--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

ラノベ・漫画紹介は来週から、今回はー

2009年09月14日 00:00

 こんばんは今回はタイトル通りです。今回評論文の本の紹介をさせていただきます。今考えるとやりたいなあと思っていて、こういう系はやってなかったので試しにやってみます。タイトルは「海の都の物語」です。まあヴェネツィアの成り立ちには少し疑問が残っていたので、簡単に調べようと思って一巻読みましたが、なかなか感心させられます。

img039_convert_20090913220243.jpg

 それではここから簡単な紹介。ローマ帝国滅亡後、ヴェネツィアの人たちが考え出した生き抜くための決断をします。さらに迫り来る試練を巧みな軍事力・外交術・商才を使ったりして、千年という長い時間ヴェネツィア共和国という国が自由と独立を守り続けた。そしてそのあとに待ち受ける終焉までを綴ったシリーズです。

 簡単だなあー。まあ、詳しく書くと読む楽しさがなくなるということもありますので。ここから私の読んでの感想です。ここで少し内容のネタバレあると思います。まず、やはり何故ヴェネツィアには運河が多かったのかという問いがまさか水運を用いるためではなく、潟(ラグーナ)での海水に常時流れを与えるためだとは。これが感染症予防などになっていたというから、今の観光の目玉はかなり現実的な思考が根幹に以前はあったのですね。

 まあ、これ以外にもまだまだ書きたいことはありますが、今回はここまでです。ただ私の感じていたヴェネツィアのイメージを変えてくれた一冊とはいえるでしょう。それでは失礼します。
スポンサーサイト

web拍手

伊坂がアツい

2009年06月10日 00:10

 どーも、試しに携帯から更新してみます。
 題名の通り今絶賛伊坂幸太郎作品を読んでます。まだ、2作品目途中、しかも全然読んでなくて一時休憩してますが。←ダメじゃん

 いやあ、初めて読んだのが、『オーデュポンの祈り』でした。ネタバレは避けます。感想としてはデビュー作らしいですが、丁寧な作りでした。最後が予想出来たのはすごく残念でしたが、読みやすさはかなりのもので、満足できました。地元ということもあってか、違和感なく読めたのは良かったなあ。(*^o^*)

 次に『重力ピエロ』を読む予定です。あっ、その前にマキャベリの『君主論』読まなくては。(>_<)

  とにかく今年は幅広く本読むぞ。伊坂幸太郎の作品で一番オススメは何でしょうね?気になります。

 では。そういえばラノベ読んでないなあ…。
PS
 何か今仙台でまた伊坂作品の撮影していますが、分かる教えて下さい。なんか、キャストが豪華とか聞きました。
web拍手



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。