--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

ちはやふる 第5話 「よはのつきかな」 簡易草子

2011年11月02日 22:13

「イライラする、思い通りに行かない、楽しくない。・・・でも、そばにいたい!」by真島太一
「あたし、ずっと取り柄とか夢とか持ってなくて・・・。でも、かるたでは日本で一番は世界で一番だって新が教えてくれたの・・・。あたしなんかでも世界一になれるものがあるなら、なってみたいと思ったの・・・」by綾瀬千早
「俺は神様じゃない。そんなんじゃ、ないんや・・・。神様じゃなくて、友達でいたいよ・・・」by綿谷新
「良かった・・・、嫌われたんじゃない、新はかるたを嫌いになったんじゃない!」by綾瀬千早
「一緒に作ってやるよ、かるた部。新は必ず戻って来るから、俺たちは日本一のかるた部を作ろう!強くなってアイツを待とう!」by真島太一


 こんばんは、今回の「ちはやふる」も非常に趣深い物語でした。しかし、第5話で2巻分も消費していないとは・・・。このペースだと尺的には余裕がありますが、どこまでやるのかが気になって仕方ないですね。最後に大江奏ちゃんがいましたが、なかなかなキャラですから、次回も注目です。

 ちなみに、私は「ちはやふる」の原作を読んでいるので、少し不親切に書いてしまっているところもあるかもしれませんが、ご容赦くださいね。それでは、続きから書いていきます。ではいきましょう。(作品の内容や画像はアニメちはやふる」に著作権は帰属します。)

 次回、第6話は「けふここのへににほひぬるかな」です。良かったら、拍手くださいな!多いとやる気が出ます!!


ちはやふる 14 BE LOVE KC 末次 由紀著  税込価格: \440 (本体 : \419)

にほんブログ村 トラコミュ ちはやふるへ
ちはやふる

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


概略

chihayahuru 5-1

 前回の新の発言の引きから、千早と太一は福井に行くことにします。千早は千歳に借金までしてきたようですが、新に今会わないともう会えないと感じたようなのでした。一方、そんな千早と一緒に来た太一はどうも嫌な気分があるものの、そばにいたいという気持ちが強いようです。そんなときに最寄りの芦原温泉駅に到着する2人なのでした。

chihayahuru 5-2

 そのまま千早と太一は新の実家に来ますが、隣の家の由宇に新は駅前の本屋でバイトをしていると言われます。走り出す千早ですが、桜並木の途中で自分は新たに会いたいのか会いたくないのか考え出し、足が止まります。そのまま帰ろうと言う太一ですが、そこに自転車に乗った新が通ります。それを捕まえて、路肩に泥んこになりながら倒れる千早と新。そんな状況でも千早は会いたかったとだけ呟き続けるのでした。

chihayahuru 5-3

 千早は新の家のお風呂を借りることになりますが、髪が乾いたら帰ってくれと言う新。そんな新にかるたをしようと言う千早ですが、新はもうかるたはやっていないと改めて言い放つのでした。そこで千早は新の祖父の綿谷永世名人の遺影を目にしますが、かるたを蹴った新に激昂した太一によってそのまま家を出ることに。それでも諦めのつかない千早は家に戻ろうとしますが、そこにかるたの札を持った由宇。そのまま押し付けられて、水たまりに札が落ちてしまいますが、それを懸命に拾う千早。そこで千早は由宇に新がかるたを辞めた理由を尋ねるのでした。

chihayahuru 5-4

 新がかるたを辞めたのは、綿谷永世名人が脳溢血で倒れた後にずっと介護をしていたのですが、新のA級昇進の大会の日に発作で死んでしまったのだと。あれからかるたを触れなくなったのが今の新。そんな新はふと千早の手紙を見つけますが、そこに書いてある新は神様という言葉に感情の高ぶってしまいます。自分は神様じゃなくて、友達になりたい、そんな言葉を漏らす新なのでした。

chihayahuru 5-5

 特急しらさぎが発車しますが、そこを並走する自転車が1台。乗っているのは新で、来て欲しくなかったのはこんな自分を見せたくなかったからだと本音を心の中で呟きます。しかし、ずっと会いたかった気持ちは持っていたようなのでした。一方、新がかるたを嫌いになったわけじゃないと嬉し泣きをする千早。そんな彼女の姿に一緒に日本一のかるた部を作ろうと優しく語る太一なのでした。





個人的感想

 今回はとにかく太一が良い味を出していますが、メインは新の再起でしょうね。新はA級選手にはなったようなのですが、その日に敬愛する祖父が死んでしまったことで、かるたがトラウマになってしまったようですね。しかし、そんな新を救ったのが一緒にかるたをしたことで友達になれた千早と太一。呪縛から解き放ってくれたのは友情ということなのでしょうね。

 しかし、ホントに千早の恋心は未だに芽生えていないようで、普通なら三角関係に近い状態に見えるような・・・。まあ、それでも当の千早が全く恋沙汰に無頓着ですから、短期的には問題にはならないんでしょうねー。しかも、どう考えても、このままでは太一に勝算がない・・・。

 太一はそんな千早の望むことを一生懸命に支えることを決心しますが、本当に千早が好きなんですねとしか言いようがありません。しかし、このポジションは一番辛いような気もしますね。なぜなら、想い人の身近であって、恋愛対象にはなりづらいところを自分から買って出たのですからね・・・。

 次回から瑞沢高校かるた部の部員を集めていきますが、最初は「古典オタク」の大江奏ちゃんからですね。この話は非常にかるたというものの奥深さを感じられる面白い回ですので、期待して待っています!


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/1070-00db1c88
    この記事へのトラックバック

    ちはやふる 第5話「よはのつきかな」

    SERA@らくblog

    会いたかった! 会いたかったよ――。 同じような歌詞あるけど 重さが違うよね(ぉ) 月日と距離があっても色あせなかった絆。 よけいに深まっていたのでしょうかね。 ▼ ちはやふる 第5話「よはのつき...

    ちはやふる 第05話 『よはのつきかな』

    こいさんの放送中アニメの感想

    新がカルタを辞めた訳。色々予想はしてました。・カルタで対戦相手を殺した。・ある日「カルタじゃ飯は食えない」事に気づいた。最初のやつは冗談です。親子鷹のスポーツもの(六三四の剣、がんばれ元気、メジャー等)ではよくあるパターン。  カルタやってて祖父の?...

    ちはやふる 5話の電車の演出。および泥にまみれ、涙を流し、鼻水を垂らす綾瀬千早について(感想)

    失われた何か

    千早にとって新は「かるたの神様」。 一方、新にとって祖父が「かるたの神様」なら 千早は「かるたの女神様」なのかもしれませんね。 今回は本編における電車の演出について、 また千早の涙や鼻水に...

    ちはやふる 第5話「よはのつきかな」

    WONDER TIME

    「来て欲しくなかった、こんな自分を見せたく無かった  でも 会いたかったよ ずっと――」 新に何があったのか、それを確かめる為に福井へと向かった千早と太一! かるたをやめたと言うその真実は……    ...

    ちはやふる 第5話「よはのつきかな」 感想

    日刊アニログ

    かるたの神様でなくて友達でいたいよ 大会終了後に新から電話でかるたを辞めたことを聞かされた千早。 到底信じることが出来ない千早は太一と共に新がいる福井を訪ねることになり。 千早と太一は新と再会するがかるたの札に対して新がとった思わぬ行動に驚きを隠せず…...

    【ちはやふる】5話 千早ちゃんにブーツで蹴られたい・・・

    にわか屋

    ちはやふる #05 よはのつきかな 989 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/02(水) 01:40:56.48 ID:8L5OnR4g0 展開がベタすぎるがそれがいい 14 名前:風の谷の名無...

    ちはやふる 第5話「よはのつきかな」

    のらりんすけっち

    まさか速攻で福井に行くとは 付き合ってあげる太一いいやっちゃのう… 新へのじぇらしいが^^; 千早とは近くて遠い、なんとも複雑な青春模様。 太一は彼女さんとはいずれ別れちゃいそうだなあ。 東京から...

    ちはやふる 第5話 感想「よはのつきかな」

    一言居士!スペードのAの放埓手記

    ちはやふるですが、久々に電話した綿谷新のあまりにつれない素振りに、綾瀬千早は心配して真島太一と一緒に福井まで会いに行きます。綿谷は「もうカルタとかやってへんから、電話とかせんといて」と頼んでいるにも関わらず行きますが、確かに来るなとは言われてません。 ...

    ちはやふる 第5話

    おちゃつのちょっとマイルドなblog

    ちはやふる 第5話、「よはのつきかな」。 原作コミックは未読です。 電話での新の言葉が気になり、福井へ会いに行く...という回でした。

    ちはやふる 第5話 「よはのつきかな」

    すずきモノがたり

    神様じゃなくて…友達でいたいよ

    ちはやふる 第5首 「よはのつきかな」

    つれづれ

     しっかりと恋愛ものな雰囲気もいいですね。

    ちはやふる 5話 「よはのつきかな」(アニメ感想)

    アルベロの雑木林

    【あらすじ】 新から「かるたはもうやってない」と告げられた千早は、太一と二人で新の故郷、福井へ。 そこで新に会えた喜びから、また三人でかるたをしようと提案する千早に対し、 冷たくつき放つ新。 そ...

    [アニメ]ちはやふる 第5話「よはのつきかな」

    所詮、すべては戯言なんだよ

    千早の想い降り積もる草原の中で……。

    ちはやふる 第5首「よはのつきかな」

    しるばにあの日誌(新館)

    第5首「よはのつきかな」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201111/article_3.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが、送信...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。