--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

すごくみんな傷付いていくような・・・

2009年08月31日 00:00

 今日は文学の日。今回はムシウタの紹介をさせていただきます。ホントは小説が一区切りまで完成する予定が終わりませんでした。ということで急遽作りました。実際あまり上手く紹介できる自信が無いのですが、チャレンジ精神を持ってやっていこうと思います!!

img038_convert_20090823004716.jpg

 まず、あらすじ。人の夢を喰らう代わりに、その人間に超常的な力を与える存在「虫」が存在している世界。薬屋大助は『どこにでもいるただの普通な高校生』である。あるとき偶然詩歌という少女に惹かれてしまう。しかし、彼女は「虫憑き」で、特別環境保全事務局という「虫憑き」に対抗する組織に追われていたのだ。そして、ここの最高戦力の「かっこう」というコードネームの局員が動き出す。ここから「むしばね」というレジスタンスなども絡み合って、まさかという驚きの連続が始まります。


 今回は登場人物紹介はすごく薄くやります。これやっちゃうと面白みがなくなりますから。まあ、補足みたいなものですね。この作品で出てくる「虫憑き」という存在の中で最高位と呼ばれるのはわずか5人。その中で3人この1巻で直接出てきます。まあ、もう1人ちょっかい出して来ますが。とにかくすごく切なくなってくるクライマックス。是非読んでみていただければ嬉しいです。

 あとムシウタBugの紹介も追々するかな、と言う事で失礼します!!

にほんブログ村 トラコミュ ライトノベルへ
ライトノベル

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

web拍手



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。