fc2ブログ

とある科学の超電磁砲 第3話 「狙われた常盤台」 簡易草子

2009年10月20日 00:45

 こんばんは、遅れましたがレールガンの簡易草子です。


 まず概略。ある日、鉄装綴里が何者かに襲われます。そこから今日の話は始まります。学び舎の園に向かう涙子と飾利。そこはお嬢様だけが行ける所ということで2人ともうきうきしています。中に入ると外とは全てが違う世界、あまりに浮かれて涙子は水溜りに転倒してしまいます。常盤台中学で待つ美琴と黒子と会い、びしょ濡れの涙子は常盤台の制服に着替えることに。そして目的のケーキ屋に着き、飾利がケーキを悩んでいるところに風紀委員会から電話があり、黒子と飾利は177支部に。2人がいなくなり2人になる美琴と涙子。そこで涙子はトイレに行きますが、これが悲劇の始まり。風紀委員会に着き、固法美偉から事情を説明されます。ちょうどその時、涙子がやられてしまいます。心配になってきた美琴は襲われた涙子を発見します。そして気がつくと眉毛が何か書かれていました。そこで激怒した涙子は犯人の『ダミーチェック』の重福省帆を捕まえようと言い出します。最後は飾利の捜索能力で美琴・黒子・涙子に囲まれて御用。最後の悪あがきで美琴にスタンガンで襲いかかりますが、効果なし。それで反撃あえなく、気絶してしまいます。眉毛の恨みを晴らそうとする涙子ですが、省帆自体が変な眉毛。突然意味の分からない理論を言い出して、みんな呆然。そこで言った涙子のその眉毛は悪くないという台詞で、一応省帆は落ち着き恋心まで涙子に抱きます、そのまま警備員に連行されていきました。そこで美琴はバンクのデータを疑うのでした。その翌日、結局眉毛が直らない涙子はヒステリックを起こすのでした。


 かなり長くなりましたねー。今回はゆかりんが強力すぎますねー。意味が分からない省帆と涙子のカラミ、飾利の本領発揮がメインでした。今回掘り下げるのは1点。
涙子の悲劇
 水溜り転倒→常盤台の生徒と間違われ襲撃→眉毛w→省帆に恋心抱かせる→眉毛は1週間治らない、というまさに雪だるま式に状況が悪化していった涙子ですね。伊藤かな恵さんはなんか叫んでいるのが多かったような・・・。ただ涙子の性格はとにかく真っ直ぐですから、やはり惚れる人も多いのかもしれませんねー。

 何か中途半端な記事になりましたが、今日はこの辺で失礼します!!続きはコメントの返事です。

にほんブログ村 トラコミュ とある科学の超電磁砲(アニメ)へ
とある科学の超電磁砲(アニメ)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
[ 続きを読む ]

web拍手