fc2ブログ

君の見る世界が見たかった

2009年11月19日 00:01

 こんちゃ、突然ですがなんか記事を作ってしまったので更新しようと思った仙谷隆家です。小説の復旧はかなり時間がかかりそうです、第一モチベーションが・・・。これは前々からあったんですが、完成していなかったので無理やり加筆して完成させてやりました。次回はなんかまだ競走馬選定をしていませんが、早いうちにやりたいですねー。ちなみにまだまだ途中書きかけ記事がわんさかとあったりします。どうしましょうかね・・・。

 話を戻しましょう。今日は久々に「競馬ヒストリー」をやります。少しだけこのシリーズの紹介。このシリーズは私の独断で毎回1頭にスポットライトを当てて、回顧をしていくものです。かなりその馬を主観において書くので、どうなのかはわかりませんが、やっていきます。今までのは以下。

私の好きな馬は

私の夢はサイレンススズカです

門戸開放元年の使者

心の叫びを聞け


 それではここから今日の記事です。今回の競走馬はタガノテイオーです。タガノテイオーの同期には、アグネスタキオン・クロフネ・マンハッタンカフェ・ダンツフレーム、そしてジャングルポケット・メジロベイリーというGⅠ馬がいます。この馬は私個人としては、朝日杯3歳ステークスであんな事が起こらなければ、面白い存在になっていたかもしれないと思っています。それでは今回は短くなると思いますが、お読み下さい。

teio3_convert_20091118005819.jpg


デビューはハイレベルな新馬戦

 タガノテイオーのデビュー戦は9月2日の新馬戦でした。このレースはかの有名なその後全頭勝ち上がりの快挙が起こったレース。ここでタガノテイオーは勝負に出ます。4コーナーで先頭に立ちそのまま行こうとするタガノテイオー。そこに1頭違う脚の馬が襲います。その馬の名前はジャングルポケット。将来のダービー馬だったのでした。その後、ライバルとの再戦を目指すべく、次の新馬戦を2着ダイイチダンヒルに0.3秒の差をつけての快勝を果たすのでした。


ライバルとの再戦・札幌3歳ステークス

 次の戦いはついにジャングルポケットとの再戦札幌3歳ステークス(現 札幌2歳S)。人気は4番人気に支持されました。このレースにはジャングルポケット以外にもメジロベイリーなど新馬戦でしのぎを削ったライバルたち、さらに女傑テイエムオーシャンなどの別路線組なども虎視眈々と狙っています。そして始まった札幌3歳S、展開はテイエムオーシャンが終始ハナを主張する流れ。最後の直線の前の4コーナーでテイエムオーシャンをめぐってを各馬が殺到。タガノテイオーも動き、抜け出しにかかりますが、外にはいつの間にか鹿毛の怪物が。結局、ジャングルポケットには突き放され、2着を確保するのがやっとでした。


再戦を期し
 札幌3歳S2着の後、陣営は東京スポーツ杯3歳ステークス(現 東京スポーツ杯2歳S)に駒を進めます。まだジャングルポケットのレベルに疑問が残っていたのもあってか、このレースは3番人気に支持されるに過ぎませんでした。しかしいざレースとなってからは、文句の無いレースぶりで初重賞勝ちするのでした。

早すぎる・惜しまれる死

 迎えた2歳チャンピオンを決める朝日杯3歳ステークス(現 朝日杯フューテュリティステークス)にタガノテイオーは駒を進めます。この世代ではアグネスタキオン・ジャングルポケット・テイエムオーシャン・クロフネと次々と有力馬が現れてきます。タガノテイオーもそのメンバーに入るのか期待されたレース。まさかあの悲劇とは・・・。
 レース直後、スタートはカルストンライトオのペース。展開は少し速いペースで進みます。そして直線タガノテイオーは何故か他の馬とぶつかります。しかし、それでもの走り続けるタガノテイオー。内からはメジロベイリー、外からは地方馬ネイティヴハートが来ています。しかしどう見ても走りのおかしいタガノテイオー。そうです、もう脚が折れていて本来ならもう競争能力喪失なはずですが、それでも走り続けます。一瞬先頭に立つタガノテイオーですが、最後はメジロベイリーに交わされ2着となりました。
 レース後はもう苦しい姿しか見せないタガノテイオー。結局、左第1趾骨粉砕骨折で予後不良と診断され、そのまま競馬人生だけでなく自分の命まで終えてしまうのでした。


 ということでかなり悲劇のヒーローであるタガノテイオーですが、やはりもっと見てみたかった1頭ですね・・・。テイエムオーシャンクラスとも十分戦えるくらいだった札幌3歳Sでしたし。やはり皐月賞でその勇姿を見たかったのは本当です。いくらアグネスタキオンが強くても、その馬と一緒に走っているだけで私はもう満足してしまうかもしれません。競馬にIFはだめですが、朝日杯一番強かったのは、タガノテイオーだったと個人的に思いました。もっと書きたいこともありますが、別口で自分の競馬観を書いていこうと思いますので、そのときまでお待ち下さい。


 それではこれで失礼します。

にほんブログ村 トラコミュ 学問としての競馬へ
学問としての競馬

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




web拍手

門戸開放元年の使者

2009年08月05日 00:00

 それでは、今回は題名でぴぴっと来た競馬通の方もいるでしょう。アグネスタキオン・ジャングルポケット・マンハッタンカフェ・ダンツフレームという輝かしい同期の馬と比肩しうる外国産馬(マル外と呼ばれている)の名馬クロフネです。
 個人的にはそれほど好きな馬ではありませんが、ダートでの偉業があるので書こうかなと思いました。最初の方はかなり苦汁を舐めるレースが多かった気がします。
ap300-227_convert_20090804000630.jpg


デビューからの決闘

 デビュー戦は、なんと新馬戦でエイシンスペンサーに負けて2着のスタートでした。そのあと次戦の新馬戦を圧勝して、次にエリカ賞を選択します。そのエリカ賞で2歳レコードタイムで圧勝、その勢いに乗ってクラシックへの登竜門・ラジオたんぱ3歳ステークスに駒を進めます。エリカ賞の快勝もあって、圧倒的一番人気に押されます。しかしここで、将来の皐月賞馬アグネスタキオン・ダービー馬ジャングルポケットの2頭に力をまざまざと見せ付けられて、3着。ここで、クロフネの3歳は終わりました。


マル外最強の称号

 明けた4歳、クロフネは毎日杯に出走して、ここを圧勝します。そして迎えた外国産馬のクラシックと扱われていたNHKマイルカップに出走します。ここで上手くレースをしたクロフネと同じ父であるグラスエイコウオーを豪脚で、捻り潰し優勝。次はその年初めて外国産馬が出走できるようになった日本ダービーに向かうのだった。当時その頃無敗の皐月賞馬アグネスタキオンが屈腱炎で戦線離脱、引退となり、ダービーはクロフネ対ジャングルポケットと思われていました。


開国元年ダービーの覇者は?

 迎えたダービー。クロフネ・ジャングルポケット両頭は後方に構え、最後の直線に勝負を賭けます。しかし、両者の明暗ははっきり分かれました。ジャングルポケットは得意の長く使える末脚を武器に一気に先頭に突き抜けます。対して、クロフネは馬群で苦しむだけで、じりじりとしか伸びません。結局、ジャングルポケットが優勝、2着には皐月賞2着ダンツフレームが入り、クロフネは5着に沈んだ。


マル外の苦悩

 秋は神戸新聞杯に出走するも3着に敗れ、菊花賞からプランを変更して天皇賞(秋)に向かう事になりました。しかし、突然の外国産馬アグネスデジタルの秋天出走で、外国産馬枠に漏れてしまい、仕方なく同じ週のダート重賞武蔵野ステークスに行くことになりました。


世界が震撼

 このレースに出走したクロフネは、観客を唖然とさせます。もう3コーナーでスパートして、4コーナーではもうレースをやめているのにもかかわらず、10馬身の圧勝。同時にレコードタイムも記録します。このレースの後、秋のダート王決定戦・ジャパンカップダートの出走に打って出ます。そして、クロフネはここで世界に名を轟かせることとなるのです。このレースでも3コーナーでスパート、4コーナーで圧倒的リードを保ちます。ただし今回は世界の名馬たちです。そう簡単にはいかないはず、だれもがそう思いました。しかし終わってみれば、去年のジャパンカップダートの覇者ウイングアローに9馬身の圧勝。ダートの時計が出ないと言われている良馬場で世界レコードを打ち立てました。来年には世界挑戦も発表されましたが、屈腱炎を発症。結局引退となりました。世界では芦毛のセクレタリアトと呼ばれるほどの期待がありました。

 
結びに

 クロフネは、GⅠ2勝ながら、ハーツクライと同様記憶に残る名馬です。種牡馬としても優秀で、朝日杯フューティリティステークス覇者フサイチリシャール、スプリンターズステークスを勝ったスリープレスナイトがおり、次世代に血を受け継がせることに成功しています。クラシックではクロフネ同様勝ち切れないのが現状ですが、ブラックシェルのダービー3着があるように期待はでき、いつか一頭出て欲しいと願っています。

 明日は久しぶりの漫画作品紹介です。いやぁ、ホントにしてませんでしたからね・・・。結構綺麗に書けたなあー!!

 それでは失礼します。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 学問としての競馬へ
学問としての競馬

web拍手

心の叫びを聞け

2009年07月29日 00:00

 今日は予定を変更して、競馬ヒストリー『ハーツクライ』をします。本当は、クロフネをする予定でしたが、いい画像が見つからなかったのと時間がないので、輝く瞬間がやや短期な馬の紹介に差し替えます。ハーツクライのファンの方すいません。私はそれでもハーツクライの偉業は凄いと思いますし、軽視しているのではありません。それでは、はじめましょう!!

hearts2n_convert_20090716000036.jpg


ダービーへの軌跡

 ハーツクライは、2月の新馬戦にデビューし、それを勝って夢に歩き出した。次走はいきなりのきさらぎ賞(GⅢ)への出走。通常、このレースに出る馬は3歳500万クラスまたは3歳オープンクラスの出走を一度してからが一般的です。そこで、3着に健闘して自力を見せ付けました。ちなみにいままでこのレースで確か新馬戦からの出走馬での3着以内だったのはハーツクライだけでしたな。その後若葉ステークスに出走して、見事勝利。皐月賞の切符を手に入れます。しかし、迎えた皐月賞は14着の大敗。このときの優勝馬はダイワメジャーでしたね。そして、ダービーのステップとして選んだ京都新聞杯を勝ち、ダービーへ弾みをつけました。ただし一方で、ある魔物が偉業を成し遂げんとしていました。


王者への挑戦

 この年のNHKマイルカップ覇者で、2歳王者を完膚なきまでに負かしたキングカメハメハの史上初の変則二冠に、競馬ファンは湧いてました。日本ダービーでは、マイネルマクロスの1000m57.6秒の歴史的ハイペースでの暴走逃げでした。そして迎えた直線では、皐月賞2着だった『公営の星』コスモバルクが早々と後退するほどの先行馬総倒れのレース。ここで王が動きます。一気に後方から抜け出し、早々とレースを決するキングカメハメハ。ハーツクライは最後懸命に追い込むが力及ばずの2着。この史上初の偉業はレコード記録も添えての華やかなものになりました。


秋の苦渋

 ダービー2着の後、放牧に出されて休養に入り、復帰戦は9月下旬菊への登竜門の神戸新聞杯に駒を進めた。しかし、またもキングカメハメハに敗れての3着になった。ちなみにこのあとキングカメハメハは天皇賞(秋)を目指します。しかし屈腱炎の発症で引退に追い込まれます。その後、ハーツクライは、菊花賞に臨むのですが、1番人気を背負いながらまさかの7着。そして、ジャパンカップ・有馬記念に連戦しますが、ゼンノロブロイなどの古豪の前に惨敗。この年を終えました。


本格化への序曲

 冬を終えて、4歳になったハーツクライは4月の大阪杯2着から始動した。そして迎えた天皇賞(春)でしたが、なんと去年常に先着していたスズカマンボに勝利を取られるという敗戦、結果は5着。その後、宝塚記念でスイープトウショウに僅差の2着で上半期を終えた。


3歳のあの化け物退治
hearts1n_convert_20090716000011.jpg
 そしてハーツクライは天皇賞(秋)に鉄砲がけで出走して、展開もあいまって6着。そのあとは、世界一の名ジョッキー・デットーリのアルカセットにダービーと同じ東京2400mでレコード記録更新されてのおまけ付での2着。ただしハーツクライ自身も同タイムでのゴールであって、力を見せ付けた。
 そして始まる、化け物・3歳無敗の三冠馬・ディープインパクトとの有馬記念。今まで追い込み一辺倒だったハーツクライだったが、今回はルメール騎手の判断?で先行します。そして迎えた直線走路、猛然と追い込むディープインパクトをどうにか半馬身抑えての勝利。この瞬間に初のGⅠ制覇となり、それと同時にディープインパクトに日本国内での唯一の負けを刻んだのです。


化け物狩りは世界で煌き、そして止まる

 この後、ハーツクライは海外を目指します。まずこの年初戦はドバイシーマクラシック。これをなんでもないように有力海外馬を4馬身ちぎっての快勝。次に、世界でも最高峰レースの一つ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに出走、結果は3着だったが、内容の濃いものだった。
 その後、目標をディープインパクトとの再戦となるジャパンカップに絞っていたが、競走馬としては致命的な喉鳴りを発症。ジャパンカップに出走するが11頭中10着。そのまま引退となった。


最後の少し

 ハーツクライは実際GⅠ2つしか獲ってないんですよね。ただこれほどに印象を与える馬はそうそういませんね。私の名馬の基準は、印象に残ることも加味しています。ただ、私はイギリスの本場で真っ向勝負を挑んできたのはかっこいいと思います。飛躍期間が短い割に下積みの長いことは本当にすごいですね。まるで『桜桜』のような馬とでもいっておきましょう、それでは失礼します。

 次回の予告もしたほうがいいと感じましたので少し、明日は声優ネタをします。今回もアップしてからのお楽しみで。最近も活躍してますから、この方を選びました。

私が管理する競馬コミュニティ・優駿会(http://blog46.fc2.com/control.php?mode=sns_community&process=community_detail&community_key=12416
 良かったらぜひ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
web拍手

私の夢はサイレンスズカです

2009年07月05日 00:00

 今年の宝塚も終わり、夏競馬の季節になりましたが、ここで私の競馬の回顧録を一つ書かせていきます。すごく最初にタイキシャトルのことを書きましたが、その第2弾です。かなり力を入れて書きました!!これと試験とレンタルマギカのせいで、最近の記事が相対的に悪化しました・・・。宝塚記念を見ていると、毎年思い出す名馬・『稀代の逃亡者』サイレンススズカを今回はお送りします。かなり長くなると思いますので、あらかじめ注意します。

suzukasn_convert_20090629004817.jpg

覚醒のときは

 まず簡単に紹介。サイレンススズカは3歳のクラシックでは、サンデーサイレンスの注目と言われながら一冠も出来ず、4歳になってから競馬ファンを惹きつけて止まない最強馬となった1頭です。私が一番最初にこの馬を見て興奮したのは、2月に東京行われる無名レース・バレンタインSでした。このレースでサイレンススズカは武豊の判断で、馬の気分良く走らせて見るということをしました。以前にも香港の国際レースで実施していたのですが、実際見てみると凄いの一言でした。ここからこの馬の華麗なる軌跡は始まるのです。
 その後、GⅡ・GⅢ(中山記念・小倉大賞典)を次々に勝って行き、迎えた宝塚記念の前哨戦金鯱賞は競馬ファンなら誰でも一度は聞いたことのある奇跡をやってのけたのです。このレースでは、以前負けたことのある菊花賞馬マチカネフクキタルや海外GⅠウイナーのミットナイトベット、実力馬タイキエルトラドが出走しました。この強豪を余所に、なんと3コーナーでレースの大勢を決してしまうほどのリードを保ちながら4コーナーそして直線に入ったのである。結果は、2着馬と11馬身(1.8秒差)でレコード記録を成し遂げました。ちなみにこのレースは3コーナーで拍手が鳴り響くというとんでもないレースとして語り継がれています。
 そして迎えた宝塚記念。メジロブライトやエアグルーヴのような名馬を相手に今回は乗り代わりの南井騎手により我慢の逃げ競馬が展開されます。2着のステイゴールドに迫られますが、粘って初GⅠを制覇したのです。(ちなみにこの2着馬の仔が今年の覇者ドリームジャーニーというのが不思議な感じですね) ただしこのレースはあまり良いレースでなかったという意見が多いのこれぐらいで。

最強という名声を

 ここから、秋を向かえ『沈黙の日曜日』に歩んでいきます。宝塚記念勝利後にサイレンススズカは毎日王冠に出走します。ここでの相手は、将来の凱旋門賞2着馬で、現在最強馬の呼び声が高い馬の1頭・エルコンドルパサーと最強世代の一角復活の有力馬・グラスワンダーでした。このレースでもサイレンススズカは宝塚記念の同様の作戦を取りました。迎えた最後の直線。まず迫るグラスワンダーを軽くあしらい後退させ、続いて外から来たエルコンドルパサーを逆に引き離すという競馬を見せました。結果は圧勝と呼べるもので、力の違いを改めて見せ付けました。このレースは所詮二流レースとか、まだ本格化していない馬に勝ったところで無意味という意見がありますが、純粋に素晴らしい勝ち方であったことは確かです。今の逃げ馬にこういった綺麗な勝利を演じてくれる名俳優がいないので、私は評価しています。そして迎えた天皇賞(秋)。そこで事件は起こります。

名馬は天に召される

 今回は圧倒的といっていいほどの一番人気。スタートしてすぐに、騎手武豊はすさまじいハイペースで逃げます。他の馬たちを10馬身以上離して迎えた3コーナーから4コーナー。突然サイレンススズカがバランスを崩します、そして急に止まるくらいまでスピードを下げてしまいます。唖然とするスタンドの観客。そのままレースは続きますが、観客はもうそれどころではなく、ぼんやり残りの馬を眺めるだけ。このとき勝ったのはオフサイドトラップ、2着にステイゴールドでしたが、賞賛も何も無く、静寂またはざわめき、発狂がレース後を支配しました。そして全てが終わった後下された決断は安楽死、粉砕骨折だったため回復の見込みの無いとし、調教師などで苦渋の決断がなされたのです。このとき実況の塩原アナウンサーはこのレース後の惨劇を父のサンデーサイレンスから文字って『沈黙の日曜日』と発言した事が有名です。このレース以後騎手武豊はものすごく暗い日々を過ごしたようです。実は、武豊騎手のスタンスは依頼は待つというものでしたが、この馬は必死のアプローチで乗せて貰えた『恋人』だったのです。それほど思い入れのあった馬なのでしたよ。GⅠ1勝馬ながら最強馬と呼ばれているのは、衝撃の残るレースをした名俳優だからでしょう。

あとがき

 ここから、軽く血統面をいきます。父は名種牡馬サンデーサイレンス。母はワキア。弟にはGⅠで健闘したラスカルスズカがいます。ワキアもサイレンススズカに続くように、数年後には死んでしまいます。関係者で計画されていた、サイレンススズカと同じ血統の馬を作るというものも頓挫してしまったのです。
 栗毛で愛らしい顔立ちなのに、レースでは可憐な逃亡者をこなすとんでもないやつでした。武豊騎手もディープインパクトの乗る以前は史上最強といっているほどでした。もういない事は悲しいほかにありません。私の天皇賞での悲しみをどうか秋雨の時期に雨という天の神に軽くしてほしいものです。
 今日はここで終わりです。次回はもっと軽い気分で見れる馬にします。競馬には一つ一つドラマが展開される劇場ということが分かっていただければ幸いです。
 それでは失礼します。
web拍手

私の好きな馬は

2009年06月11日 00:38

マイルCSでのワンシーン    (c)うみねこ博物館
(c)うみねこ博物館

 私の好きな馬は『栗毛の超特急』タイキシャトルです。
 やはりなんといっても、日本競馬史上初の短距離馬の年度代表馬であり、史上初海外GⅠ優勝のシーキングザパールに遅れること1週間、仏・ジャックルマロワ賞(GⅠ)優勝という快挙を成し遂げました。しかも、実績は菩提樹ステークス2着と引退レースであるスプリンターズステークス3着以外は、すべての走ったレースを優勝しました。現在は、種牡馬となりウインクリューガー・メイショウボーラーなどのGⅠ馬も送り出しています。しかも顕彰馬にも選出されました。(凱旋門賞2着のエルコンドルパサーはまだ入っていません。)

 またデヴィルスバッグ×ウェルシュマフィンという血統は、1世代前に流行った、つまり当時主流だったヘイルトゥリーズン系とノーザンダンサー系の配合でした。(通常はサンデーサイレンスが父方でしたが。)

 それだけなら別に私はそこまで好きになりません。この馬が凄いのは、ダートもしっかり走れ、馬場が悪くても走れるというところです。通常、芝・ダート両用型は結構いますが、今だとゴールデンチケットですか、レースを見るともうわけが分からないものがあります。安田記念、今年はウォッカが勝ちましたが、何年かは忘れましたが、確か2着がオリエンタルエクスプレスだったかな、そのときのレースが今年のダービーみたいな馬場で真ん中あたりから抜け出して、圧倒的な勝ち方をしたのが印象的でした。あと3歳時にはダートでワシントンカラーもユニコーンステークスで圧倒してますし。

 史上最強馬とは言いません。たぶん多数派は、エルコンドルパサーかシンボリルドルフかディープインパクトかサイレンススズカでしょうから。ただ、私個人の心に残ったもっともカッコイイ子だったのは確かです。早め先頭からそのままゴールまで押し切る走りはとても大好きです。
web拍手