--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

ちはやふる 第3話 「ふれるしらゆき」 簡易草子

2011年10月19日 23:27

「私の知っているかるたは暇つぶしのトランプみたいな・・・。違う・・・、かるたはスポーツだ!!」by綾瀬千早
「あたしのこと、すごいすごいって言ってればいいのよ、千早は!」by綾瀬千歳
「新、太一!ずっと一緒にかるたしようね!!」by綾瀬千早
「なに言ってんだよ・・・、かるたできなくなったって、開明成行くに決まってんじゃん・・・!」by真島太一
「僕も福井の爺ちゃん倒れてもうて、卒業したら福井に帰る・・・。ずっと一緒にかるたはできん!」by綿谷新
「君が辞めたら私も寂しいよ!」by原田先生
「もっと・・・、もっと3人でかるたがしたかったよー!!」by綾瀬千早


 こんばんは、今回は少し更新が遅れましたが、水曜日に更新するのは「ちはやふる」。これで小学校編は終わりますが、次回から高校編。瑞沢高校かるた部が出来る物語が始まります。実は、今回の物語でかるた部の部員になるのが3人出演しています。1人は千早ですが、残りは―。っと、次回楽しみに待っていてくださいな!

 ちなみに、私は「ちはやふる」の原作を読んでいるので、少し不親切に書いてしまっているところもあるかもしれませんが、ご容赦くださいね。

 それでは、続きから書いていきます。ではいきましょう。(作品の内容や画像はアニメちはやふる」に著作権は帰属します。)

 次回、第4話は「しつこころなくはなのちるらむ」です。良かったら、拍手くださいな!多いとやる気が出ます!!


ちはやふる 14 BE LOVE KC 末次 由紀著  税込価格: \440 (本体 : \419)

にほんブログ村 トラコミュ ちはやふるへ
ちはやふる

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


概略

chihayahuru 3-1

 ある日、千早と新と太一は白波かるた会に行きますが、そこでの雰囲気を感じてかるたをスポーツだと実感する千早。白波会の原田先生に出会いますが、3人も来てくれたことが感激の様子。そして、「ヒョロくん」と呼ばれている木梨浩たちと出会いますが、いきなり対立して、3対3の源平戦に移るのでした。1字決まりを千早、大山札を太一と作戦を立てる新ですが、新の独壇場で、千早と太一はヒョロくんが相手ではなく、新を相手にしている感じになってしまいます。しかし、徐々に新の言うチームの意味が分かってきた千早と太一は奮起し、ヒョロくんのチームを圧倒するのでした。

chihayahuru 3-2

 綿谷新と聞いて驚く会員たちですが、何と小学校1~5年の全国優勝者で、永代名人綿谷始の孫。3人とも白波会に入会しますが、3月には団体戦の小学校かるた大会があるようです。そのために千早と太一の特訓が始まりますが、そうしているうちにみんなでずっと一緒にかるたをしようと約束するようになるのでした。しかし、太一は開明成中学に進むことになり、新も爺ちゃんが倒れて小学校を卒業したら福井に帰ることになってしまいます。それを聞いて、かるたを1人でやるのは嫌になってしまう千早は原田先生にかるたを返しに行くことにします。しかし、そこで原田先生に言われた千早が辞めたら自分も寂しいという言葉何かを感じたようなのでした。

chihayahuru 3-3

 そして小学校かるた大会当日、新と太一は千早が来ると信じて、待っています。風邪気味の新ですが、1回戦の翆北会には全国大会準優勝者の西田優征がいますが、そこを棄権としようする新と太一。そんなときにどうにか千早が到着しますが、やはり健闘むなしく、敗れてしまうのでした。帰り道、もっと3人でかるたがしたかったと涙を流す千早に太一と新も何か思うところがあったようなのでした。

chihayahuru 3-4

 迎えた卒業式、千早も太一も人気者ということで忙しい様子。それを眺めて先に家に帰って引っ越しの準備を進める新ですが、そこに千早と太一が訪ねるのでした。そこで千早と新の真剣勝負になりますが、その戦いの中で涙を流す新は千早と太一が一緒にかるたをしてくれたことを心から感謝するのでした。そしてもう会えないと言う新にかるたを続けていれば逢えると言葉を叫ぶ千早なのでした。



個人的感想

 今回は千早がどうしてかるたを続けているのかという理由が描かれていましたが、それ以上に千早がかるたにのめり込んでいく姿は印象的だった気がします。千早にとっては、かるたは仲間がいてはじめて出来るもの。ということは作品にはかるたは1人でするものというキャラも登場するというわけで・・・。

 ともかく、千早にとって新と太一はかるた仲間ですが、一方で新と太一にとっては千早は気になる相手。まあ、そこが分かっていないからこそ、千早が輝くのですがねー。(笑)ちなみに千早は高校になっても、それに気付いておりません。まあ、それほどかるたが好きだということなのですがね。

 これで小学生編は完結ですが、次回から瑞沢高校編の始まります。注目は部員が揃うかどうかですが、かなり話が面白いですね。個人的には千早を除く4人ともストーリーがあってなかなか面白くて好きですが、結構尺を取る話だからな・・・。意外にまだ原作を使っていないのですが、その割にかるたの部分をバッサリ切ってきますからね・・・。ただ、ここからの話はかるたをしているのが少ないからゆっくりになっちゃうんだろうな・・・。

 最後に、原田先生に石塚運昇さんとはホントに驚いたです!原田先生は高校編でも出ますから注目ですね、中の人的にも。(笑)


スポンサーサイト

web拍手


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/1058-77a23fa7
    この記事へのトラックバック

    [アニメ]ちはやふる 第3話「ふれるしらゆき」

    所詮、すべては戯言なんだよ

    感情が心から溢れ出して、言葉にすることが出来ないくらいに泣いた。泣き尽くした。この感動のせいで何を書いていいかわからないくらいに何度も見返して、また泣いての繰り返し。

    ちはやふる 第03話 『ふれるしらゆき』

    こいさんの放送中アニメの感想

    スーパー早送りモード。かるた会への入会から試合~小学校卒業~別れまで一気に飛びました。早くて感動の余韻に浸る余裕がありません。話自体は良かったんでです。でも今週特訓&来週試合と二回に分けた方が別れる寂しさをもうちょっと出せたのでは。  千早がKY過ぎ?...

    ちはやふる  第3首「ふれるしらゆき」

    しるばにあの日誌(新館)

    第3首「ふれるしらゆき」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201110/article_29.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが、送...

    ちはやふる 3話 「ふれるしらゆき」(アニメ感想)

    アルベロの雑木林

    【あらすじ】 千早と太一、新の三人は地元のかるた会の「白波かるた会」を訪れ、 責任者の原田や同年代の木梨浩(ヒョロくん)らに出会う。 ヒョロくんと源平戦で戦う三人の姿を見た原田は、千早の才能を見...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。