fc2ブログ

咲15話「魔物」感想

2009年07月15日 22:17

 昨日言っていた感想1個目咲「魔物」の感想です。今回は副将戦終盤と大将戦序盤ですか。ここははっきりいって清澄のいいところですな。

 さて、今回のポイントは
・ステルスモモをのどっちはどう抑えるのか?
・副将たちの戦いのあと
・大将戦での咲の活躍

 上記を中心に話を始めましょう!結局のどっちは覚醒状態ならオカルト倒せるという事ですね。ある意味のどっちの能力もすごいような・・・。結局とーかの活躍は最後まで今回はなし、最後の深堀さんの和了りでの副将戦終了はよかったですw。つぎに、やっぱりモモで今日はもう良いかなニコニコ。 横向き。これだけで。(笑) 大将戦で咲き誇る咲の嶺上開花2連続鮮やかだったなあ。後はかじゅのチャンカンはもっと凄い、普通カン待ちはしないですな。ころもは今回は大人しくて、来週から本領発揮ですね。・・・、池田、相手が悪すぎる、果たして生き残れるのか?(笑) 0点はダメだよ!!

 それでは今回は面白かったですが、文字にするのが惜しいので簡単にしました。それでは、一度失礼します。
 続きはコメントの返事ですっ。
[ 続きを読む ]

web拍手

アニメまとめて感想でーす

2009年07月09日 23:33

 やっと中国語3セメスター終わった・・・ニコッ♪。まあ、最低7割は出来てそうなので、単位は取ったでしょう。それでは今日は、アニメ感想3つ。『存在』・かなめも1話・宙のまにまに1話にします。
 個人的に今回の本命・対抗の2作品でした。しかし、どれも良かったですね!前評判では、小粒だといわれてましたが、どれもこれもバラエティに富んでいてむしろ全体的には今年で一番いいかも・・・kao02


 それでは、まず2クール目のの『存在』いきますかね。やっぱりモモ健気過ぎるなあ・・・。かじゅに対する恩返しだなんて、可愛いなあ・・・。とまあ、やっぱり目玉は「君が欲しい」の『ユミちん1-A乱入事件』だなwwwkao01。しかし、小林ゆうさんホントにいい演技です!!かじゅのモモに対する気持ちが上手く重なって見えました。やっぱりモモ×かじゅのカップリングは鉄板ですね。(キルさんご指摘ありがとうございます、修正させていただきました。) 結局、「いらっしゃいまし」頑張ったみのりんうふ、モモには勝てずか・・・あんぐり。最後の方カモられるのがなんとも痛ましい。来週は、「子供じゃないよ、衣だよ!」、「お前が一番だよ。」、「先輩、大好きっすー。」の台詞とと和の指絡ましかな。(笑)


 次に、今クール私の本命『宙のまにまに』です。やっぱり路万部長(弔でもいいかな・・・)はキャラとして強力すぎる!!今回はまだまだまだ薄いですが、中盤から後半は是非動くそのお姿でwww。今回は伊藤かな恵さん相当良かったです普通顔。「だめぇー」の部分なんか、かなり良かったですね。1話からずっと美星は喋りっぱなしですが、いい演技を期待します。前回私は、会長あみっけ不安だといいましたが、杞憂でした、すいません。かなり上手に演じていて、文句言えないものでした。(少しイメージ違いましたが・・・) あとは、江戸川がまだマシだった。(笑) 早く暴走しないかなwww。変態扱いされたり、変態になったり、ボコられたり、スベったりkao03。最後にやっぱり全体的に原作なぞっていていいリズムでした。天文部の恋と星(美星の暴走も含むw)がメインの作品ですから、2話見ないと実際には始まりません!!さあ、来週はついに姫ちゃん(「~なんていわないの」じゃないよ!!)が美星に挑みます!来週はあの絵見る限り朔の家行くなあw。とまあ、姫ちゃんの「年増先輩」聞きたいな、はるちゃん張り切り過ぎなければいいのですが・・・焦る3


 最後に、個人的対抗だった『かなめも』。やっぱり広橋さんとほっしゃんの演技が一枚も二枚も上に見えてしまう・・・kao05。あとキタエリさんが純粋に合ってるなあ・・・。とまあ、全体的に見れば素晴らしいの一言です。一般的にも、人気作『狼と香辛料』の相手ですし。もうほっしゃんにいたっては、新境地開拓のようなインプレッションです!!はるかを完全にものにするとは・・・。さすがベテラン声優様。なんか原作よりはるかの扱い酷いような・・・。あとは、広橋さんのゆめもなかなか良かったと思います。ああいう声も出来るとはさすがですなkao04。実力派という評判どおりの素晴らしさですね!!ひなたはやっぱり個人的に性格が被る・・・。あの競馬新聞握っている感じがー・・・kao06紀とゆうきは今回は特に書く事ありません。どちらもまだ力発揮してませんし。というかはるかしか発揮してないー・・・。最後にかなですね。前クールで『けいおん!』の唯役でブレイクした豊崎愛生さんですが、頑張って欲しいですね。ちょっと実力派が多すぎるキャストですが、上手く天然ではるかの被害者になりやすいかなを唯とはいい意味での差別化と共通化をしていただきたいと思いますハート


 少し長くなりましたが、全て良かったと思いますニコニコ。 正面。原作はどれも安定感のあるものですし、悪くはならないと個人的には思います。それでは失礼します。

 続きはコメントの返事です。
[ 続きを読む ]

web拍手

エンドレスエイト3感想、遅れながら咲「微熱」感想

2009年07月04日 00:11

 もうエンドレスエイト3回目ですか・・・。少し煩わしくなってきましたね・・・。やっぱり長門少しづつおかしくなってきている様な気がしますね。もしかしたらこのまま8回するのではないかと不安になってきました。演出はいいのですが、今回で流石に終わるなあと思ってただけにびっくりでした。
 最後見ると宿題がキーって視聴者は分かりますよね~。ハルヒの求めるサプライズに来週はキョンが答えられるのでしょうか?キニナリマス!!
 都合があって、遅ればせながらついでに咲の感想。今回は咲と透華がめちゃくちゃ変態でしたねwww。咲は興奮して、下半身に変な発汗してますし、透華はとにかくもうどうでもいいですって感じでした。あの和がのどっちになってからの透華もう捕まっても文句言えないような・・・。原作でもあんな感じだったかな・・・。
 やはり優希と京太郎の夫婦漫才さえてましたね。あれは普通にいいなあ。来週はついに和とモモの一騎打ちですか。そして、着々と猫娘・池田の本領発揮に近づいていきますなー。その前にお前が一番だよ!!のシーン見たいっ!!かじゅがここではやめろーにもかなり注目です!!
 短いですが、それでは失礼します!!そういえば、今日も麻雀だ、頑張るぞ!!!
web拍手

咲~saki~という百合漫画

2009年06月23日 00:00

 今回は、アニメも絶賛好評放送中の作品咲~saki~の紹介をします。私は、ブログ解説以前近代麻雀漫画生活さんが強く勧めていた作品だったのでひとまず買ってみたら、面白くてハマっちゃいました。これは分かる人多いので、ネタバレ少なめでいきます。ただ、まだ読んでいない人もいるとは思いますので、軽い説明行きますよっ!

img011_convert_20090622220203.jpg


 咲~saki~とは、バンブーブレード・黒神・セキレイなどで有名なヤングガンガンの作品の一つです。麻雀漫画というと、思い浮かぶのがアカギとかですか?そういう少し暗めの作品が多いと思います。駄菓子菓子、この作品は純粋に麻雀という競技で、全国を目指す少女たちの物語です。主人公宮永咲は、同じ中学の知り合い須賀京太郎にひょんなことで麻雀部でメンツとしてきてくれと誘われます。そこで出会うのが、インターミドル優勝者・原村和である。そし和と一緒の中学校だった片岡優希だった。そこで、咲・和・優希・京太郎麻雀を打ち始めます。1半荘目、2半荘目と連続トップの和。3半荘目、突然の雨に驚く学生議会長で麻雀部部長・竹井久。そこで起きた久がゲストとして呼ばれた咲の手を見て、サンピンで最低7700取れると見た。ふと、久がパソコンで結果を見ると、和がトップ、・・・ただ咲の2回連続±0に違和感をを覚える。そこで聞く、咲の和了る声、何とさっきの三色を換えての1000。これにより、3回連続の±0。このあと咲慌てて帰ってします。そこで久から話される咲の±0は、圧倒的力量による故意のものだったのではないかと。いてもたってもいられなくなった和は、突然傘も持たずに雨の中走っていった。そして、咲を見つけると、さっきの出来事はわざとかと聞きます。すると、私が打つといつもああなっちゃうということが帰って来ました。そこで、和は、もう一度自分と打ってくれませんかと誘うが、咲は、「ごめんなさい、私は麻雀それほど好きでないんです」と。茫然自失にその場に立ち尽くす和。そこで、1話目が終わります。
 特徴は2つです。手短にいきます。百合と闘牌です。あとは、アニメ見た方がいいかもしれません、ネタバレというより全部話しそうなんで。キャラ紹介も、手短に嶺上開花という役で必ず和了できる主人公の咲。デジ打ちを信念とする、咲が好きで好きでたまんない様子の和。東場最強のタコス好きな自由人の優希。染め手得意で、家業が雀荘の上級生のまこ。この学校の顔であり、勝負どころで悪い待ちで和了る策士で麻雀部部長の久。そして、麻雀部唯一の男子で、タコスの相方?の京太郎。

 ここら辺にします。それではっ!!ミスがあったらすいません。(>_<) 今日はブラブラ皆さんのブログ見ないで寝ます。あとで必ず拝見しますグー!

 続きはコメントの返事です!!楽しく読ませていただきました。ありがとうございます。
[ 続きを読む ]

web拍手