--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

たまゆら~hitotose~ 第11話 「聖夜のものがたり♪なので」 簡易草子

2011年12月12日 22:56

「嬉しくなった鳥は自分の島のお父さんとお母さんのところへ飛んで帰って言いました。『私、お友達ができたよ!とってもとっても素敵なお友達!!』お父さんとお母さんが私のことを信じてくれたから私、今日お喋りできたんだよ!ずっとやさしく見守ってくれてありがとう。お父さんお母さん、ありがとう。」by桜田麻音
「何だか不思議・・・。小さいときみんながここにいたことがあって、それで今みんなが一緒にまたここにいる。」by沢渡楓
「なんて素敵なクリスマス!みんなが好きなこと、やりたいことが少しずつ広がって、大きくなって!みんなと一緒に作る『私たち展』、楽しみでワクワクなので!!」by沢渡楓


 こんばんは、今日はアニメたまゆら」の簡易草子の日ですが、いやはや卒論のプレゼンは失敗した・・・。まあ、明日には反省点を洗い出して改善すればいいと思いますね!しかし、この失敗は挽回しないといけないと本気で燃えています。さて、今回のたまゆらは麻音の成長でしたが、次回が最終回ですか・・・。

 それでは、続きから書いていきます。ではいきましょう。(作品の内容や画像はアニメたまゆら~hitotose~」に著作権は帰属します。)

 次回、第12話(最終話)は「新しいひととせ、なので」です。良かったら、拍手くださいな!多いとやる気が出ます!!




たまゆら~hitotose~ 第1巻 [DVD+CD] [Blu-ray] 価格 7350円(税込) 発売日 2011/12/21

にほんブログ村 トラコミュ たまゆらへ
たまゆら

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


概略

tamayura 11-1

 12月30日に旧笠井邸で開催が決定される「私たち展」ですが、楓は写真で、のりえはスウィーツで、かおるはポプリとアロマ。そして麻音に口笛だと確認するかおるですが、実はやってみたことがあるのだと恥ずかしながらに語る麻音なのでした。小さいころから思っていることを言えないことがコンプレックスになっているようですが、サイン会の帰りに立ち寄った朗読劇に衝撃を受けたようです。「私たち展」で朗読劇をすることが決定する麻音ですが、まずは御手洗でしたいとのこと。自分で作った物語をのどか亭で行うことになる麻音ですが、楓,かおる,のりえは麻音の応援隊としてクリスマスに乗り込むことに。まだ物語を考え中ということですが、朗読劇の日まで作れるか不安になる楓,かおる,のりえなのでした。

tamayura 11-2

 家に帰って写真選びをする楓ですが、そこに香が絵画を持って、これを「私たち展」に出したいと言います。それをかおるに頼んでみると言う楓ですが、そんな姿を微笑ましく見ている環。かおるものりえも自分の出展物を作っていますが、麻音だけはなかなか上手くいかず・・・。気分転換に「ほぼろ」へ行く麻音ですが、そこで目にしたのがちもが作った自分の朗読会のポスター。堂郷にも父親にも期待されてプレッシャーに押しつぶされそうになる麻音ですが、そんなときに家を訪れたのがのりえなのでした。

tamayura 11-3

 みんなに期待されていてどうすればいいか分からなくなる麻音ですが、できなくてみんなをがっかりさせてしまうのが怖いと零します。のりえは麻音に感動した朗読劇がどういうものだったのかと尋ねますが、そしてどうしてのどか亭でやると言ったのかと続けます。そして、使い減らしている消しゴムを弄びながら、麻音にエールを送るのりえなのでした。

tamayura 11-4

 朗読会当日、まだ物語の結末ができておらず、大崎下島までの連絡船内で懸命に作り続ける麻音。緊張の表情の麻音の様子に心配そうな楓ですが、麻音の両親曰く朗読会は大勢の人が来るとのこと。そのために急遽場所は乙女座になりますが、突然の憧れの場所での朗読劇に緊張を隠しきれなくなってしまう麻音なのでした。やはり、最後の終わりが書けない麻音ですが、そこを書かずに本番に臨むことにします。楓,かおる,のりえに自分たちがついていると言われ、ついに麻音の朗読劇が始まるのでした。

tamayura 11-5

 話は鳥の物語。それは麻音自身の物語でしたが、それは同時に親友であるのりえとの出会い。そして迎える最後の白紙の1ページ。それにノートを閉じて、自分の言葉で語り出す麻音。出てきたのは楓とかおるとの出会いと両親への感謝。それを言い終え、無事朗読会が終了するのでした。

tamayura 11-6

 歴史の見える丘公園で昔の話を語る楓,かおる,のりえ,麻音。昔の場所にみんなでまたここに入るのが不思議だと漏らす楓ですが、麻音は今回の朗読会はみんなのおかげで成功できたのだと言います。麻音の成功にみんねが元気付けられて、「私たち展」を頑張ろうと思った矢先に空から雪が降ってくるのでした。





掘り下げポイント

麻音の成功に元気づけられ・・・

 今回のメインは麻音で間違いありませんが、それによって影響を受けた楓の印象が忘れられませんでした。写真選びをしている姿を見れば、「私たち展」への参加を楽しみにしているだけに映りますが、内心は緊張していることもあるということが分かりました。

 何での興味を持つ麻音ですが、実際にきっちりと形にしたのはもしかすると初めての経験。そんな麻音の様子に自分の「私たち展」へ臨む気持ちが重なったと感じられました。写真と朗読劇は違うものですが、今の自分を表現するということは同じであり、そういうところは何ななく感情移入してしまいますよね。

 次回がいよいよ最終回。もちろん主役は楓になると思います。今までのみんなからもらった経験がどう生かされるのかが注目されますが、内容はたぶん「私たち展」でしょうね。楓の見てきたものがどう表現されるのかは期待して持っていたいと思います。



親への感謝

 今回の主役である麻音についていつもより詳しく書いていこうと思います。麻音は今まで好奇心旺盛な性格でも、基本的には途中で限界を感じてやめてしまう感じだったと思います。自分のしたいことが分からず、それが原因だったと思いますが、今回の朗読劇で言った言葉がやりたいことの一端だったと思います。

 親への感謝というのが麻音の正直な気持ちで、やはり自分を温かく見守ってくれた両親への気持ちが凄く強いのだと感じられます。さらに、それを言えるようになったということに目線をずらしますと、親友ののりえに、楓,かおるという友達。引っ込み思案だった自分も友達を作ることができたのだということでしょう。それで安心させることにもなりますし、自分自身にもゆとりが出てきたのかもしれませんね。

 しかし、そこまでの道のりは全く平坦ではなく、物語は最後まで完成しなかったというのが印象的でした。のりえは麻音の消しゴムを見て努力をしていることには気付いていましたが、敢えてヒントだけ与えた。かおるは物語以外の仕事を自分たちがすると買って出て、物語に集中させる。楓は麻音のことを心配そうにしている。そのような描写からどれほど麻音を楓,かおる,のりえが支えていたかも分かる回なのですよね。

 麻音の夢は乙女座の舞台に立つこと。それが果たされた今、新たな一歩を踏み出して、更なる夢にまい進しそうですね!しかし、麻音は引っ込み思案でも、やるときはやるんですよね!そういうところは本当に肝が据わっている、そんな気がします。


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/1105-d8a9399e
    この記事へのトラックバック

    たまゆら~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪、なので」

    SERA@らくblog

    今回は麻音回♪ 私たち展で麻音は朗読劇をやってみたいと。 びびっと来たのならやるべきですね(笑) 試しに実家のどか亭でやってみようとなります。 ▼ たまゆら~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪、なので」 台本も自分で作ってみますが、なかなか決ま...

    たまゆら~hitotose~ 第11話

    ニコパクブログ7号館

    第11話『聖夜のものがたり♪、なので』たまゆら~hitotose~第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray]今回は ...

    たまゆら~hitotose~ 11話

    アニメ徒然草

    夢の舞台へ! というわけで、 「たまゆら~hitotose~」11話 デッドライナー麻音の巻。 もう、やめてあげて! これ以上、口笛さんを追い込まないであげて! いや、他ならぬ彼女自身が切り出した企...

    たまゆら~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪、なので」

    のらりんすけっち

    とっても可愛くて、優しくて、あったかいお話だったので♪ 私たち展で麻音ちゃん朗読劇に挑戦! 麻音ちゃんがアグレッシブだ! 私たち展の前に一度実家でやってみたいと麻音ちゃん。 お話も自分で作ります...

    たまゆら~hitotose~第11話「聖夜のものがたり♪ なので」 レビュー・感想

    ヲタブロ

    お父さんとお母さんが私の事を信じてくれたから私、今日おしゃべりできたんだよ。ずっと優しく見守っててくれてありがとう 朗読劇で両親の暖かさ、友達の大切さを実感する麻音ちゃ ...

    【たまゆら~hitotose~ 第11話 聖夜のものがたり♪なので 感想】

    ようちゃん×ようちゃん

    見終わった後、たまゆら好きでよかったなーと思いました。 今回は麻音ちゃんから皆へ届けたい感謝の気持ちでしたが、これが視聴者にとってのクリスマスプレゼントでもありましたねw 麻音ちゃん、ありがとう。

    たまゆら ~hitotose~ 第11話 「聖夜のものがたり♪ なので」 感想

    wendyの旅路

    夢に向かって―

    たまゆら~hitotose~ 第11話 聖夜のものがたり♪なので

    ゲーム漬け

    私たち展は12月30日に旧笠井邸で正式決定。 楓は写真展、のりえは新作スイーツ、かおるはポプリとアロマ。 麻音は口笛演奏会…ではなく、何かやってみたい事があるようです。 それ ...

    たまゆら~hitotose~ 第11話 感想「聖夜のものがたり♪ なので」

    一言居士!スペードのAの放埓手記

    たまゆら~hitotose~ですが、沢渡楓たち私たち展を開催することにします。麻音は口笛だけではなく朗読会をやろうとしますが、思いのほか客が集まってしまいそうでプレッシャーとなります。(以下に続きます)

    たまゆら -hitotose- 第11話 「聖夜のものがたり♪ なので」

    ゆる本 blog

    麻音たんが超頑張りました。「たまゆら -hitotose-」の第11話。 かおるの発案で12月30日に行われることになった「私たち展(仮)」。 ぽっての写真展示や、のりえのスイーツ、かおるのポプリ、そして麻...

    アニメ感想 たまゆら~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪、なので」

    往く先は風に訊け

    アニメ感想 たまゆら~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪、なので」

    【たまゆら~hitotose~】11話 早くも夢を叶える麻音パネェw

    にわか屋

    たまゆら~hitotose~ #11 聖夜のものがたり♪ なので 79 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/12/12(月) 09:28:27.30 ID:0doQgw1m0 Cパートに全部持ってかれたな ...

    たまゆら~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪ なので」

    夕焼けの放課後

    今回は麻音ちゃんのお話。麻音ちゃんって、他のキャラクターに比べてお話のメインになることが多いですよね。ぽっては主人公なので出番は多いですが、ほって一人だけより複数人がメインになることが多い気がし...

    たまゆら~hitotose~ 第11話

    あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

    「聖夜のものがたり♪ なので」 麻音の好奇心旺盛…  その一言が自分の夢を叶えてしまいました♪ 私たち展(仮)をするにあたり 各々出し物を決めていたようだけど 麻音 得意の口笛演奏会かと思えば、またもややってみたい事が出来たとな(゚Д゚*) ...

    たまゆら ~hitotose~ 第11話 「聖夜のものがたり♪ なので」

    北十字星

    たまゆら~hitotose~第2巻【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray](2012/01/25)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る  ...

    たまゆら~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪なので」感想!

    くろくろDictionary

    たまゆら~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪なので」 私たち展に向けて準備♪ 麻音には何かやりたいことがあるようです。 サイン会に行った帰りの事… ポスターに魅かれて、麻音は朗読劇を見に行...

    たまゆら~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪ なので」・・・お父っつぁんが最後に全部持ってったぁー!

    ボヘミアンな京都住まい

    えぇえぇ、Cパートで全部持ってかれましたさ(笑)。 こんなドンデン返しになるとはまるで予想外でした。 視聴者に涙顔のままで終わらせたくないというスタッフの心配りは大変ありがたいのですが(『たまゆら』のそういう作風が大好き)、これじゃまるで麻音たんの公開処?...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。