから影響されて変わっていっています。それは高校時代であれば特に顕著なものになると思いますが、それぞれの気持ちを簡単に見ていくことにします。順番は、かおる,のりえ,麻音の順にしていこうと思います。

 かおるは終始みんなのお姉さん的存在で、全てがしっかりしていると思われている感じでした。しかし、その内実は自分の夢の無さに苦しんでいたり、現実的な考え方のせいでネガティブになったりとやはり内心では不安を抱えていました。しかし、第10話の物語を通して、自分のしたいことを見つけ、前進したと思います。かおるにとってみんなの支えになることが自分の今の夢という感じ。しかし、それでいて不安を打開したかおるには無限の可能性が広がっている。そう自分には映りました。

 のりえは所謂ムードメーカー的存在で、元気の良さでみんなを引っ張っているの印象的でした。のりえは成長したというよりは、今までの夢がしっかりと根付いたというのが本当でしょう。のりえの夢はパティシエになって、甘いものでみんなを幸せにすること。それは終始ぶれることがなく、このまま真っ直ぐに将来に突き進むと思います。どちらかというとみんなに与えた影響の方が大きいと思いますが、それを見つめているのりえの姿はどうも大人びて見えましたね。

 麻音は引っ込み思案な子でしたが、終盤は自己主張をすることをするようになって一番3人の中では変わったキャラかもしれません。引っ込み思案なのに好奇心旺盛で何でもチャレンジしようとする気持ちが、いつしか朗読劇を人前でするようになるまで成長した。自己主張できなかったモヤモヤも徐々に楓たちとの出会いで、変わっていった姿はとても丁寧に描かれていたと思いますね。まだ、夢がたくさんあって決まっていないところもありますが、そこから夢を探す作業はとても有意義なものになっていくと思います。

 かおるは序盤から終始あまり目立つことは少なかったのですが、匂いが好きということで嗅覚に関することは終始説明を補強する担っていました。そして、のりえは味覚を担当して、麻音が聴覚を担当する。これらがないとまた物足りない物語になっていたかもしれませんね。



見守る街の人

 楓たちに影響を与えたのは友達だけでなく、竹原に住んでいる人たちの存在も大きいでしょう。楓にとってはりほが中心にはなるものの、こまちやちも、みそのに影響を受けていますし、のりえにとっては楓の祖母に影響を受けている。麻音も乙女座の公演者や堂郷に影響を受けており、かおるも楓,のりえ,麻音が大きいとはいえ、さよみや父に影響を受けていると思われます。

 色んな行き先に行った大人たちを見ることで、こうなりたいと憧れたり、苦しんでもこう考えればいいのだと思ったり、こういう道があるとも知れる。もちろん子どもたちから影響を受けることもあり、それも成長の助けになっているのかもしれません。楓たちのような将来ある人たちをみる街の人の存在もなくてはならない、そう思ったのが感想です。





総評

 OVA版からテレビアニメ版へと変化を見せた「たまゆら~hitotose~」ですが、流石チーム「ARIA」の布陣で、繊細な心情描写や移りゆく風景などありふれているものではある中から、大切なものを探し出してくれる素敵な物語が多くありました。その一方で、楓たちのような感受性豊かな女子高校生を持ち出すことで、色々な影響を受けて成長する姿も同時に描いているのは素晴らしかったと思います。

 ストーリーの安定感は抜群で、一方で作画もどうにか耐えた印象。キャスト陣は、志保美りほ役の葉月絵理乃さんや篠田こまち役の広橋涼さん、塙さよみ役の大原さやかさんと脇に「ARIA」のメンバーを配置し、世界観を盛り上げてくれました。一方で、メインキャストは比較的若手(あくまでも相対的に)を置き、今までの殻からは脱却している点も見られました。

 大切なものは残し、それでいて変化を付ける。それがこのアニメでは無事達成できたと思います。1クールで無駄のあったところは少なく、スマートにまとめた佐藤監督には感服しますね!!





終わりに
 本当に素敵な作品を制作しまして、ありがとうございました!チーム「ARIA」の実力をとくと見れたアニメでした。ゆったりまったりした中で、しっかりとした成長が見られ幸せでした。また、素晴らしい作品をおつくりしていただければ嬉しい限りです!!

スポンサーサイト

web拍手


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/1111-994a6f20
この記事へのトラックバック

たまゆら ~hitotose~ 第12話 「新しいひととせ、なので」 感想

wendyの旅路

優しさという名の宝物―

たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」

SERA@らくblog

これが本当のいい最終回、なので♪ 私たち展には 急遽こまちも飛び入りw 見にきた1号のお客さんが ももねこさまとは(笑) 肉球の絵には満足していただけたようです♪ ▼ たまゆら~hitotose~ 第12話...

たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」 最終回 レビュー・感想

ヲタブロ

お帰りなさい それぞれの夢や想いを詰め込んだ『私たち展』、優しい街並みと暖かい人々に感謝♪ ですね。 年の瀬も迫った12月30日、いよいよ『私たち展』開催!でも最初に現れた ...

たまゆら~hitotose~ 第12話 新しいひととせ、なので

ゲーム漬け

いよいよ私達展。 開催時間になり、緊張しつつも扉を開くと、そこは無人… まぁ、開催して間もないしとか言っていると、駆け込んでくる入場者第1号のこまち。 …と思いきや、飛び ...

たまゆら~hitotose~ 第12話・最終回「新しいひととせ、なので」

一言居士!スペードのAの放埓手記

たまゆら~hitotose~ですが、沢渡楓たちは私たち展を開催します。担任も無理やりなダジャレで宣伝してくれますが、嫌がらせと親切の境界線が分かりません。 ドキドキで来客を待っていますが、一番乗りは写真を飾って欲しいという子供で、二番目はモモネコ様です。そして...

たまゆら~hitotose~ 第12話(終)

ニコパクブログ7号館

第12話『新しいひととせ、なので』たまゆら~hitotose~第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray]今回は・・ ...

【たまゆら~hitotose~】最終話 竹原の住人良い人多すぎだろw

にわか屋

たまゆら~hitotose~ #12 新しいひととせ、なので 176 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/12/19(月) 10:41:05.29 ID:eNv0BQJc0 予想通り年越しENDだったか ...

【たまゆら~hitotose~ 第12話 新しいひととせ、なので 感想】

ようちゃん×ようちゃん

感動的な最終回でした。 感動を超えた感動がそこにはある(笑) ARIAと並んで癒しアニメの最高峰ですね。

たまゆら~hitotose~ 12話(最終回)

アニメ徒然草

この青春を駆け抜けろ。 というわけで、 「たまゆら~hitotose~」12話(最終回) 今、輝くの巻。 んー…これはつまり、サトジュン版けいおん!だったのかなー、と。 私達展って、要するに、小規模...

たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」(終)

♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪

私たち展に向けてポスターを貼るぽって達。 12月30日、旧笠井邸 私たち展、いざOPEN! OPEN早々、写真を飾りにこまち登場。 そして次に来たのはももねこ様。 ももねこ様の肉球の絵 ...

たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」

夕焼けの放課後

ついに開催された私たち展。そして、ついに感動の最終回です。 飛び入り参加したこまちちゃん。まだ戦場カメラマンを続けているのですね。写真を展示したのは、香ちゃんの作品と作品タイトルとの間。凄く強...

たまゆら~hitotose~  第12話(終)

あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

「新しいひととせ、なので」 ノコノコォ♪ やっぱり香ちゃん可愛いね(*´ω`*) まさかタケノコ被って出てくるとは思わなかったんでほっこりしたわww いよいよ、「私たち展」当日!  宣伝効果もあってか… 一番乗りはこまちちゃんかと思えば、写真...

アニメ感想 たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」

往く先は風に訊け

アニメ感想 たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」

たまゆら ~hitotose~ 第12話 「新しいひととせ、なので」

北十字星

【Amazon.co.jp 限定】たまゆら~hitotose~第2巻(初回限定全巻購入特典「たまゆら~hitotose~」イベントチケット優先購入券 応募シール付き) [Blu-ray](2012/01/25)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る ...

たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」(最終回)

のらりんすけっち

私たち展は大盛況だったので♪ 最初はどうなることかと思いましたが^^; お客様第1号はももねこ様! 満足して帰られたようですw こまちちゃんも飛び入り参加。 香たんの「ももねこ様肉球」の絵がツボり...

たまゆら ~hitotose~ 第12話 「新しいひととせ、なので」

つれづれ

 車が落っこちないかヒヤヒヤし通しでした。

たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」感想!

くろくろDictionary

たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」 私達展! ちらしを配るぽって達。 堂郷も協力してくれるけど、それは思いやり? それともいやがらせ? そして私達展当日。 ドキドキしな...

たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」・・・♪~A HAPPY NEW YEAR~♪

ボヘミアンな京都住まい

まさかの一番乗りは、ももねこ様!w 自分がモデルになった写真と絵にすっかりご満悦(笑)の様子でしたが、1ゲット狙いとかもうスペックすごいと思うんよ・・・さすがヌシさま。 というわけで、最終話は“私達展”→年越しという流れ。最終回だから7話のように楓たちが自...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。